ブログ

【最先端のSNS集客】ネットショップ経営者が活用すべきSNSは?

SNS集客最前線

「ネットショップに集客ができない!!」

ネットショップ経営で成果がでない時、
ネットショップ経営者の心の中で鳴り響く
1番大きな心の声は

この

「集客ができない!!」

という叫び声です。

 

SNSなどの登場により
ネットショップへ集客する方法が
増えているにも関わらず
この叫び声が鳴り止むことはありません。

なぜでしょうか?

 

知らないからです。
ちゃんとした集客の仕方や、
集客の方法が増えていることを。

ネットショップへ集客する方法は
大きく分けてもたくさんあります。

  • 検索エンジンからネットショップへ集客する方法
  • SNSからネットショップへ集客する方法
  • メルマガからネットショップへ集客する方法
  • 対面でアプローチしてネットショップへ集客する方法
  • 4代メディアからネットショップへ集客する方法
  • 他社の販売チャネル(Amazonなど)からネットショップへ集客する方法

今回はこれらの中の
「SNSからネットショップへ集客する方法」
を記事でまとめていきます。

騙されたと思って
この記事を最後まで読んでほしいです。

時代の最先端へ、
私があなたをお導き致します。

 

ネットショップ経営にSNSは必要か?

social-media-1453843_1920

ネットショップを経営する上で
SNS集客の重要性は増している。

それにも関わらず
「SNSで集客する方法?わからない。」
「そもそもSNS使ってない。。」
というネットショップ経営者も
まだまだたくさんいます。

SNSをビジネスで使うことを
どこかで避けている人。
SNSは難しいという固定概念をもち
アカウントすら作っていない人。

 

時代遅れにも程がある。

 

AmazonやBUYMAなどに
集客をすべて任せている内は
SNSを使う必要はないかもしれません。

しかし
独自でネットショップを立ち上げ
経営していく場合は
SNSからの集客は欠かせないものとなります。

 

ネットショップ経営で役に立つSNS

ネットショップ経営

先程ネットショップへ集客する方法を
大きく6つに分けました。

  • 検索エンジンからネットショップへ集客する方法
  • SNSからネットショップへ集客する方法
  • メルマガからネットショップへ集客する方法
  • 対面でアプローチしてネットショップへ集客する方法
  • 4代メディアからネットショップへ集客する方法
  • 他社の販売チャネル(Amazonなど)からネットショップへ集客する方法

これらの方法を細分化すると
さらにそれぞれ
細かな枝に分かれます。

「SNSからネットショップへ集客する方法」
についても、たくさんのSNSがあるため
細分化することで
ものすごい数になります。

なぜ同じSNSなのに
細分化する必要があると思いますか?

 

それは
活用するSNSが変わるだけで
集客する方法が変わるからです。

例えば、FacebookとTwitter。
Facebookは実名性で
基本的にアカウントは1人1つ。
Twitterは実名性ではなく
アカウントは複数もつことが可能です。

このようにSNSによってルールが違います。
そしてSNSによって使い方が違い
利用者層が違います。

ネットショップ経営で
役に立つSNSは何か?
と問われれば
私は「SNSであればすべて」
と答えます。
なぜなら、人の集まるところに
集客のチャンスは生まれるからです。

しかし
全部のSNSを利用すればいい
というわけではありません。

時間には限りがありますし
費用対効果もSNSによって変化します。

今回は、SNSの中でも重要度の高い
以下の2つSNS集客方法をご紹介します。

  • Facebookからネットショップへ集客する方法
  • LINE@(ラインアット)からネットショップへ集客する方法

 

Facebookからネットショップへ集客する方法

フェイスブックのいいね

Facebookから
ネットショップへ集客する方法は

  • Facebookページの投稿の中で
    ネットショップのサイトURLを貼る
  • Facebookページのプロフィール欄に
    ネットショップのサイトURLを貼る
  • Facebookページのトップ画像に
    ネットショップのQRコードの画像を掲載する
  • Facebook動画の中で、
    ネットショップのサイトへ誘導する
  • Facebook広告を利用して
    ネットショップのサイトへ誘導する

このような方法となります。

この中でネットショップへ集客できる
1番有効で確実な方法は
Facebook広告を利用する方法です。

「Facebook広告?
そんなお金ないよ」
と思う方もいるかもしれません。

実は、Facebook広告は
単価がとても安いです。
1クリックあたり、
数円から十数円での運用も可能です。

Facebook広告では
年齢や性別などでターゲット層を絞って
広告を出稿することができます。

ターゲットを絞って
広告を出すことができるので
広告費が安くなるだけでなく
ターゲット層へ向けて
集客アプローチすることが可能となります。

 

Facebookの利用者層について

「Facebookの利用者は減少している」
という噂がありますが
減ってきているのは
若者の利用者層です。

Facebookについては
「今まではプライベート寄りだったが
ビジネス寄りになってきている」
このようなイメージです。

ターゲット層が
10代くらいの若者でない場合
ネットショップへの集客に
Facebookは大きく貢献します。

 

Facebookの拡散力は高い

 

Facebookの拡散力は
他のSNSに比べても高いです。

バイラルマーケティングを行い
Facebook投稿が拡散されることで
Facebook広告を使わなくても
Facebookからネットショップへ
集客することができます。

バイラルマーケティングは
確実に成功することは難しいですが
シャアをする人の深層心理を理解することで
成功への可能性は、グンっと高まります。

是非、
バイラルマーケティングの真髄
を理解し、挑戦してみてください。

 

Facebookの注意点

個人のFacebookと
Facebookページは違うものです。

Facebookの規定に記載がありますが
基本的に個人のFacebookを
ビジネス利用することは
禁止されています。

Facebookを使い
ネットショップに集客する場合は
Facebookページを作成して
無駄なリスクを排除していってください。

 

LINE@(ラインアット)からネットショップへ集客する方法

ラインアットのアットマーク

LINE@(ラインアット)からネットショップへ集客する方法は

  • LINE@(ラインアット)の一斉送信機能を使い
    ネットショップのサイトURLを送る
  • LINE@(ラインアット)のホーム投稿で
    ネットショップのサイトURLを貼る
  • LINE@(ラインアット)の自動応答モードを使い
    ネットショップのサイトURLを送る
  • LINE@(ラインアット)のクーポン機能を使い
    ネットショップのサイトへ誘導する
  • LINE@(ラインアット)のショップカード機能を使い
    ネットショップのサイトへ誘導する
  • LINE@(ラインアット)のハッシュタグ機能を使い
    ネットショップのサイトへ誘導する
  • LINE広告を使い
    ネットショップのサイトへ誘導する

まだまだありますが
このような方法があります。

ネットショップへの集客に
1番効果を発揮する方法は
業種や目的によって変化するので
どの方法が1番効果がでるかは
ビジネスの形により変わります。

 

LINE広告の費用対効果について

 

LINE広告については
Facebook広告に比べ
まだ認知度が低いので
知らない人も多いかと思います。

LINE広告は以前からありましたが
完全に大企業向きの広告で
4,000万円近くの資金が必要だったため
1部の企業しか利用しておらず
ほとんど知られていませんでした。

しかし2016年6月から
LINE広告の費用も安くなり
誰でも広告を出せるようになっています。
それでも現在
最低でも100万円は必要です。

LINE広告はFacebook広告に比べると
まだまだ費用対効果はよくないです。

個人事業主や中小企業が
SNS広告を活用する際に重要視すべき点は

この2つです。

Facebook広告は
この2つを満たしていますが
LINE広告はまだ満たしていません。

「まだ」とつけたのには
理由があります。
LINE広告は今後
この2つの要素を満たすようになります。

2016年7月にLINE株式会社は
日本とアメリカで同時上場をしました。

「アメリカでも上場したから
これからアメリカでLINEをする人が
たくさん増える」
という人もいますが
この考えは大きな間違いです。

LINEがアメリカで
シャアを獲得するのは
ものすごく時間がかかります。

なぜなら、競合が手強いからです。

Facebookが買収しているワッツアップや
中国のウィーチャット、
これらの競合の動きから考えても
近いうちにLINEが
アメリカのシャアをとるのは
不可能に近いです。

 

今後LINEが進んでいく方向は
日本や東南アジアのシャアを確立し
その地盤を固めていく方向です。

 

これから始まる
日本や東南アジアの地盤固めをするために
LINE広告の費用対効果は確実によくなっていきます。

ターゲティングについては
LINEゲーム、LINEコマース、
LINEニュース、LINEQだけなく
2016年8月に個人開放されたLINELIVEなど
様々なLINEアプリから
LINE利用者の個人情報を分析することで
ターゲティングが可能となります。

拡散性については
2016年6月に追加された
ハッシュタグタグ付け機能
2016年8月に行われた
LINEのタイムラインの
「いいね」機能のアップデートにより
バイラルマーケティングがしやすい環境が
すでに整いつつあります。

LINE広告は現在まだ
費用対効果があまりよくないので
活用する必要はないと思いますが
2017年以降は費用対効果がよくなるので
ネットショップ経営者の方は
今のうちから意識しておくようにしてください。

 

最後に

ロボットが動かす世界

ネットショップ経営で成功するためには
まずオリジナルのマーケティング戦略を練り
集客の方向をイメージすることが大切です。

目的とターゲット層を確認して初めて
どのSNSを使い集客をしていくのかを
考えるステップに入れます。

 

今回はSNSからネットショップへ集客する方法を
2つご紹介しましたが
SNS集客の方法については
FacebookやLINE@以外でも
有効な方法がたくさんあります。

アパレル関係であれば
Instagramを使いSNS集客をした方が
成果がでるかもしれません。

中学生向けにスマホケースを販売したいなら
Twitterを使いSNS集客をした方が
成果がでるかもしれません。

20代の女性がターゲットなら
LINEの元社長の森川さんが
2015年から立ち上げた
Cチャンネルを使いSNS集客をした方が
効果がでるかもしれません。

またそれ以外のSNSも
たくさん伸びてきています。

そしてSNS利用者の数や
利用者の層も変化していきます。

 

 

あなたは5年前
LINEを使っていましたか?

 

最近使っているSNSは
3年前も、よく使っていましたか?

この記事の担当者

斉藤
SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)のノウハウを熟知し、ネットショップ集客などの集客全般を得意とする実業家。Google内集客とAmazon内集客を特に得意とする。将来は宇宙産業の発展にも大きく貢献したいと考えている。

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る