ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon輸入
  4. Amazon輸入の並行輸入品・正規輸入品とは?【違いや出品時の注意点を解説します】

Amazon輸入の並行輸入品・正規輸入品とは?【違いや出品時の注意点を解説します】

Amazon輸入ビジネスを始めようと思った際に、必ず耳にするのが「並行輸入品」という言葉ではないでしょうか。

並行輸入品について、何となく分かっているようで分かっていない方も多いようです。

 

並行輸入品について理解していない方は、Amazon輸入を実践していくうちに「正規輸入品」などという言葉を見かけ、同じページに出品していいのかと迷ってしまうでしょう。

こちらでは曖昧になりがちな、Amazon輸入の並行輸入品・正規輸入品とは?について、違いや出品時の注意点を解説します。

 

 

Amazon輸入の「並行輸入品」と「正規輸入品」の違い

 

Amazonの商品名に「並行輸入品」という言葉が付いているのをよく見かけませんか?

Amazon輸入ビジネスでは基本的にこの「並行輸入品」を扱っていきますが、その言葉の意味を理解していますか?

 

並行輸入品をAmazonで販売するときは、注意しなければならない事があります。

まずは、「並行輸入品」と「正規輸入品」ついて解説します。

 

 

正規輸入品とは?

 

Amazon輸入の正規輸入品とは、海外メーカと正式に代理店契約を結んだ日本の販売代理店が出品する商品です。

これらは、輸入代理店総代理店正規代理店などと呼ばれる事があります。

 

正規輸入品のメリットは、メーカーから直接商品を購入した場合と同じように、保障やアフターサービスを受けられる点にあります。

確実に正規品が手に入り保証もついているので、消費者は安心して購入する事が出来るのです。

 

また、デメリットとして本国で販売されているバリエーションよりも少ない事が挙げられます。

日本では売れにくいサイズやカラー、デザインの商品は正規代理店が取り扱わないからです。

 

 

並行輸入品とは?

一方で、Amazon輸入で主に扱う並行輸入品とは、正規代理店を通さずに輸入された商品のことを指します。

個人や正規代理店以外の事業者が、海外から直接輸入した商品という事です。

 

並行輸入品のメリットとしては、正規代理店で購入するよりも価格が安い事が挙げられます。

これは、代理店のコストやアフターサービス等のコストが上乗せされないからです。

また、正規輸入品にないバリエーション商品も購入できるメリットもあります。

 

デメリットとしては、保証やアフターサービスが受けられない、信頼がない点が挙げられるでしょう。

さらに、正規品と流通経路が異なる場合があるため、本来の包装と違ったり、パーツや部品が事なる場合があります。

こうなると、消費者の並行輸入品に対する信頼は低くなるでしょう。

 

ではこのような並行輸入品をAmazon輸入で扱う際には、何に注意したら良いのでしょうか。

 

 

並行輸入品をAmazonに出品する際の注意点

Amazon輸入では並行輸入品を扱うことがほとんどでしょう。

そこで、並行輸入した商品をAmazonに出品する際の注意点を見ていきたいと思います。

 

まず、Amazonでの並行輸入品に関する規約を確認してみると、

  • 購入者の誤解を避けるため、並行輸入品は他の通常商品とは分けて出品する必要がある
  • 並行登録の際は、商品名に[並行輸入品]と明示され、通常商品とは別の商品詳細ページ(ASIN)に掲載される必要がある

と書いてあります。

 

簡単に言うと、並行輸入品は「並行輸入品」と書かれたページにしか出品してはいけないという事です。

なので、もし新規出品する際には、必ず商品タイトルに「並行輸入品」と明記しなければなりません。

 

 

Amazonで並行輸入品を出品する際にやってはいけない事

Amazonに並行輸入品を出品する際に一番やってはいけないのは、「正規品のページに並行輸入品を出品する事」です。

上記のAmazonの規約にも書いてあるように、正規輸入品と並行輸入品は区別されなければなりません。

なので、正規品は正規品の商品ページに、並行輸入品は並行輸入品のページに必ず出品する必要があります。

 

もし、並行輸入品なのに正規品のページに出品している場合は、アカウントスペシャリストから審査が入る場合があります。

並行輸入した商品が正規品だったとしても、規約違反に変わりはないので、アカウントリスクに繋がりかねません。

 

また、正規品のページに出品して並行輸入品が売れてしまうと、商品に故障などのトラブルが発生した際に保証を受けることができないため購入者とトラブルになったり、返品などの対応を求められるでしょう。

 

いずれにせよAmazon輸入ビジネスの大きな損害となるため、正規品ページに出品するのは絶対にやめましょう。

 

 

最後に

Amazon輸入の並行輸入品・正規輸入品とは?と、違いや出品時の注意点を解説しました。

 

並行輸入品と正規輸入品の違いについてしっかりと理解し、区別して出品するようにしましょう。

また、新規出品する際も、「並行輸入品」の明記を忘れないように気を付けて下さいね。

 

Amazonに出品する際はくれぐれも正規品ページに出品しないように注意し、健全なAmazon輸入ビジネスで稼いでいきましょう。

 

 

 

この記事の担当者

野口 詩織
野口 詩織
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧