ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon
  4. Amazon輸入ビジネスで重要なキャッシュフローとは?【資金操りのポイント】

Amazon輸入ビジネスで重要なキャッシュフローとは?【資金操りのポイント】

Amazon輸入ビジネスで成功するためには、数字管理が重要なポイントになりますが、その中でもキャッシュフローの管理は非常に重要です。

キャッシュフローという言葉について、聞いた事があり何となく知っているという方もいれば、全く分からないという方もいるでしょう。

 

今回は、Amazon輸入ビジネスで重要なキャッシュフローとは?について、また、資金操りのポイントをまとめていきます。

キャッシュフローについての知識があいまいな方は、是非参考にしてください。

 

 

 

Amazon輸入ビジネスで重要なキャッシュフローとは?

 

何となくキャッシュフローについて知っている方も、ここでAmazon輸入ビジネスで言うキャッシュフローについてもう一度確認しましょう。

まず、キャッシュフローというのはお金の流れの事で、Amazon輸入ビジネスではこのお金の流れを正確に把握する必要があります。

 

Amazon輸入ビジネスの場合、

仕入(お金)→商品→販売(お金)

という「お金」か「商品」のどちらかに分配される状態が続くので、当然商品の数が増えれば手元に残るお金は減る事になります。

逆に、お金が手元に残り、商品が減るとその分売り上げも下がるでしょう。

 

Amazon輸入ビジネスで重要なキャッシュフローとは、この「お金」と「商品」のバランスを上手く取り、資金操りを円滑にする事を意味します。

 

 

特に、Amazon輸入ビジネスでは仕入れにクレジットカードを使う為、ますます資金操りは複雑になると言えるでしょう。

キャッシュフローの管理が出来ていないと、実際にお金が増えているのか、資産(商品)が増ええているのかが分からず、「商品のみが増え、お金は増えていない」という状態にも気が付きません。

なので、Amazon輸入ビジネスを成功させるためにも、キャッシュフローの管理が非常に重要なのです。

 

 

Amazon輸入ビジネスの資金操りのポイント

Amazon輸入ビジネスの資金操りのポイントとしては次の2つが挙げられます。

 

  • 支払サイクルと入金サイクル
  • 回収率

 

支払サイクルと入金サイクル

 

キャッシュフローについて考えを突き詰めると、

  • キャッシュイン(いつ・どのくらいお金が入ってくるか)
  • キャッシュアウト(いつ・どのくらいお金が出ていくか)

の2つの要素が残ります。

 

ここからは、Amazon輸入ビジネスにおいてのキャッシュイン・キャッシュアウトの関係性を見ていきたいと思います。

 

まずは、「キャッシュイン」について考えていきましょう。

お金が入ってくるとき、つまりAmazonからの入金サイクルを意味します。

Amazonの入金サイクルは2週間に1度なので、1月1日~1月14日までの売り上げは、1月17日ごろにまとめて入金されます。

 

売上金が確定してから入金までは3~5日ほどのタイムラグが発生するので、1月1日に売れた商品の売り上げは、約16日後に入金される事になります。

このように整理してみると、売上発生から入金まではかなり長く感じますね。

 

 

次に、「キャッシュアウト」について考えていきましょう。

お金が出ていくとき、つまり仕入れや経費の支払いを意味します。

クレジットカードで支払う事がほとんどだと思うので、クレジットカード払いで見ていきたいと思います。

 

例えば、月末締め翌27日払いのカードで仕入れた場合を考えてみましょう。

1月1日に仕入れた商品であれば、2月27日に引き落としが行われます。

つまり支払いまでの猶予が2カ月くらいあるわけです。

 

しかし、1月31日に仕入れた場合も、2月27日に引き落としが行われます。

これだと支払いまでの猶予は1カ月しかありません。

 

クレジットカードで仕入れる場合は、このような支払いまでの猶予を考え、できるだけ支払いまでの期間が長くなるようにカードを使うべきです。

カードの種類によっては、翌々月に支払いなどの支払期間が長いカードもあるので、そういったカードを上手く使ってキャッシュアウトを先延ばしにできます。

 

商品を仕入れた日から、商品の支払いを行う日(カードの引き落とし)までに、商品が売れて入金が済んでいれば問題ありません。

 

回収率

 

Amazon輸入ビジネスで言う「回収率」とは、「当月の仕入れに対して、どれくらい資金が回収できているか」を数字で表したものになります。

 

例えば、1月に100万円の仕入れをして、2月15日にその仕入れから20万円分売上が上がっていた場合は、

20÷30×100=66.6666…となり、1月に仕入れた資金の、約67%回収できている事になります。

 

この回収のスピードが、キャッシュフローを良くするためには非常に重要なポイントになります。

回収が早ければ、その分資金操りは良くなりますし、遅ければ当然悪くなるので支払いもきつくなっていきます。

 

理想は回収率100%ですがなかなか難しいので、翌月までに66%以上、翌々月までに100%回収できていると良いでしょう。

 

 

最後に

Amazon輸入ビジネスで重要なキャッシュフローとは?についてと、資金操りのポイントを解説しました。

 

キャッシュローについて理解しているのとしていないのでは、いずれ大きな差が出てきます。

Amazon輸入ビジネスを始めた早い段階から、キャッシュフロー状況については知っておくべきです。

 

Amazon輸入ビジネスに限らず、どんなビジネスにおいてもキャッシュフローは重要であり、常に存在するので、ビジネスを成功に導くためにもしっかり学んでおきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

以下は当サイト推奨の輸出入ビジネスツールアマトピアの開発者メルマガ登録フォームです。

メールマガジン登録
     配信先メールアドレス
 

申し込みの際に「貿易大学」か「合同会社Linotie」の名前を紹介者欄に記載していただくと3ヶ月継続のタイミングで貿易大学で行なった12ヶ月分のセミナー資料を特典として受け取ることが可能になっています。各セミナーは過去に3万円で行われたセミナーの資料なので3万円×12=36万円分の価値があります。(特典を受け取るには3ヶ月経過時に申請が必要です)

 ぜひツールと一緒にご活用ください。

 

関連記事