ブログ

中国輸入 初心者にはメルカリがおすすめ

中国輸入 初心者にはメルカリがおすすめ

中国輸入 初心者はメルカリが売りやすい

こんにちは海野です。

今回は日本最大のフリマアプリ
メルカリ〟のお話です。

メルカリは個人間(CtoC)なので
購入者とのやりとりが面倒くさそうだったので
僕はあまり興味がなかったのですが…

周りにメルカリユーザーが
増えたのでちょっと出品してみたら…

予想以上に売れます。

また、スマホでしか操作できなかった
のがネックでしたが、
パソコンからの操作も
可能になりましたので
利便性もだいぶ良くなりました。

メルカリは中国輸入とも相性が良く、
何より気軽に出品できるので
販売することに慣れてないであろう
中国輸入初心者にはぴったりです。

メルカリのメリット・デメリットを
書いていきます。

中国輸入初心者 メルカリのメリット

  • 市場規模
  • 高く売れる
  • 操作が簡単
  • らくらくメルカリ便

市場規模

皆さん、ご存知の通り
フリマアプリ市場は
メルカリの寡占状態ですね。

メルカリはわずか3年で
日本国内で3,000万ダウンロード
月間流通額100億円だそうです。

どうりでメルカリでも
ガンガン売れるわけですね。

高く売れる

Amazonで出品されている商品と
メルカリで出品されている商品の
価格を比べてもらえばわかると思いますが、

メルカリはAmazonより高く売れる
傾向があります。

もちろん商品にもよりますし
売れやすいものも変わってきますが…

メルカリのユーザーは
メルカリ以外のチャネルと
価格比較をしない人が多いのと、

メルカリは新しく出品された順に
表示されるのでわざわざ価格を
下げずとも商品ページを見てもらえるので
Amazonの相乗り出品の様に
極端な価格競争にならないので
Amazonより高く売れるのかなと
思います。

また、ユーザー数が多く
出品された順に表示されるので
出品してから売れるのに
時間が掛からないのも
大きなメリットです。

操作が簡単

メルカリの操作は非常に簡単です。

体感で操作できるので
説明不要ですね。

他のフリマアプリも
操作方法はほとんど同じです。
出品も慣れれば、
3分で出品できます。

先ほども書きましたが
パソコンでの操作も可能になりました。
おかげでだいぶ楽になりました。

パソコンからの操作も簡単で、
1分ぐらいで出品できます。

らくらくメルカリ便

らくらくメルカリ便は
なかなか安く、
全国一律の料金で発送できます。

これは嬉しいですね。
沖縄や北海道からの
注文もウェルカムです。

そして、
このサービスの最大の特徴は
匿名配送が可能なところです。

個人間の売買は
相手に住所を教えるのが
不安という人はけっこういます。

出品時にらくらくメルカリ便を
選択すれば、購入者は住所を
知られずすむので、
購入者から選ばれる1つの
ポイントにもなりますね。

中国輸入初心者の方で
配送方法を悩んでいる人は
とりあえず、メルカリは
らくらくメルカリ便を
使ってもいいと思います。

中国輸入初心者 メルカリのデメリット

  • 出品が面倒くさい
  • 顧客とのやりとりが面倒くさい
  • 手元に商品がないとダメ

出品が面倒くさい

これがメルカリの
最大のデメリットです。

先ほど書いたようにメルカリは基本的に
新しく出品された順に表示されます。

逆を言えば、出品して時間がたつほど
表示されなくなり売れにくくなります。

ですので、定期的に出品しなおす
必要があります。

これが非常に面倒くさいです。

今はパソコンでの操作も
可能になったので
だいぶ、マシにはなりましたが、
やはり面倒くさいです。

何品扱うかで大きく異なりますが、

仮に50品あったとして
1商品1分で出品しても
出品するのに50分。

できれば毎日出品した方が
いいのですが…

毎日、50分かけて
出品するのはきついですね。

さすがにメルカリの出品は
ツールを使うのをおすすめします。

あと、理屈では出品しなおす
間隔が短ければ短いほど
良いと言えますが、

あまりにも間隔が短ければ
メルカリの規制の対象になりますので
注意してください。

顧客とのやりとりが面倒くさい

メルカリはがんがんコメントがきます。

基本的に購入前にコメントをくれますし、
購入後も結構、連絡とり合います。
また買う気の無い人も
コメントをくれます(笑)

商品数が少なければいいのですが
商品数が多くなれば、かなり手間です。

売れれば売れるほど
メルカリに拘束されてしまうので
対応する時間帯を決めたり、
外注するなり考えた方がいいです。

手元に商品がないとダメ

メルカリは規約上、手元にない商品の
販売が禁じられています。

また、実際に手元にある商品画像を
掲載しなくてはいけません。

ということはルール上、
Amazonのマルチチャネルサービスなどの
倉庫からの発送は使えないですし、

メルカリ用に画像を
用意しなければいけません。

いささか手間ですが、
ルールですので仕方ありません。

中国輸入初心者 メルカリまとめ

amazon輸出ニート
メルカリは手間が掛かりますが、
よく売れるのも事実です。

中国輸入初心者であれば
多少の手間を惜しんでも、
商品を販売するということに慣れ、
回転率を上げていく必要があります。

ただ、メルカリはフリマアプリで
個人間取引(CtoC)に拘っています。

中国輸入プレーヤーに
限った話ではないですが、
けっこう無茶な出品をする人もいます。
そういうのはどうなのかなと
思ったりもします。

まあ、僕がとやかく言うことでは
ありませんが(笑)

ルールと節度を守って
楽しくメルカリライフを
送りましょう。

あっ、あと最近、
メルカリアッテという
アプリもでましたね。

まだ、使ったことはないですが(笑)
地域コミュニティアプリらしいです。
うまく使えば外注さん
探しとかに使えるかもしれませんね。

この記事の担当者

海野
2013年に中国輸入に取り組み始めその後、米国や中国への輸出も行う。現在はオリジナルブランドを育成中で月利は100万円オーバー。将来の目標は今まで培った物販の知識を活かしてモルディブでダイビングショップを開くこと。

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る