ブログ

中国輸入 OEM生産は初心者でも儲かるのか?

oem

こんにちは。海野です。

中国輸入を実践している方の中には
OEM生産したものを販売している方も
多いですよね。

中国輸入を始めたばかりの人の中にも
『早くOEM生産して独占的に販売したい』
と思っている方もいるんじゃないですか?

OEM生産は初心者でも可能です。

ですが、
OEMのリスクを理解せずに
行き当たりばったりで手を出すと…
痛い目にあう可能性も。

今回は中国輸入の醍醐味のひとつ
OEMについて書きたいと思います。

 

中国輸入 そもそもOEMって?

発注元の名前やブランド名で
販売される商品を製造することを
“OEM”といいます。

要するに
あなたがAmazonなどで販売するための
製品を中国の工場などで作ってもらう
という解釈で問題ありません。

 

OEM生産は
販売力はあるけど生産能力がない人と
生産力はあるけど販売力がない人が
協力することで互いにメリットが
あるわけですね。

中国には実に多くの工場があり、
探せば安価で質の良いところも
たくさんあります。

その上、中国とは物理的に距離が近いですし
OEM生産と中国輸入は非常に相性がいいです。

 

中国輸入 OEM生産は個人でもできるの?

もちろん、OEM生産は
個人であっても全然できます。

中国はお国柄なのか個人とか法人とか
あまり気にしていないように思います。

また、OEM生産が可能な工場が
見つからないと悩んでいる人も
多いみたいですが、

アリババなどで出品しているショップは
工場と繋がっていることが多々あります。

 

もちろん、
信頼出来る工場か見極める必要はありますが、
工場を探すことは大して難しくないです。

 

依頼方法もそんなに難しくなく、
作りたい商品のもとになる
画像や現物を中国に送り、

希望の色、デザイン、サイズ、材質
などの詳細を伝え、
見積もりを出してもらい
サンプルを送ってもらい
納得がいけば注文。

といった感じで、

OEM自体は意外と簡単にできます。

しかし、
初心者がOEM生産をする場合は
必ずOEMのメリット・デメリットを
確認しときましょう。

 

中国輸入 OEM生産のメリット

oem2

OEMの大きなメリットは

  • 独占的に販売できる
  • 安く仕入れられる
  • ブランド化が可能

の3つです。
それぞれ、見ていきましょう。

 

独占的に販売できる

OEMの最大のメリットは
独占的に販売できることですよね。

Amazonで相乗りされることはもちろん
同一の商品ページが乱立されることも
ないですからね。

文字通り、”独占”して販売できます。
ちゃんと売れれば収支は安定します。

 

中国輸入をしている人にとって
こんなに甘美な響きはないですよね(笑)

 

安く仕入れられる

基本的にOEM生産を依頼すれば
ロット数を求められるので
(この辺りについては後述します)
その分、商品単価は下がります。

そうなると、必然的に
粗利・利益率ともに確保しやすいですね。

僕はOEM生産した商品は
少なくとも利益率40%で販売しています。

 

ブランド化が可能

特定のジャンル・カテゴリに
自身の商品がブランドとして
認知されれば、

新たに商品を作る場合も
ある程度、強気で行けますし、

業者などに商品を卸すことも
現実的になります。

中国サイト(タオバオやアリババ)で
仕入れたものではやはり無理があるので

OEMの特権と言えますね。

 

ただ、ブランド化を目指すなら
ネットショップぐらいは
用意した方がいいと思います。

 

中国輸入 OEM生産のデメリット

OEMのデメリットは

色々、手間がかかったり
納期に時間がかかったり
なかなか思い通りの物
が出来なかったり、

とまあ色々あるわけですが、

やはり、ネックになるのが
ロット数とコストですよね。

 

OEM生産を依頼する場合、
基本的にロット数を求められます。

もちろん、商品によりますが、

ロット数500~以上は当たり前です。
むしろ少ない方と言えます。

商品の単価にもよりますが、
当然、コストはかかりますよね。

初心者のうちは
在庫リスクも高くなりますし、
キャッシュフローも
悪くなる可能性があります。

 

中国輸入 OEM生産 まとめ

oem3

確かにOEMはとても
魅力的ですよね。

実は僕も中国輸入を始めてから
割とすぐにOEMに手を出しました。

単価は21元 ロット数は600個

当時の僕には
ロット数の600個は
大きい数字でしたが、

根拠のない自信と強気の価格設定で
200個も売れば採算が取れる予定でした。

しかし、なかなか売れず
結局、薄利多売で捌いた記憶があります。

赤字にこそならなかったものの
売り切るのに時間が掛かりました。

今ならもっと早く高く販売できると
思いますが、そもそも当時のような
商品はもう作ったりはしません。

 

やはり、OEM生産は
初心者には少しハードルが
高いように思います。

個人的には初心者にも関わらず
『いや、おれはOEMをやる』と
突っ走って行く人は好きですが(笑)

アリババやタオバオから
仕入れるだけでも
十分、利益はとれますし、

工夫次第では独占して
販売することも可能です。

僕は今でもアリババとかで
仕入れることも普通にあります。

販売を繰り返していくと
何が売れるのか
どうやったら売れるのか
見えてくると思います。

 

個人的に物販で重要なのは

販売力 > 仕入れ力 

だと思っています。

無理して急ぐ必要はないと思います。
まあ、簡易OEM程度なら全然ありですが…

まずは販売力を磨いてください。

OEM生産に着手するのは
それからでもいいと思います。

この記事の担当者

海野
2013年に中国輸入に取り組み始めその後、米国や中国への輸出も行う。現在はオリジナルブランドを育成中で月利は100万円オーバー。将来の目標は今まで培った物販の知識を活かしてモルディブでダイビングショップを開くこと。

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る