ブログ

Amazonでは海外からの出品は許されるのか?

Ecommerce_export

海外在住でFBAを利用せず出品者出荷で
日本のAmazonで販売したいという
お悩みを持っている方は意外に多いはずです。

実際に海外に住んでいて
海外から直送することも
可能ですので
その方法をまとめてみました。

日本Amazonと海外発送の設定

Amazon輸出においては海外拠点などから転送をしない限りは
発送元が日本になってしまいます。

アメリカなどのAmazonで販売するにも関わらず
日本から発送をすることは
amazonでは問題にならないのでしょうか?

日本のAmazonでの対応

日本Amazonでは海外からの出品者として
購入者から見てわかるようになっています。

海外から発送されてくるということは
購入者にとっては商品ダメージの不安が増えるデメリットであり
出品者の信頼性という意味でも多少の不安が残ります。

日本からアメリカに発送する場合でも同じことが言えますから
梱包が重要だということ、商品トラブルへの対応が厳しい目で見られるということです。

日本から海外発送する場合の注意点

日本amazonでも受け入れられているように
アメリカのamazonでは日本からの発送で商品を販売することができます。

しかし、日本からの発送が原因でトラブルになってしまうことがあります。

考えられるケースとしては、通関手続き(関税が発生してしまうケース)と
アメリカの輸入禁止品目に該当してしまい配送が止まってしまうケースがあります。

どちらも事前にどんなものが引っかかってしまうのか知ることはできますので
税関や禁制品として該当しない商品のみを取り扱うようにしましょう。

お届け日数で避けられてしまう場合がある

海外からの発送ということで日数が多くなってしまいますから
購入者にとっては日本からの発送をする
出品を避ける場合も珍しくありません。

安ければ日数がかかっても売れる商品と
すぐに届くことが重要な商品とでは
売れ方も変わってきますから
購入者が何を重視するのかなども
考えながら商品選びをしてみるといいでしょう。

このような日本からの発送によるデメリットも理解した上で
海外amazonでの販売を行っていくことが必要です。

海外出品であることのメリットを活かす

海外から出品することは
基本的にはデメリットしかないように見えますが
地の利を生かして現地で仕入れられる商品を
無在庫出品するという方法が考えられます。

しかし舞台はあくまで日本なので
日本ですでに売れているものを
見極めて出品していく必要があります。
よほどニッチな分野でなければ
出品者が海外出品者しかいない
という商品は今の時代存在しません。

だからこそニッチな分野で無在庫販売を行うか、
現地で卸を獲得して日本のAmazonFBAに
納品するかのどちらかで考えましょう。

この記事の担当者

Shuhei非常勤講師
東京大学大学院在学中に輸入ビジネスで起業。起業直後3連続で詐欺に遭うも根性で24歳でバイアウト。現在は複数の会社の役員を務める傍らハーバード大学院での教育学の修士号取得を目指して奮闘中。得意分野は自社ブランドの育成。
(ブログ)http://trade-king.biz/

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る