ブログ

Amazon輸出で追跡番号が必須に!?いよいよアカウントに影響してきます

Details

「Amazon輸出で追跡番号が必須に!?」

これは結構前から言われていることですが

実際は追跡番号をつけていなくても

何の問題もありませんでした。

 

しかし。。

いよいよAmazonが本腰を入れてきました。

 

2016年10月12日より

追跡番号をつけないと

アカウントに影響するようになったのです。

 

Performance Targetsにも

ちゃっかりValid tracking rateが追加されてます

 

Valid tracking rate

本日は

追跡番号の必須化に関して

記事を書いていこうと思います。

 

無在庫販売で

SAL便(書留なし)を使っている方には

必ず目を通して頂きたいです(^^)

 

 

SAL便(書留なし)を使っている方は要注意!

 

無在庫で安く送る方法として

有名なのがSAL便(書留なし)です。

他の発送方法に比べてこんなに金額が違います

 

アメリカ宛 EMS eパケット eパケットライト 小型包装物(SAL+書留) 小型包装物(SAL+書留なし)
100gまで 2000円 635円 550円 590円 180円
300gまで 2000円 935円 690円 790円 380円
500gまで 2000円 1235円 870円 990円 580円
1kgまで 2900円 1985円 1320円 1490円 1080円
2kgまで 4500円 3065円 2400円 2490円 2080円

 

そして、

実際に多くのセラーがこの方法を選択しています。

 

 

Amazon輸出 追跡番号必須

 

 

SAL便(書留なし)はたしかに安いんですが

追跡番号もなく、補償もありません。

 

その為、2016年10月12日より

追跡番号が必須になったアメリカAmazonでは

使えなくなる可能生があるんです。

というよりも使わない方がいいです

 

Amazonは発送した商品に対して

「95%以上追跡番号が必要」

と言っているのでSAL便(書留なし)を

使っている時点で95%を達成できなくなります

 

SAL便(書留なし)を使っている方にとって

追跡番号必須化は厳しい変更と言えるでしょう。

 

「必須化!?カンベンして~( ゚Д゚)」

 

追跡番号必須化までの経緯

 

アメリカAmazonは突然追跡番号を

必須化にしたのでしょうか?

 

実は2016年2月頃に

アメリカAmazonから

「全カテゴリーで追跡番号は必須」

と告知がありました。

「Valid Tracking Rate」

っていう項目も追加されています。

 

Amazon輸出 追跡番号必須

 

ですが実際、追跡番号なし

発送してもアカウントに

何の問題もなかったんです。

 

理由としては

Amazonのシステムが海外の追跡番号に

対応できていなかった為だと思います。

eパケットやSAL便書留ありの追跡番号を

入力しても反映されませんでしたので。

 

表面上は追跡番号必須ですが

追跡番号をつけなくても

問題なく発送できたので

多くの方が今までどおり

SAL便(書留なし)で発送していました。

 

それから約8か月後

2016年10月12日

このように変更になったんです

If you don’t meet the 95% target in a specific category, you risk losing your ability to sell non-FBA items within that category.

アメリカAmazonヘルプページより

(翻訳)

あなたが特定のカテゴリに95%の目標を満たしていない場合は、そのカテゴリ内の非FBAのアイテムを販売するあなたの能力を失う危険性があります。

 

追跡番号必須化の詳細

 

ここからはさらに詳細情報を

お伝えしていきます。

Valid Tracking Rate for international sellers

Where Amazon integrated tracking solutions are available (such as China Post Express & Logistic ePacket service), we require valid tracking numbers for at least 95% of your shipments on orders greater than $5.00 (with shipping).

Amazonヘルプページより

(翻訳)

国際売り手の有効なトラッキング・レート

Amazonの統合追跡ソリューション(例えばChina Post Express&Logistic ePacketサービスなど)が利用可能な場合、$ 5.00(送料込み)以上のご注文で少なくても発送の95%以上の有効な追跡番号が必要となります。

「商品価格が送料込みで$5以上の場合、95%以上の割合で追跡番号をつけて下さい」ってことですね。

 

海外の追跡番号にも幅広く

対応できるようになっています

対応している配送サービスは下記になります

 

  • UPS
  • UPSMI
  • USPS
  • DHL
  • DHL Global Mail
  • FedEx
  • FedEx Smartpost
  • OnTrac
  • Newgistics
  • Canada Post
  • Lasership
  • EUB
  • China Post & Logistic ePacket

 

 

EMSやeパケットの名前がないですが

Amazonヘルプページには

このように書かれています。

 

IIf you’re an international seller with access to a carrier that’s integrated with Amazon (such as China Post & Logistic ePacket), you’ll need to use that supported carrier.

Amazonヘルプページより

(翻訳)

あなたが国際販売者である場合はAmazonと統合されているキャリア(China PostやLogistic ePacketのような)にアクセスし、あなたはそこでサポートされているキャリヤを使う必要があります。

China Postで調べてみたところ

日本郵便はサポートされていましたので

日本郵便の追跡番号なら

Amazonのシステムに反映されるってことですね。

Amazon輸出 追跡番号必須

 

 

Amazon輸出で追跡番号が必須に!?いよいよアカウントに影響してきます

 

Amazon輸出 

 

  • SAL便(書留なし)を使っている方は要注意!
  • 追跡番号必須化までの経緯
  • 追跡番号必須化の詳細

 

10月12日から約1か月経った今も

SAL便(書留なし)で発送している方は

沢山います。

 

今回の変更を知らない可能性もありますが、

知っていても「まあいいか」と思っているかもしれません。

 

僕の前職は

危険な場所での作業が多かったので

 

まあいいかで人が死ぬ。」

 

と上司から叩き込まれており

仕事中の「まあいいか」は禁句でした。

 

なので

まあいいか」は苦手な言葉です笑

 

 

Amazon輸出で人は死にませんが

まあいいか」を続けていると

アカウントが停止する可能性はあります。

 

 

Amazon輸出をずっと続ける為にも

Amazonのルールに素直にしたがっていきましょう!!

 

 

最後に超大物芸能人の言葉で

この記事を締めくくりたいと思います。

 

Amazon輸出で追跡番号が必須に!?最悪アカウント停止する?

 

信じるか信じないかはあなた次第です。 関暁夫

 

 

この記事の担当者

taka
副業時代から物販ビジネスに取り組み、会社の給料以上の収入を安定的に得る。現在は法人化し無在庫、FBA両方のAmazon輸出を中心に活動。自身の経験から物販だけにとどまらず、独立・起業をサポートする事業を計画中。
(ブログ)http://ama-tora.com/

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る