ブログ

Amazon輸入ビジネス納品代行利用のタイミングはいつがベスト?

アイディア

Amazon輸入ビジネスでは、いくつか
さけて通れない作業があるのですが、
そのうちの1つに「納品作業」があります。

 

海外から輸入した商品を自己出荷で出荷するのであれば
自宅や契約倉庫に保管していれば良いのですが、
AmazonのFBA倉庫に納品するには

  • 検品
  • ラベル貼り
  • 梱包
  • 出荷

という作業をしないといけません。
ちなみにラベル貼りに関してはFBA倉庫でも行ってくれますが
割高ですし、販売開始になるまで時間がかかるため
おススメしません。

この納品作業なのですが、初めのうちは
物量も少ないので、 そこまで苦に感じないと思います。

ですが、だんだんと物量が増えてくると、時間もかかりますし
単純作業ですし、これがなかなか大変です。
経験者ならわかると思いますが、部屋が大変なことになりますし
部屋がせまいと荷物の圧迫感がすごいです。笑

そんな納品作業を代行してくれるのが
納品代行業者」です。

  • 荷受け
  • 検品
  • ラベル貼り
  • 梱包
  • 出荷

この一連の納品作業を代行してくれるだけでなく、
関税の立替や返品された商品の荷受なども行ってくれます。

ですが、当然自分で出荷するよりもコストがかかります。

そのため、納品代行を利用するのはいつがベストなのか
判断が難しいところですね。

そこで今回はその考え方をシェアしたいと思います。

本業なのか副業なのかでベストなタイミングが変わる

考え方

まず、納品代行を利用するのはいつがベストなのかは
本業か副業かで変わってくると思います。

 

本業の方の場合、副業の方との最大の違いは
時間がある」という点ですね。

 

初めはどうしても自分の時間を削って
利益を生み出すしかありません。

そのため、ある程度のところまでは
自己納品をしたほうがよいと思います。

 

では、その「ある程度」というのはどのくらいなのか?
というと自分の時給を換算して判断するとわかりやすいです。

 

  • 納品作業にかかる時間  1時間
  • 自己納品にかかる費用  10000円
  • 納品代行を利用した場合 20000円

 

例えば上記のような場合、時給は10000円です。
この納品作業にあてる1時間をリサーチにあてたとしたら
10000円以上利益のでる商品を見つけて仕入できる
のであれば、納品代行を利用したほうがいいと思いませんか?

 

便宜上、簡単な数字を用いて説明しましたが
自分の今の能力がどのくらい生産性があるのか
これを常に意識することが、とても大事になってきます。
対照的に副業の方は「時間がない」方がほとんどだと思うので
早い段階から納品代行利用を検討したほうがよいと言えるでしょう。

 

初回くらいは「Amazon輸入ビジネスの全体像をつかむ」という
意味もこめて、納品作業を経験しておいたほうがいいと思いますが
2回目以降は納品代行に利用してもいいと思います。

 

もちろんこれは考え方にもよると思います。
また、自己納品と比べると、納品代行を利用したほうが
どうしてもコストがかかるので、まだ利益が少ないうちは
そのコストが目について、もったいないと感じるかもしれません。

 

ですが、せっかく転送して自宅に商品が届いていても

  • 休日まで納品作業ができなく、数日自宅に商品は眠ってしまっている
  • リサーチに時間を割きたいのに納品作業に時間を割かないといけない

このような状況のほうがもったいないと感じませんか?

自分自身の生産性もさることながら
時間とお金のバランス
これも大事な考え方になってきます。

 

AmazonのFBA倉庫に納品してくる代行業者

貿易

AmazonのFBA倉庫に納品代行してくれる納品代行業者は
たくさんありますが有名なところをいくつかご紹介します。

  • 福富サポート
  • サポートBB
  • ランドクリエイト

福富サポート

福富サポートさんは関西にある老舗物流会社です。
その歴史から信頼と実績はとても高いと聞きます。
アメリカへの出荷も行っています。

サポートBB

サポートBBさんも関西にある物流会社さんです。
価格が他に比べると良心的で、対応も柔軟だと定評があります。

ランドクリエイト

ランドクリエイトさんは関東にある業者さんです。
価格は少し高めですが、サービスの丁寧さに定評があるようです。

 

多くの代行業者のなかから、どこを利用するか選ぶときは

  • 費用対効果
  • サポート体制
  • 信頼実績

この3つの視点がポイントになってきます。

費用対効果は「安さ」だけでなく、荷受けから梱包、出荷までのスピードはもちろん
FBAの倉庫は納品不備があると受領してくれないどころか手数料もとられますので
丁寧さも含め、コストに見合うかどうか総合的な判断が必要になってきます。

 

また、ネット上でのレビューや直接ホームページをみて
参考にするのもよいと思いますが、

 

それよりもまずは「直接問い合わせ」してみるのが一番
代行業者さんの対応を肌で感じられます。

  • 問い合わせ内容への対応
  • 返信のスピード
  • 柔軟な対応

など、様々な判断材料が直接問い合わせすることで
わかると思います。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Amazon輸入ビジネスで納品代行を利用するベストなタイミングは
本業か副業かで、考え方が変わってきます。
ただ、本業の方でも副業の方でも

  • 自分の生産性を常に意識すること
  • 時間とお金のバランスを意識すること

根本のこの2つの部分は変わらないです。

これはその先に通るであろう

  • 外注さんに依頼するとき
  • アルバイトを雇うとき
  • 社員を雇うとき

このような場面でも同じことです。

ぜひ、自分の生産性、資金と時間のバランス、その他の取り巻く
状況を照らし合わせて考えてみてくださいね。

この記事の担当者

倉科
フリーランスのスポーツトレーナーとして活動しながら輸入ビジネスにも取り組む輸入ビジネストレーナー。開始早々月利40万円を達成し現在も利益拡大中。本業を活かしてネットと実店舗を融合させた社会基盤の構築を目指している。
(ブログ)http://trade-road.biz/

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る