なぜ中国輸入初心者はAmazonで相乗り出品してはいけないのか?

こんにちは。森平です。

中国輸入ビジネスで
圧倒的な人気を誇る販路といえば、

“Amazon”ですね。

中国輸入初心者は
『まずAmazonの相乗り出品から始めよう』
という人が多いです。

ですが、

中国輸入初心者は
Amazonの相乗りで販売していては
なかなか稼げません。

今回はAmazonの相乗り出品について書きたいと思います。

 

Amazon相乗り出品のメリット・デメリット

Amazonの出品形態は
原則1つの商品に対して
1つの商品ページです。

そのため、

複数の出品者が同じ商品を出品する場合、
同一の商品ページに出品する必要があります。

要するに既に売られている商品と
同じものを販売する場合、
同じ商品ページに出品するわけです。

それが相乗り出品ってやつですね。

相乗り出品はAmazon特有の販売形態です。
もちろん、相乗り出品ならではの
メリットとデメリットが存在します。

 

Amazon相乗り出品のメリット

相乗り出品のメリットは

  • 出品が超簡単
  • すぐに売れる
  • リサーチが簡単

この3つですかね。

それぞれ見ていきましょう!

 

出品が超簡単

Amazon相乗りの出品は

出品したい商品ページの
『マーケットプレイスに出品』から

・商品のコンディション
・商品のコンディション説明
・在庫数
・価格
・配送オプション

これらを入力し、
『今すぐ出品』を
クリックすれば出品完了です。

3分とかかりません。
非常に簡単です。

ワンクリックで出品できるツールも
たくさんあるので、

Amazonの相乗りほど簡単に出品できるものは
他にはありませんね。

 

すぐに売れる

新規出品の場合、
商品が売れるようになるには
商品ページを育てなければ
いけません。

そのため、ある程度の時間と
ノウハウが必要となります。

ですが、

相乗り出品では既に育てられた
商品ページに出品することができるので

出品してすぐに売ることが可能で
結果が出るのが早いです。

 

リサーチが簡単

Amazon相乗り出品は
既に実績のある商品ページに
出品できるので

リサーチも簡単です。

相乗りのリサーチのポイントは
既に売れている出品可能な商品ページで
利益が出るか否かだけです。

Amazonで中国輸入と思われる商品を
ピックアップし、

アリババやタオバオと比較し、
片っ端から利益計算していきます。

あとは、ものレートや在庫追跡ツールで
一月あたりの販売個数を調べ、

販売個数をセラー数で割りば
仕入数も見えてくるでしょう。

どの商品ジャンルが利益が出やすいのか
多少、頭をひねる必要がありますが

基本的に単純作業なので
作業量がものを言います。

 

Amazon相乗り出品のデメリット

相乗り出品のデメリットは

そもそも相乗り出品は
価格競争が起こる仕組みに
なっている点です。

 

Amazonで商品を注文する人の多くは
カートボックスから商品を購入します。

 

カートボックスを獲得する条件は

  • FBAの利用
  • セラーの評価
  • 注文不良率

など色々とポイントはありますが…

やはり、

販売価格は最も大きいポイントです。

仮に評価を十分に保持している
セラーであっても、
最安値とまでは言いませんが
最安値の近似値でなければ
カートボックスの獲得は難しいです。

実績のない初心者であれば、
言うまでもなく最安値を求められます。

つまり、

同じ商品ページに複数のセラーが出品すれば
自分の商品を売るためには価格を下げざる得ません。

そうなれば、

価格競争は避けられませんね。

出品しているセラーが多ければ多いほど、
大きく価格暴落します。

よほど、商品選定に気をつけなければ
初心者であれば薄利か赤字での販売を
強いられます。

 

中国輸入初心者はAmazon相乗り出品は稼ぎにくい

仮にリサーチ時点で競合セラーが少なくても
いつでも競合セラーが押し寄せてくる可能性は
十分に考えられます。

そのため、

Amazonの相乗り出品で稼ぐには
常に価格競争に耐えられるだけの
体力が必要です。

要するに仕入れコストを
抑えなくてはなりません。

具体的に言うと、

  • 商品単価
  • 国際送料
  • 国内送料
  • 代行手数料

この辺りを交渉し、
値引きしてもらう必要があります。

しかし、

値引きの交渉をするには
相手にメリットを提示する必要がありますが

『たくさん買うから安くして』
『たくさん送るから安くして』

結局、大幅に値引きしてもらうには
物流量を増やすしかありません。

となれば、

中国輸入初心者が相乗りで
稼いでいくのは難しいです。

 

中国輸入初心者は相乗り出品してはいけない まとめ

中国輸入初心者は簡単に出品できる
〝相乗り出品〟から始める人が多いです。

確かに相乗り出品は
簡単で分かりやすく楽です。

ですが、

中国輸入初心者にはより不利な販売方法です。
初心者はコストを抑えることより、
販売に力を入れるべきです。

やはり、

中国輸入初心者がAmazonで
稼いでいくには〝新規出品〟すべきです。

相乗りされないように対策するのが前提ですが

新規出品であれば、
相乗りほど価格競争は起きないので
利益率を確保出来ます。

商品ページを売れるように
育てなければなりませんが、

商品ページが育てば、
あとはリピートして仕入れるだけで
お金は入ってきます。

この記事の担当者

森平
森平
中国輸入ビジネスで生計を立てる2児の父。物販ビジネスと出会い、収入だけでなく家族と過ごす時間も増加。中国輸入の魅力を伝えるべく、ブログなどで情報発信を開始。

関連記事

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る