ブログ

FBA納品に関する疑問あるある

AmazonFBA

初めてFBA納品するという方から
もう何百回とFBA納品しているという方まで
こういった場合どうすればいいの?
という疑問にお答えします。

Amazonフルフィルメントセンターへ直接商品を持ち込む方法はありますか?

誰でも一度は考えたことのある(?)
Amazonへ歩いて持っていく方法。

残念ながらありません。
Amazonへ商品を持ち運べる
流通会社は決まっているからです。
公式の説明にも自社便での搬入は禁止、と
書かれています。

Amazonが発送する2000円以下の商品の通常配送料を無料から350円に引き上げた影響って何が考えられますか?

これはずばりFBAで2000円以下の商品の販売が
厳しくなることが挙げられます。

最近ではFBA出品でなくても
特定の配送条件を満たせば
カートボックスを取りやすくなったように
Amazonは佐川との契約が切れてから
配送に関してはなかなか厳しい状況にあります。

反対に2000円以下のものに関しては
自社発送のメリットが増えますが
一喜一憂していても仕方ないので
特定のサービス改定に
依存するような戦略は止めましょう。

FBAラベルを間違えて貼って納品してしまったのですがAmazon側で貼り直しの対応などしてもらえますか?

Amazon側では対応してくれないので
残念ですが一度返送する必要があります。

返送はセラーセントラルの画面から
在庫管理 → 該当商品の「詳細の編集」 → 返送/所有権の放棄依頼作成
の順に行います。

FBA納入個数の不備が続くとどうなりますか?

あまりに続くとメールや電話での確認が来て
それでも不備納入を続けているとアカウントが凍結されます。
実際そのような事例が発生したケースを知っていますが
本当に極端な場合なので
何度か間違えてしまったからとって
アカウント削除になることはまずないでしょう。

FBAで返品された商品が”販売不可商品”になっているのですが放っておいていいのでしょうか?

在庫が戻っていればそのまま販売継続されますが
「販売不可商品」担っている場合は返送依頼をかけ
商品を手元に戻さなければ保管手数料がかかり続けるだけです。

外注先の倉庫などを使っている場合は
この再送も含めて対応可能なところを
選びたいところです。

FBA納品したらAmazonで商品が紛失されてしまったようなのですがどうすればいいですか?

仕入れ金額を証明できる書類を提出することで
補填額の見直しをしてもらえる場合があります。

以前は泣き寝入りだったのでサービスの質は
良くなっていると思います。

FBA倉庫への送料を節約するには?

JAN等があれば
最初にFBA納品を作成したうえで、
ラベル貼り付けサービスを利用することで
問屋やメーカーから直配送出来ます。
(対応してくれないところもありますが交渉次第)

ただしこのやり方を海外でも
やろうとすると結構な確率で
紛失されてしまうので
ラベルは日本で貼ったほうがいいです。

Amazonが商品を出品しているページにFBA出品をするのはありですか?

なしです。Amazonは
自分たちが販売する商品には
当然手数料がかかっていないので
こちらの価格より安くしてくることがほとんどです。

まず勝てません。
その場合は商品選定が悪いので
リサーチをやり直しましょう。

FBA最安値にしているのにカートが取れません、どうすればいいでしょうか?

FBAは最安値にすればカートが取りやすいですが
カート獲得率を上げるにはいろいろな要素が絡みます。

特に評価数やいい評価の率が少ない場合は
最安でもカート取得が難しいです。

ただし商品の評価を
出品者にする人がいますが
それはAmazonに言えば取り消してもらえるので
偽物でも扱わない限り
悪い評価が溜まることは考えづらいです。

例えば商品が思っていたより安っぽかった★★と
なっていたらそれは商品の評価であって
出品者の評価ではないので
取り消してもらえるということです。

意外とこの作業をしていない人が多いので
必ずやるようにしましょう。

FBA納品に関する疑問解決方法まとめ

基本的にセラーセポートに連絡すれば
疑問の9割は解決します。

随時追加していく予定ですが
この記事ない質問内容でもセラーサポートを活用してクリアしましょう。

この記事の担当者

Shuhei非常勤講師
東京大学大学院在学中に輸入ビジネスで起業。起業直後3連続で詐欺に遭うも根性で24歳でバイアウト。現在は複数の会社の役員を務める傍らハーバード大学院での教育学の修士号取得を目指して奮闘中。得意分野は自社ブランドの育成。
(ブログ)http://trade-king.biz/

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る