ブログ

中国輸出ならタオバオをおすすめする 4つの理由

中国輸出 貿易大学01

タオバオをご存知の方は
多いと思いますが、
中国輸入セラーの
仕入れ先のひとつという
イメージが強いのでは
ないでしょうか?

実はタオバオは中国輸出先
としても優秀です。

タオバオはアリババグループが創立した、
中国最大のショッピングサイトです。

個人でも出店が可能な
淘宝網 タオバオワン(CtoC)と
現地法人である事など、
いくつかの出店基準を満たし
保証金を支払わないと出店できない
天猫 Tmall (BtoC)があります。

今回は中国輸出でタオバオを
おすすめする理由をお伝えしたいと思います。

中国輸出でタオバオをおすすめする理由

中国輸出の販売チャネルで
タオバオをすすめする理由は
いくつかあるのですが

大きな理由としては

      ・タオバオ市場規模
      ・タオバオの決済システム
      ・メイドインジャパン人気
      ・日本人セラーが少ない

の4つです。

タオバオ市場規模

タオバオの中国のEC市場における
シェア率は70%とも80%とも言われており、
中国のEC市場はほぼ独占状態です。
もはやアジア最大です。

タオバオの2015年の流通総額は
1兆8090億人民元、日本円で
約35兆1117億円 (2015年平均レート19.52円)

日本のAmazonの2015年の流通総額は
約1兆6000億円 (米Amazon決算資料)
楽天市場 2015年 流通総額は
約2兆6748億円 (楽天トラベル含む)

Amazonの21倍
楽天市場の14倍の
流通総額となります。
圧巻の数字ですね。

単純な比較はできませんが
巨大なマーケットに出店する
意味は大きいです。
中国輸出にはうってつけです。

タオバオの決済システム

中国輸出に限らず物販ビジネスでは
決済システムは重要な役割を担いますよね。

中国輸出ならば余計に
不安に思うかもしれません。

しかし、その点は心配ないので
安心してください。

タオバオの決済は
アリペイ(支付宝)
使って行われます。

タオバオとアリペイは
eBayとpaypalみたいな関係で、
日本でいうとヤフオクの
かんたん決済などに似ています。

中国輸出 貿易大学02 アリペイ 仕組み
タオバオで商品が売れると
アリペイが購入者の口座の残高から
商品代金を凍結します。
その後、商品を受け取ると
出品者に送金されるので
安心して取引ができます。

ちなみにアリペイもアリババグループで
中国でトップのシェア率を誇る決済システムです。
ユーザー数は8億人以上とか。

さすがアリババグループです…。

メイドインジャパン人気

中国での日本製品の人気の高さは
爆買いって言葉ですっかりおなじみですね。

中国輸入をしている人や
中国に行ったことがある方は皆さん
感じていると思いますが…

中国製品のクオリティは
まだまだ日本製品には及びません。

中国人も自国の製品には
いまいち、信用が置けないらしく
高品質で高機能な日本の製品の方が
信頼度は高いです。

まあ、爆買いの背景には元高・円安や
中国の税制等があったと思いますが、
やはり、日本製品を買いたいという
欲求ありきですので
メイド・イン・ジャパン
の人気は間違いないです。

タオバオでも
炊飯器などの家電商品から
化粧品やオムツなどの日用品など
幅広く人気ですが、
日本ブランドでも中国産で
あれば嫌がる人もいます(笑)

日本人セラーが少ない

タオバオでも最近は日本人セラーが
増えつつありますが、

米国Amazonなどと
比べるとまだまだ
タオバオでは日本人セラーが
少ない印象です。

中国輸出はルールが少し複雑ですし
銀行口座の開設も中国に
行かないと作れなかったりと
色々とハードルがあるので
日本人セラーが少ないのかな
と思います。

ただ…、日本製品を
扱っている中国人セラーは
多いです。
しかも日本製品の画像を使い
偽物を販売するセラーも
少なくはないみたいです。

しかし、中国の消費者にとっても
日本人の信頼度は高く、
日本からの発送は偽物のリスクが
低いことを知っているので
中国人セラーとの差別化は
可能です。

中国輸出 タオバオの注意点

上記ではメリットばかり
あげましたが、

中国輸出をする場合は
中国独自のルールや
中国人の特性も
理解していかなければいけません。

例えば、
中国では関税とは別に
増値税というのが発生したり、
対外貿易権が必要だったり、

まあ、無在庫などで
日本から単品で発送する
場合はほとんど大丈夫ですが…。

また、タオバオでの問い合わせは
即返答を求められたり
中には悪質な購入者もいます。

そして、なんといっても…
言葉の壁ですよね。

英語ならまだしも
中国語となると
馴染みがありませんね。

Amazonの様に
顧客との接触率が
低ければなんとか
なるのでしょうが、

タオバオでは
中国語での顧客対応は
必須になってきます。

いずれにせよ、
中国輸出、タオバオ販売を
していくなら、
ある程度、貿易の知識のある
現地パートナーが必須になります。

この辺りの解決方法は今後の
記事にまとめていきます。

中国輸出ならタオバオ まとめ

中国輸出 貿易大学03
反日感情が強いと言われる中国
でも日本製品や日本人の性格が
信頼されているのはいまだに
不思議な気もしますが…(笑)

中国人の購買欲と
日本製品のクオリティが
成せるわざなのでしょうか。
きっと、良いものは良い
ということですね。

中国輸出はハードルが高めですが
タオバオは見逃せない販売チャネルです。

既に中国人のパートナーがいる方や
米国輸出などで強い仕入れ元が
ある方であれば、
中国輸出でも比較的早く
結果を残すことができると思います。

中国輸出に興味のある方は
是非、タオバオ出店に
挑戦してください。

この記事の担当者

海野
2013年に中国輸入に取り組み始めその後、米国や中国への輸出も行う。現在はオリジナルブランドを育成中で月利は100万円オーバー。将来の目標は今まで培った物販の知識を活かしてモルディブでダイビングショップを開くこと。

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る