ブログ

Amazon輸入ビジネスの有料ツールについての考え方

計画

Amazon輸入ビジネスのための
有料ツールは今ではたくさんあります。

  • 作業時間の短縮化ツール
  • 作業時間の効率化ツール
  • 作業を自動で代行してくれるツール

上手に使えばどれもとても便利なツールです。

物は使いよう」なんて昔から言いますが
ツールはあくまで道具なので、そのツールを
活かすも殺すも使用する人次第という点は
意識しておきたいところですね。

Amazon輸入ビジネスの有料ツールは
大きく分けると以下のように分けられます。

  • リサーチツール
  • 在庫追跡ツール
  • 価格改訂ツール
  • 顧客フォローツール

それぞれの有料ツールの機能について
その考え方をシェアしていきたいと思います。

Amazon輸入ビジネスの有料ツールについての考え方

リサーチ

リサーチツール

有料のリサーチツールはたくさんの
ツールがリリースされています。
「Amazon輸入 リサーチツール」と
調べるといっぱいでてきますね。

 

有料のリサーチツールを使うことの
最大のメリットは「リサーチ時間の短縮
につながるという点です。

 

その反対にデメリットとしては
多くのリサーチツールの共通点として
ASINがつながっていないものは掘り起こせない
という点があります。

 

ASINがつながっていれば商品は見つけやすいです。
ですが、見つけやすいということはライバルにとっても
見つけやすいということが考えられますよね。

 

またツールで掘り起こせるような商品は
他のツール利用者もみている可能性が考えられます。

 

そう考えると有名なリサーチツールよりも
ニッチなリサーチツールもしくはツール利用者が
限定されているようなリサーチツールを選ぶほうが賢いかもしれません。

 

以上のことから

  • ASINがつながっている商品→ツール
  • ASINがつながっていない商品→自力

このようなバランスでリサーチを行っていくのが良いでしょう。

ASINがつながっていない商品の見つけ方については
よかったら僕のブログを参照にしてみてください。

Amazon輸入ビジネスのリサーチで利益がでる商品を見つける特殊な方法

 

在庫追跡ツール

Amazonの商品の売上数を予測するには
モノレートやプライスチェックで予測する
という方法が一般的な方法です。

 

ただ、この方法の欠点はAmazonの
ランキングを追跡するものなので正確な
販売個数がわからないという点があります。

 

その弱点を補い、より正確な販売数を
予測するために出品者の在庫の増減数を
追跡していくれるのが在庫追跡ツールです。

 

この作業を手動でやるのはできなくはないですが
かなり骨の折れる作業ですし非効率なので、
そういった意味では画期的なツールだと思います。

 

ですが、在庫数のデータはすぐに見れるわけではなく
ツールを起動させて日々のデータを集積させる必要があるため
データを見るにはある程度日数が必要になります。

 

これは手動でも自動でも変わらないということは
覚えておきましょう。

 

価格改訂ツール

セラーセントラル内で設定した価格は
とくに変更を加えなければずっとそのままです。

 

Amazonでは一つのカタログページに複数の出品者が
出品するため価格変動が激しいのが特徴です。

最安値より自分が設定した価格が離れていれば
商品はなかなか売れてくれません。

 

そのような自体を避けるためにはこまめに
価格を調整する必要があります。

この手間のかかる価格を調整する作業を
自動で行ってくれるツールが価格改定ツールです。

 

価格が下がりすぎないように設定したり
価格を追跡するコンディションも選べるので
(FBA出品者しか価格を合わせないなど)
作業を大幅に短縮できます。

 

最近Amazonで自動価格改訂機能がリリースされましたが
動作が不安定なところがあり、色々と不具合が多いみたいなので
今のところメリットをあまり感じません。
※2016年9月現在

 

もし、この機能がしっかりしたものになると
価格改訂ツールのニーズはなくなってしまうかもしれません。

 

顧客フォローツール

自分のショップの評価数はとても大事ですが
Amazonでは基本お店の評価をつけてくれる
割合が少ないと言われています。

 

セラーセントラルから購入してくれたお客様
1人1人に評価依頼のメールを出すことは可能ですが
とっても大変です。(ツールを使うまでやってましたが・・・笑)

 

その評価依頼のメールを出すことを自動で
行ってくれるのが顧客フォローツールです。

価格も非常に安価ですし、どこもそこまで価格が
変わらないので早いうちに導入することをおすすめします。

 

まとめ

まとめ

  • リサーチツール
  • 在庫追跡ツール
  • 価格改訂ツール
  • 顧客フォローツール

Amazon輸入ビジネスの有料ツールについて
考え方をそれぞれの機能についてシェアしてきました。

冒頭でもお伝えした通り「物は使いよう」です。
そのためツールを活かすも殺すも全て自分次第です。

 

無料であれば何も考えず取り入れたりすると思いますが
有料となる今の自分との費用対効果を考えて導入するか
判断するとよいでしょう。

 

ちなみに上記の機能全てを網羅しているツールが
amatopia」です。

 

上記の4つの機能+売上分析機能も
今後リリースされる予定です。

 

4つの機能が全て備わっているといっても
全て使わないといけないわけではなく、
自分の使いたい機能だけ選んで使用することができるため
自分の状況に合わせて使えるのが魅力的ですね。

 

サポートもしっかりしていますので、
ツールの導入を検討している方はぜひ
候補の1つとして考えてみてくださいね。

この記事の担当者

倉科
フリーランスのスポーツトレーナーとして活動しながら輸入ビジネスにも取り組む輸入ビジネストレーナー。開始早々月利40万円を達成し現在も利益拡大中。本業を活かしてネットと実店舗を融合させた社会基盤の構築を目指している。
(ブログ)http://trade-road.biz/

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る