ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon輸入
  4. スコープの輸入に承認は必要?【Amazon輸入】

スコープの輸入に承認は必要?【Amazon輸入】

Amazon輸入ビジネスを実践されている方で、スコープを扱いたいと思っている方もいるかもしれません。

実はスコープは、輸入の際に規制がかかる商品ジャンルなので、仕入れは注意が必要です。

こちらでは安全にAmazon輸入を行う為にも、スコープの輸入に許可は必要なのか等について解説していきます。

関連:Amazon輸入で化粧品は販売できる?

スコープの輸入に許可は必要?

前述したように、スコープを輸入するには、一部を除き経済産業省の許可が必要でした。

まず、スコープ自体の輸入承認については、ズーム付きの光学機器に限り個人使用の場合は輸入の承認は不要となっているようです。

これは望遠鏡や双眼鏡と同じ扱いになる為ですね。

上記以外のスコープ商品を輸入する際は、本来輸入許可が必要となりますので、電話での確認等が行われるでしょう。

ダットサイトスコープの取り扱い

では、ズーム機能のついていない1倍の光学機器はどういう取り扱いになるのでしょうか。

この場合スコープとは違って「軍用の武器」という判断が下される為、個人使用のものでも商用のものでも必ず輸入承認が必要となります。

なので事業目的で輸入しようとする場合は、税関到着前または到着後に輸入承認を得ておく必要があるでしょう。

輸入承認に必要な手続きの詳細については、経済産業省の公式HP『輸入承認』に記載があるので、合わせて読んでみてください。

また、既に税関に商品が届いていて保留されている場合は、『輸入承認要否照会フォーム(武器類)』から確認および申請が可能となっています。Amazon輸入でスコープを販売しようと思っている方はもちろん、スコープを「複数購入する方」「ダットサイトスコープを輸入する方」は必ず目を通しておいてくださいね。   

スコープの輸入はハードルが高い

個人使用であれば輸入するのに特に問題はないかもしれませんが、実際には銃を所持していない方がスコープを輸入するのはハードルが高いかもしれません。

なぜかというと、スコープを輸入する際に代行業者を介する事がほとんどだと思いますが、この代行業者自体が『銃の所持許可を持っていない人に向けてはスコープなどの銃用品を輸出しない』という姿勢になってきているからです。

Amazon輸入ではMyUSを利用して日本に転送している方が多いと思いますが、MyUSでもスコープの発送はできません。

近年では世界的にテロが増加傾向にあることもあって、軍用機器に関する制約が厳しくなっているのでしょう。

軍用機器に関するトラブルも多発しているので、このように発送できない代行業者が増えているのです。

以前は発送できていた代行業者でも、もしかしたら今は発送不可になっている場合があるので、確認しておいた方が良いでしょう。

スコープの輸入に関しては国によって違う

輸入する国によって、スコープを簡単に輸入できる国とそうではない国に別れます。

スコープの輸入に関しての決まりは、国によって違うのです。

例えばアメリカの場合は、軍用機器の輸出が基本的に禁止されている為、ハードルが高いでしょう。

特にレティクル(望遠鏡の視野に照準の為に設けられた線)がミルドットの場合はほぼ全て輸入できないとみて間違いありません。

↓ ミルドットレティクルの例

クロスレティクルであれば輸入できると言われていますが、いずれも利用する代行業者によると言えます。

↓ クロスレティクルの例

ほとんどの代行業者はどちらであってもスコープ自体の輸入ができなくなってきているので、アメリカから転送できる代行業者はほぼないでしょう。

輸入できるのか分からない場合は、そもそもスコープ自体扱わない方が良いですね。

スコープの輸出が簡単なのは中国?

スコープを輸出できる国の中でも、簡単と言われているのが中国です。

アメリカでは軍用機器の扱いになるので輸出されませんが、中国ではスコープがおもちゃの扱いになるので、簡単に輸出されるようです。

なお、中国から輸入すると言ってもコピー品が多く混じっている為、気をつけなければなりません。

中国製のスコープもなかなかの品質のようなので、OEMへ発展できる可能性もありますね。

アリエクスプレスであれば代行業者も不要で輸入できるので、個人利用の場合はこちらから輸入するのもありでしょう。

代行業者を介したスコープ輸入の流れ

スコープを輸入する際のイメージとして、代行業者を介したスコープ輸入の流れを解説します。

どの代行業者を利用するにせよ、大体以下のような流れになるでしょう。

  1. 代行業者に発送できるかどうか確認する
  2. 輸出可の国から買い付け
  3. 代行業者に発送
  4. 代行業者が日本へ発送
  5. (輸入承認)
  6. 受け取り

なお、輸入承認申請の内容は、輸出国からの通告内容と一致している必要があるので、間違いのないように注意しましょう。

最後に

スコープの輸入に承認は必要?について解説しました。

自分でしっかりと判断ができるようにこれらを理解しておく事が大切です。

Amazon輸入を行っていく上で、販売できるものできないもの、輸入できるものできないものが沢山あります。

関連:Amazon輸入で化粧品は販売できる?

 

以下は当サイト推奨の輸出入ビジネスツールアマトピアの開発者メルマガ登録フォームです。

メールマガジン登録
     配信先メールアドレス
 

申し込みの際に「貿易大学」か「合同会社Linotie」の名前を紹介者欄に記載していただくと3ヶ月継続のタイミングで貿易大学で行なった12ヶ月分のセミナー資料を特典として受け取ることが可能になっています。各セミナーは過去に3万円で行われたセミナーの資料なので3万円×12=36万円分の価値があります。(特典を受け取るには3ヶ月経過時に申請が必要です)

 ぜひツールと一緒にご活用ください。

 

関連記事