ブログ

中国輸入 アパレルは扱わない方がいい?

7f41ebf7cc38f22f40ffcb42b0a7f119_s

こんにちは。海野です。

中国輸入ではアパレルは
定番のジャンルのひとつです。

現在、中国輸入でアパレルを
扱っている人は非常に多いですし、
これから中国輸入を始める方の中にも
アパレルを扱いたいという人は
いらっしゃると思います。

しかし、

アパレル販売で失敗している人は非常に多いです。

アパレルの販売は
他の商品ジャンルとは
少々、毛色が異なり
難易度は高めです。

今回は中国輸入×アパレルについて
書きたいと思います。

 

中国輸入 アパレル販売のメリット・デメリット

中国輸入でアパレルを扱う前に
まず、アパレルを販売する
メリット・デメリットを
把握しておきましょう。

特にデメリット部分から
目を背けてしまうと
アパレルに至っては
ほとんど売れない可能性もありますからね。

 

アパレル販売のメリット

アパレル販売のメリットは

  • 利益率が高い
  • 商品サイズ
  • 生産工場が多い
  • オリジナリティをだしやすい

この辺りが大きいところです。
それぞれ見ていきましょう。

利益率が高い

アパレルを扱う最大のメリットは
利益率が高さです。

ものにもよるので一概には言えませんが、
アパレルの原価なんてたかが知れています。

ロット数さえクリアすれば、
安く仕入れすることが出来ますし、

アパレルは“デザイン”などに
価値を置く人が多く

ブランディング次第で高く販売できます。

例えば、
スマホの充電器とかであれば、
充電速度など違いはあるものの
余程画期的なものでなければ
価格は500円~2000円程度と
相場は大体決まっています。

一方、アパレルは
同じ様な品質であっても
価格帯はバラバラです

仮にTシャツが5000円と言われても
高いか安いかは
ブランドやデザインによると
答える人は多いです。

アパレルは製作コストに
関係のないところで
価格が大きく変わります。

商品サイズ

アパレルの商品サイズは
アイテムの種類によって違いは
ありますが

大体、商品サイズは限られています。

特別デカい物があるわけでもないので
その点に限り初心者にも扱いやすいといえます。

生産工場が多い

アパレルは販売数が多いので
当然、生産している工場も非常に多いです。

中国輸入でお馴染みの
タオバオやアリババでも
無数のアパレルの商品があります。

OEMする場合も価格や質、ロット数など
納得のいく工場は他のジャンルより見つかりやすいです。

オリジナリティを出しやすい

アパレルは
サイズ感、デザイン、色合い、
ロゴひとつでも
消費者の受けるイメージは
大きく変わります。

また、生産工場と同様に
アパレルを加工してくれる
ところもたくさんあります。

仕入れたものにロゴを入れたり
ブランドタグを付けるのも
簡単にできるので
OEMをせずとも
オリジナリティを出しやすいです。

 

アパレル販売のデメリット

中国輸入でアパレルを
販売するデメリットは

  • 粗悪品が多い
  • クレームが多い
  • 品質表示タグ
  • 集客が難しい

この辺りです。

 

粗悪品が多い

中国輸入ではしばしば
品質の悪さに悩まされる事が
ありますが、

特に安価なアパレルは
粗悪品が特に多い気がします。

表記サイズと実際のサイズが全然違ったり
縫い目の粗さや糸のほつれはもちろん。
中には異臭を放つものも結構あります。(笑)

信頼できるショップや工場が
あればいいですが、

なければ、検品を強化するか
ある程度の価格帯の物を
扱うしかありません。

クレームが多い

粗悪品が多いということも
ありますが、

アパレルは品質に関わらず
商品画像のイメージと
実物が違うというクレームは
多かれ少なかれあります。

なるべく画像を多く使って
商品の詳細を伝え、
イメージのギャップを
減らす必要があります。

品質表示タグ

家庭用品品質表示法の規定により
アパレルは品質表示を
義務付けられています。

そのため、品質表示タグは必須です。

詳しくは消費者庁 品質表示法のページより確認してみてください。

 

ですが、

中国輸入セラーの多くは
知ってか知らずか
品質表示タグを付けずに
販売しているところは多いです。

まあ、確かに面倒くさいですが
必要なので仕方ありません。

できれば、中国内で
用意したいところなので
生産元に依頼するか、
二次加工してくれるところを
押さえておきましょう。

集客が難しい

アパレルは需要も大きいですが、
非常に競合も多いです。
そのためアパレルは集客が難しいです。

いかにデザイン性の優れた
アパレルを出品しても
商品ページの検索順位が
低ければ誰もその商品に
気付きもしないですからね。

商品ページはみてもらわない事には売れません。

 

中国輸入 アパレルで稼ぐには

初心者がアパレルで稼ぐなら

・用途がはっきりしているものを扱う
・トレンドを取り入れる
・広告費を掛ける

少なくともこれらの内
ひとつは当てはめなければ
厳しいところです。

 

用途がはっきりしているものを扱う

物販ではニーズ(needs)ウォンツ(wants)
理解が非常に重要です。

ニーズとは消費者の求めている必要性の事です。
ウォンツとは商品に対しての欲求になります。

分かりやすく言うと、
ニーズ
「来週はデートだからおしゃれな服が欲しい」
といった状態で

ウォンツ
「今日はハロウィンだからゾンビのコスプレ衣装が欲しい」
という状態です。

基本的にニーズよりもウォンツに
訴える方がはるかに売りやすいです。

そのため用途がはっきりしている
アパレルの方が売りやすいです。

トレンドを追いかける

ビジネスの鉄則は
需要>供給  です。

しかし、アパレルは
非常に競合が多いため
需要<供給
の状態になっている
アイテムは多いです。

アパレルは流行の煽りを
受けやすいジャンルです。

トレンドを取り入れることで
一時的ですが
需要>供給
で販売出来る確立は上がります。

広告費を掛ける

競合が多いジャンルで
自分の商品を見てもらうには
広告を出すのが一番手っ取り早いです。

競合が多いため広告費の
単価も上がりますが、

自分の商品の強みが
デザインだけだというのであれば、
広告を打たなければ売れません。

 

中国輸入 アパレル販売 まとめ

67e23b75bf2e5245f33d3a53bd4f13c3_s

正直なところ中国輸入初心者の方は
あまりアパレルを出品するべきでは
ないと思います。

Amazonとアパレルの相性も
あまり良くないですし、

アパレルは基本的にシーズンものなので
仕入れのタイミングや
在庫調整も難しいところです。

とはいえ、アパレルで儲けている人は
しっかり儲けていますし、
利益率も高いですからね。

どうしてもアパレルを
扱いたいおしゃれさんは
集客の難しさを
理解したうえで扱いましょう。

この記事の担当者

海野
2013年に中国輸入に取り組み始めその後、米国や中国への輸出も行う。現在はオリジナルブランドを育成中で月利は100万円オーバー。将来の目標は今まで培った物販の知識を活かしてモルディブでダイビングショップを開くこと。

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る