ブログ

Amazon輸出でExpeditedの送料を個別で設定する方法

Amazon輸出

皆さんはAmazon輸出の送料をどのように

設定しているでしょうか?

 

「FBAだから関係ない」

たしかにその通りです笑

 

FBA販売の場合は個別に送料を

設定する必要はありません。

 

しかし、無在庫販売の場合は

商品ごとに送料を設定する必要があり

送料をどのように設定していくかで

売れ行きが全然変わってきます

 

送料設定を失敗すると商品が

売れても赤字になる可能性が

ありますからね(^^;)

 

そこで今回は送料設定の中でも

意外と知られていない

Expedited Shippingの送料を

個別で設定する方法をご紹介したいと思います。

 

Amazon輸出でExpeditedの送料を個別で設定する方法

  • Expeditedの送料を個別で設定するメリット
  • 設定方法
  • 送料設定のポイント

 

Expeditedの送料を個別で設定するメリット

 

  • Standard(通常配送)は送料無料に設定
  • Expedited(速達)はper Weight (lbs),  per Shipment で送料設定している

これがAmazon輸出無在庫に取り組んでいる方で

今一番多い設定方法はだと思います。

 

Standardでは

商品価格に送料ものせて

多くのセラーが送料無料に設定しています

Amazon輸出 送料設定

 

 

Amazonが提供している無料の

価格改定ツールもあるので

商品価格はほとんど変わりません。

 

しかしExpeditedの送料は

Amazon輸出Expedited送料

上から

  • $33.98
  • $30.38
  • $14.99

となっています。

 

この商品の

Amazonカタログ発送重量は349gで

実際に発送した重量は795gでした。

これをEMSで発送すると2540円です。

 

商品価格からみて一番下のセラーは

Expeditedで売れたら確実に赤字だと

思います(^^;)

一番上のセラーは少し高いですね・・

 

per Weight (lbs),  per Shipment で

送料設定するとこのようなことが

起こります。

 

ちなみに僕はこの商品を$27.2で設定していました。

Expeditedの送料を個別で設定すればこのような

送料設定ができるんです!!

送料負けも防げますし、送料もらい過ぎも防げるので

Expeditedで結構売れるようになりました。

 

Expeditedの料金がこんなに違うと

お客さんも比較したくなりますよね。

 

※ちなみにこの商品は売れましたが

返品をくらいました・・(^^;)

 

設定方法

 

では設定方法を説明していきます。

①アメリカAmazonセラーセントラルにログインして”INVENTORY”⇒”Add Products via Upload”をクリックします

Amazon輸出 送料設定

 

②一番左の”Download an lnventory File”をクリックします

Amazon輸出 送料設定

 

③”Shipping options”⇒”Shipping Override”をクリックします。

Amazon輸出 送料設定

 

④”Shipping Overrides template”をダウンロードします

Amazon輸出 送料設定

 

⑤ファイルをダウンロードしたら、”Shipping Overrides”をクリックします

Amazon輸出 送料設定

 

⑥ここから各項目を入力していきましょう!!

Amazon輸出 送料設定

 

 

sku

ここに各商品のskuを入力します

Currency

ここは通貨を入力します。

「USD」と入力しましょう!

ShipOption1~6

送料を変更する地域を決めます。一行で6つの地域を指定できます。

Expeditedの配送地域を入力していきます

Amazon輸出 送料設定

ちなみに6つ以上変更する場合は同じskuで2行目に入力すれば可能です

Amazon輸出 送料設定

ShippingAmt1~6

送料を記入します。ここで入力した価格に送料が変更されます!!

Type1~6

AdditiveまたはExclusiveを選択します。

Exclusiveを選択した場合、金額が更新され

新しい値に置き換えられます!

Additiveを選択した場合、

現在の配送料に追加料金が上乗せされます。

 

ここはExclusiveを選択しましょう!

 

IsShippingRestricted1~6

指定された配送地域にSKUの商品を配送するかどうかの設定をします。

ここは「空白」でOKです

UpdateDelete

追加か削除を選択します。

空白でも「追加」が選択されるので「空白」でOKです。

「UpdateDelete」は一番右にあります。

 

Amazon輸出 送料設定

 

⑦すべて入力したらアップロードしていきましょう。

ファイルをテキスト(タブ区切り)で保存します。

ファイル⇒名前を付けて保存⇒テキスト(タブ区切り)

Amazon輸出 送料設定

⑧注意喚起はすべて「OK」または

「はい」でいいです。

 

⑨ セラーセントラルの

”INVENTORY”⇒”Add Products via Upload”

と進んで、今度は真ん中の

”Check and Uplpad your Inventory File”

をクリックします

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-294

⑩ 下にスクロールして

”File type”⇒”Shipping Overrides File”

を選択します

Amazon輸出 送料設定

⑪ File Uploadで先ほどの

テキスト(タブ区切り)ファイル

を選択して、

Format⇒「Text」にチェックを入れて

黄色のUploadボタンをクリックしたら完了です。

 

※Email Alertにチェックしてメールアドレスを入力すればアップロード完了後にメールがきます

 

しばらくするとExpedited料金が変更されます

Amazon輸出 送料設定

Amazon輸出 送料設定

 

 

送料設定のポイント

 

実際の発送重量と予測重量を

どこまで近づけれるかがポイントです。

 

Expeditedの送料=EMSの料金となり、

EMSは重量で料金が変わってくるからです。

 

Amazon輸出 送料設定

 

Amazon商品カタログの発送重量を元に

送料を推測していくんですが、

実際はそれより重くなることがほとんどです。

 

どれぐらい重くなるかは

  • ダンボールの大きさや厚さ
  • 梱包材の種類や量
  • おまけの有無、
  • 扱う商品

によって違うので一概にはいえませんが

僕はカタログより※500g重い

送料設定をしています。

 

※実際に自分で集めたデータでは

誤差平均383gでしたが余裕を持たせて

500gにしています。

 

カタログよりどれぐらい重くなるかは

扱う商品の重量帯によってかなり

変わってくると思うので、ご自身で

データを取った方がより確実かもしれません。

 

ツール等で取得した重量データに

○○g追加して送料設定していきましょう!!

 

Amazon輸出でExpeditedの送料を個別で設定する方法

Amazon輸出

  • Expeditedの送料を個別で設定するメリット
  • 設定方法
  • 送料設定のポイント

 

Expeditedの送料設定に関しては

いろいろな考え方があると思います。

 

意図的に高くしたり、

安くしたりするのは

全然いいと思うのですが

 

「Expeditedで売れると必ず赤字」

「Expeditedでまったく売れない」

 

と悩んでいる方は送料設定に

問題があるのかもしれませんので

一度本日紹介した方法を

試してみてください(*^^*)

 

 

この記事の担当者

taka
副業時代から物販ビジネスに取り組み、会社の給料以上の収入を安定的に得る。現在は法人化し無在庫、FBA両方のAmazon輸出を中心に活動。自身の経験から物販だけにとどまらず、独立・起業をサポートする事業を計画中。
(ブログ)http://ama-tora.com/

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る