Amazon輸入ビジネスの情報の集め方とコンサルティングを選ぶときの注意点

Amazon輸入ビジネスに限らず
成長していくには勉強が大切です。

また情報は常に変わっていきますし
世の中の流れも変化していきます。

そのため、勉強や情報収集の
アンテナは常に張っておきたい
ところですね。

では、成長していくために
Amazon輸入ビジネスの情報の集め方や
勉強の方法にはどんな方法があるでしょうか?

Amazon輸入ビジネスの情報の集め方

情報の集め方としては様々な方法がありますが

  • ブログ
  • メルマガ
  • セミナー
  • コミュニティ
  • コンサルティング

今回は上記の各媒体のメリットとデメリットに
ついて考えてみました。

メリット

出版にあたり幾度となく
加筆修正をくり返し構成・編集を
しているため、とてもよくまとまっている
また、基本的に誤った情報が少ないです。

デメリット

内容によっては情報が古くなってしまう
情報の変動はとても激しいです。

特にネット副業系の方法論中心の本は
年月とともに情報が古くなっていき
一過性のもののケースが多いです。

ただし、貿易実務、マーケティング
SEO、在庫管理、財務関係など
ビジネスの基盤基礎となる内容の本は
そのベースの考え方など古くても
参考になる本は多いです。

ブログ

メリット

リアルタイムな情報が得られる
問い合わせすれば返信をもらえる(可能性がある)

デメリット

ブログ筆者の個性が強くでる
間違った情報がある可能性がある
僕自身もAmazon輸入ビジネスを知ったのは
ブログを通してでした。

初期の頃は自分が気になった方のブログは
10人弱ではありますが片っ端から読みました。

おかげさまで全体の概要と大事な要点は
そこでつかむことができたと思っています。
Amazonのちょっとしたシステムの変化や
最新情報を細かく発信してくださっている
良心的な発信者さんも多くいるので、
そのような情報を得るには重宝すると思います。

ただ、ブログは著者さんの個性がしっかりでるので
好みは分かれると思います。

あまり多くの情報を入れすぎるとかえって混乱する
という方もいると思うので、読み比べして
お気に入りのブログを見つけるのを
おススメします。

メルマガ

メリット

ブログでは得られない情報が得られる可能性が高い
メルマガでしかお知らせされないサービスが多い

デメリット

ブログよりさらに発行者の個性が強く出る
メルマガはブログよりクローズな環境です。
メルマガ読者限定の有益な情報やサービスなどを
得られる可能性があります。

ブログをみて気に入る→メルマガ登録

メルマガはおおよそこのような流れで
登録に至ると思うのであまりないと思いますが
万が一自分と合わないと思えばすぐに解除できますので、
そこまでデメリットはないように感じます。

セミナー

メリット

講師に直接会え、直接色々と聞けるチャンスがある
より機密性の高い情報を得られる可能性がある

デメリット

内容を精査して申込みしないと当たり外れがある
費用対効果が低い可能性がある

デメリットを気にしたらどんなセミナーにも
参加できませんが(笑)

僕もセミナーをやったときはそうでしたが、
講師側も中途半端な準備では質疑応答で
答えられないためしっかりと
準備されてきているはずです。

そのため有益な情報は得られる可能性は
高いと思います。

コミュニティ

メリット

様々な情報交換ができる

デメリット

コミュニティの色による

コミュニティは様々な方がいるので
自分の実績より上の方から直接色々と
話を聞ける可能性があります。

また自分と実績が同じくらいの方と
意見交換しあったりとビジネス仲間が
できやすいのが特徴です。

ただしブログやメルマガなどと同様で
コミュニティの目指しているものや
色があるので、それと自分が合うかどうかは
大事なポイントなります。

おおよそ主催者の色が反映されるので
その辺を参考にされると良いかと思います。

コンサルティング

メリット

講師とより近い距離で手取り足取り教えてもらえる
わからないことや聞きたいことがあれば
すぐにサポートしてもらえる(人による)

デメリット

講師と相性が悪かったときの資金ダメージが大きい
費用が高額

すべて自分で調べて始めるのは
時間も労力もかかり本当に大変です。

必ず色々と失敗をするでしょうから
人によっては時間的なコストだけでなく
金銭的なコストが思ったよりかかっている
という人もいると思います。

その点、コンサルティングを受けることによって
すでに成功している人の方法を聞くことができるので
そういった時間や労力をショートカットできます。

お金は少々かかってしまいますが、
とても有利にそしてスムーズに
ビジネスを進められます。

 

さて、ここまで色々な方法を述べてきましたが
結論からいうと一番素早く結果を出せる方法は
コンサルティングを受けることです。

自分で1から調べて始めるのと
すでに実績を出している方から教わるのとで
時間や労力を天秤にかけて考えてときに
少しでも必要性を感じるのであれば
コンサルティングを申し込むことは
とてもよい選択肢かと思います。

例えばダイエットしようと思った時に
我流でやるのと専門的な知識や技術をもった
トレーナーについてもらいながら
ダイエットするのとでは
後者のほうが結果がでやすいですよね。

勉強も独学でやるのか、家庭教師がいるのかで
成長のスピードが違うと思います。

それらと同じで実績を出している人から
教えてもらったほうが成功率も高くなるでしょう。

ただしコンサルティングを申し込むにしても
注意することがいくつかあります。

後半はそのことを書いていきたいと思います。

個別コンサルティングを選ぶときの注意点

コンサルティングとは

コンサルティング (consulting) とは、企業(まれに行政など公共機関)などのクライアントに解決策を示して
その発展を助ける業務を行うことである。または、職種としてその業務そのものを指す。

「コンサルティング」とは語義的には「相談に乗ること」であるため、広義にはほとんどの企業が取引先に対して
コンサルティングを行っていると言うことも出来る。

wikipediaより抜粋、引用

コンサルティングとはそもそも
このような職種、あるいは
業務内容のことを指します。

大手の企業にはだいたい経営顧問、
経営コンサルティングというような
経営をサポートする方がついています。

企業レベルになると数時間で数万、
月では数十万〜数百万かかることも
いるようです。

大金を払ってまでも、そういった方を
雇うということはそれだけメリットが
あるからに他なりません。

少し話が逸れてしまいましたが
上記を引用させてもらうと
輸入ビジネスの個別コンサルティングは

受講する側の業務(輸入ビジネス)の発展を助ける業務

であると言えますね。

コンサルティングを選ぶときのポイント

コンサルティングを申し込んだほうが
うまくいく可能性は高くなるとは書きましたが
当然これは「指導者による」ことは否めません。

ネットでは知り得ない情報も交えながら
事細かく丁寧に教えてくれる方もいますが

なかには

  • ステップメールからデータを渡して終わり
  • 結果が伴わない場合、作業量が足りないの一辺倒

なんて方もいるようです。

費用と見合っていればいいですが
問題なのはそうでないケースが多い
ということです。

確かに知識やノウハウも大事ですが
受講される方の特徴や状況をふまえ考え、
サポートするから個別コンサルなわけですから

知識やノウハウばかりをアピールしている方には
注意が必要ですね。

また、

  • 英語が必要ない
  • 資金0でも始められる
  • 誰でもできる

みたいなことを謳っている方も同様です。

英語力も資金もある程度ないと厳しいですし
再現性の高い低いはあるにせよ
誰でもできるなんてことはありません。

指導者の方は資金がなくても
成功したかもしれませんが
指導者は受講するあなたではありません。

自分ができたからあなたにもできます!
なんてことはありえませんよね。

  • ①知識やノウハウばかりアピールしてない
  • ②夢をみさせるようなことを言わない
  • ③個々にあった内容を提案してくれるか

しっかりとその辺を
わきまえている方かどうか
よい指導者を選ぶうえでの
ポイントかと思います。

①や②に関してはその方のブログや
メルマガを読み込むことで
ある程度わかってくると思います。

③に関しては直接問い合わせしたり
質問したりして、その反応で
ある程度は汲み取ることが
できるでしょう。

受講する側の心構え

ここまでよい指導者に巡り会うために
注意する点に関して書いてきましたが
受講される方の心構えにも
ポイントがあります。

コンサルティングはあくまでサポートしかできない

結局コンサルティング側は受講される方の
サポートしかできません。

コンサルティングは受講する側の
業務の発展を助ける業務なので、
アドバイスやサポートはできても
最後にやるのは受講された方です。

コンサルティングに申し込めば
自然と儲かるようになる

という考えを持った状態では
申し込まないようにしましょう。

自分で考えるクセをつける

よい指導者であれば質問すれば
何でも丁寧に答えてくれると思います。

ですが、長期的にみたときに
その考え方では
「長く稼ぎ続けるための考え方」
というのは身につきにくいです。

何でも質問して答えや解決策を
提示してもらってては
自分で考えることをしないで
済んでしまいます。

そのためコンサル契約が終わった後
どうすればいいかわからない状況に
なってしまうことも考えられます。

コンサルティングに申し込む目的は

長く稼ぎ続けるための方法や
考え方を身につける

ためであると思います。

初めは右も左もわからないと思うので
どんどん聞いてもいいと思いますが、

ある程度流れがわかってきたら
自分で考えるクセを身につけるよう
意識することをおススメします。

まとめ

  • ブログ
  • メルマガ
  • セミナー
  • コミュニティ
  • コンサルティング

Amazon輸入ビジネスの情報の集め方として
上記のそれぞれのメリットとデメリットと
コンサルティングを選ぶときの注意点について
ここまで述べてきました。

もう一度ポイントをまとめます。

メリット

  • 何度も構成・編集をしているためよくまとまっている。
  • 基本的に誤った情報が少ないです。

デメリット

  • 内容によっては情報が古くなってしまう

ネット副業系ではなく貿易実務、マーケティング
在庫管理、財務関係などビジネスの基礎となる本を
参考にするべし。

ブログ

メリット

  • リアルタイムな情報が得られる
  • 問い合わせすれば返信をもらえる(可能性がある)

デメリット

  • ブログ筆者の個性が強くでる
  • 間違った情報がある(可能性がある)

よくまとまったブログであれば
大まかな概要や要点はつかむことができる。

日記的な内容ではなく中身のまとまった
お気に入りのブログを参考にするべし。

メルマガ

メリット

  • ブログでは得られない情報が得られる可能性が高い
  • メルマガでしかお知らせされないサービスが多い

デメリット

  • ブログよりさらに発行者の個性が強く出る

お気に入りの配信者であれば
登録することにデメリットはなし。

セミナー

メリット

  • 講師に直接会え、直接色々と聞けるチャンスがある
  • より機密性の高い情報を得られる可能性がある

デメリット

  • 内容を精査して申込みしないと当たり外れがある
  • 費用対効果が低い可能性がある

講師側はしっかり準備をしてきているため
有益な情報は得られる可能性は高い。

コミュニティ

メリット

  • 様々な情報交換ができる

デメリット

  • コミュニティの色による

自分の実績より上の方から直接色々と
話を聞ける可能性やビジネス仲間が
できやすい特徴がある。
うまく利用すべし。

コンサルティング

メリット

  • 講師とより近い距離で手取り足取り教えてもらえる
  • わからないことはすぐにサポートしてもらえる

デメリット

  • 講師と相性が悪かったときの資金ダメージが大きい
  • 費用が高額

成功する可能性としては一番高い。
ただし、受講する側も注意が必要。
以下の要点を覚えておくべし。

  • ポイント1
    コンサルティングは受講者の
    輸入ビジネスの発展を助ける業務と覚えておく
  • ポイント2
    ①知識やノウハウばかりアピールしてない
    ②夢をみさせるようなことを言わない
    ③個々にあった内容を提案してくれるか
    コンサルティングがこのような要点を
    抑えているか調べる
  • ポイント3
    受講する側もコンサルタントはあくまで
    サポートする人と心得て、自分で考えるクセ
    長く稼ぎ続けるための考え方や姿勢
    コンサルタントから学ぶようにする

コンサルティングを申し込むというのは
結構な一大決心の方もいると思います。

せっかく申し込んだからには
成功させたいでしょうし、
コンサルタント側とも何かしらの縁が
あると思いますので

できれば末長く付き合えるような
関係を心がけたいですね。

これからAmazon輸入ビジネスの
情報集めやコンサルティングを
選ぶ際にはこの記事が参考になれば
幸いです。

この記事の担当者

倉科
フリーランスのスポーツトレーナーとして活動しながら輸入ビジネスにも取り組む輸入ビジネストレーナー。開始早々月利40万円を達成し現在も利益拡大中。本業を活かしてネットと実店舗を融合させた社会基盤の構築を目指している。
(ブログ)http://trade-road.biz/

関連記事

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る