ブログ

リストラされたら、起業ができます。【ピンチはチャンスかもしれない。】

悲しんでいる女性

JINです。

年末ということもありバタバタしていますが
元気に生きてます。

さて、今日はテーマが重いですが
その分、いつも以上に魂を込めて
熱い記事を書きたいと思います。

 

テーマは
リストラと起業について。

 

リストラされたら、起業する?

夜の木

あなたがもし今、
リストラされ職を失ったら
どうしますか?

想像してみてください。

 

もしくはすでにリストラされて
この記事をみている人もいるかもしれません。

 

大半の方は

「次の仕事をみつけなきゃ!」

と焦ると思います。
インターネットで求人を探したり
ハローワークにいく流れが一般的です。

 

リストラ後に、起業
いやいや
起業なんて頭が良くないとできないでしょ。

俺なんかが
私なんかが、できるわけないよ。。

 

何も調べもせずに
固定概念だけでこのように決めつけ
ただただビビっている人が多いのが
2015年の日本人の大半だと思います。

理想の人生ビジョンをイメージできる会社であれば
再就職するのもいいと思います。

しかし
行きたいところに再就職できる人よりも
そうでない人の方が多いはず。

 

「妥協して再就職するくらいなら
起業した方が将来性がある」
私はこのように考えています。

 

「そう簡単にいうなよ。」

「起業はリスクがあるじゃん。」
って考える人もいるでしょう。

 

何が、リスクなんでしょうか。

起業することがリスクなのか。

そもそも
リスクのない道なんてあるのだろうか。

 

もし
再就職先で人間関係がうまくいかなった場合
もう、そう簡単にやめることはできないかもしれない。

ずっとストレスと向き合うかもしれない。

もし
再就職先の業態が悪化した場合
また同じことを繰り返すかもしれない。

 

正社員として安定した収入があれば
例え残業がたくさんあり
ストレスがたまる仕事でも
人生に満足できるのか。

 

一度しかない人生を

本当に納得できるのか。

 

人によって
何がリスクかは変わると思いますが

私は自分の人生に納得できないのは
絶対に嫌です。

 

 

リストラされないから関係ないやって
どこかで思っている人もいるでしょう。

 

しかし
本当にそうでしょうか?

 

 

2015年、リストラされた人達

リストラ 起業

東芝が昨日の2015年12月21日に
7,800人のリストラを発表しました。

 

文字だけではイメージしにくいですが
とんでもない数です。

7,800人の人達は
今後どうするのか。

すぐ再就職できる人もいれば
そうでない人もいるでしょう。

大企業入社に向けて
学校のテストや就職活動に
今までどのくらい時間をかけたんだろう。

その時間は何だったんだろうか。
1人の人生の価値は図り知れません。

リストラをする企業の責任の大きさは
凄まじいと思います。

 

 

不正会計などもあり東芝が目立っていますが
2015年にリストラをされた人は
東芝の人だけではありません。

  • シャープ
  • ソニー
  • 横河電機株式会社
  • 金融業界
  • その他の業界

 

シャープのリストラ

 

シャープも3234名をリストラしています。

その数は全社員の約13%です。

シャープは2015年11月20日から
全従業員約1万7000名に対して
実質的にノルマを課したりしていました。

 

 

ソニーのリストラ

 

ソニーも2015年の年末までに
2,100人をリストラすることを発表しています。

 

公表されただけでも
ソニーは1999年3月以降
80,000人以上をリストラしています。

 

 

横河電機のリストラ

 

この他
製造業で大きなリストラを行ったので有名なのが
横河電機株式会社というグローバル企業です。
1,000人以上をリストラしています。

 

 

金融業界のリストラ

 

人気の金融業界でも
あいおいニッセイ同和損保が400人
損保ジャパン日本興亜が200人をリストラしています。

 

 

その他の業界のリストラ

 

その他医薬品業界や飲食業界
建築業界、アパレル業界、などなど
あげればきりがないくらい色んな業界で
リストラが行われています。

 

 

ニュースになるのは大企業ばかりですが
中小企業でも常に倒産、リストラは行われています。

 

Amazon、GoogleなどのIT業界の勢いにより
影響をうけ赤字を出している企業もたくさんあります。

 

リストラは今後さらに増えるでしょう。

 

あなたの会社は

本当に大丈夫ですか?

 

 

リストラされたら、起業?再就職?

リストラ 起業 

自分の人生の今後について
迷っている人や定まっていない人は

まず時代の変化
自分で調べて感じることが大切だと思います。

日本人は変化を嫌う人が多いです。

しかし今の時代
変化に対応できない人は
起業家はもちろん、
サラリーマンでも危険だと私は思います。

 

自分で調べ
時代の変化を感じた上で
もう1度

「リストラされたらどうするのか?」

この問いの答えを考えてみてください。

答えが変わる人もいるかと思います。

 

毎日世界は変化しています。
テクノロジーの進化により
大きな変化をし続ける世界。

 

この変化をしっかり感じている人は
いったいどれだけいるのだろう。

あなたはもし
リストラされたら起業しますか?

それとも
再就職しますか?

あなたの人生の目的は
何でしょうか。

あなたにとって
仕事ってなんでしょうか。

 

 

 

もしリストラされたら
人生を見つめなおすチャンスかもしれません。

 

最後に

リストラ 起業

リストラされたら起業すべきか?

それはあなたが決めることです。
答えなんてありません。

 

時代の変化を感じたうえで
己の人生に納得できる道を選んでください。

 

 

心配してくれる親がいる人は
あなたの人生について
色々アドバイスをしてくれることでしょう。

親が言うことの根拠はどこにあるのか
ちゃんと自分で調べてください。

もしズレてると思ったら聞く必要はない。

 

当たり前ですが
親は子どもがリスクのある方向にいくのを嫌がります。

その親は
変化を感じれているでしょうか?

 

昔と今は違う。

大きく違う。

 

時代の変化を感じれていないことが
最大のリスクだと私は思います。

 

あなたがしっかり調べなければ

何年後かに

親は悲しむことになるかもしれません。

 

副業禁止の会社で働いてる人は
起業することができません。

しかし
リストラされたら、起業ができます。

 

 

 

あなたにとって
ビンチはチャンスかもしれない。

この記事の担当者

斉藤
SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)のノウハウを熟知し、ネットショップ集客などの集客全般を得意とする実業家。Google内集客とAmazon内集客を特に得意とする。将来は宇宙産業の発展にも大きく貢献したいと考えている。

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る