1. HOME
  2. ブログ
  3. ネットショップ経営
  4. amazon内SEO対策とGoogle内SEOの違いを説明できますか?
SEO対策

amazon内SEO対策とGoogle内SEOの違いを説明できますか?

私は昔から検索エンジンを攻略するのが好きで
今まで様々な検索エンジンを研究してきました。

Google検索、Amazon検索のSEO以外でも
YouTube検索、Facebook検索、
LINE@検索、Twitter検索のSEOなどなど

マイナーなものでいったら
ココナラ検索、LINELIVE検索のSEOや
lazada検索、Pinterest検索、CCHANNEL検索、
Googleプラス検索のSEOなどなど
他にも様々な集客ツールのSEOについて、
実験や検証をしてきました。

そして現在進行形で、
様々な集客ツールのSEOについて
常に情報を追っています。

※最近はインスタグラム検索のSEOと
キンドル検索のSEOも研究しています。

 

 

SEOを攻略するうえで
とても大切なことがあります。

それは、何だと思いますか?

 

 

 

Google検索のSEOと
Amazon検索のSEOは、
実は大きく異なります。

これから私がご説明する
「違い」を理解することで
それぞれのSEO対策の方法もみえてくるでしょう。

 

中国輸入ビジネスなどでも
amazon内SEO対策は特に重要なノウハウとなります。

 

中国輸入をされている方や
これから中国輸入を始めようと考えている方は
是非最後まで読んでいってください。

※最後のほうに限定音声もあります。

 

関連:Amazon内SEO対策とは何か?【その意味やコツなどをわかりやすく解説】

 

SEO対策を攻略する方法

攻略

 

SEO対策について
ある程度学習されている方であれば

検索意図にマッチするコンテンツを作成する」

この部分がとても重要だということは
当たり前のようにわかっていることかと思います。

※ちなみに検索意図とは、
検索者が何を知りたいと思っているのか?
どんな情報を欲しいと思っているのか?
その検索キーワードの裏側にある
検索者の気持ちや意志のことです。

 

例外として、
サービスが提供されたばかりで
まだ検索エンジンのアルゴリズムが未熟な場合は
狙いたいキーワードの量を増やしたり
小手先のテクニックで検索エンジンの上位に上げることもできます。

※例えば「ココナラ」の検索エンジンは
サービスが開始されたばかりのころは
説明欄のキーワードの数の量を調整するだけで
検索エンジンのトップにもってくることができ
集客が簡単にできました。

 

ただし、
AmazonやGoogleなどといった大企業では
アルゴリズムにAIを活用しているため
もう小手先のテクニックはほぼ通用しません。

むしろそういった対策は
マイナスの影響を及ぼします。

つまりAmazonやGoogleでSEO対策をするためには

「検索意図にマッチするコンテンツを作成する」

この部分がやはりとても重要なのです。

 

ここで考えてほしいのですが
Amazonで検索をする人と
Googleで検索をする人とでは
この「検索意図」がどのように変化すると思いますか?

 

ここの部分を徹底的に考えることで
amazon内SEOとGoogle内SEOの違いがみえてきます。

Amazon内SEOとGoogle内SEOの違いとは?

 

続きを読むには以下のフォームに貿易大学同窓会で提供されているパスワードを入力してください。

この記事の担当者

斉藤
SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)のノウハウを熟知し、ネットショップ集客などの集客全般を得意とする実業家。Google内集客とAmazon内集客を特に得意とする。

関連記事