ブログ

Amazon輸入ビジネスで使える無料リサーチツール5選とリサーチ方法まとめ

リサーチ

Amazon輸入で肝になってくる商品リサーチ。
みなさんここにかなり注力してることかと思います。

注力する分、一番悩ましくもあり
苦労するところでもありますね。

今回はその商品リサーチの便利なツールや
リサーチ方法の種類などをわかりやすく
まとめてみました。

Amazon輸入で使える無料リサーチツール5選

調査

今では色々なツールやサイト、
GoogleChromeの拡張機能があり、
それぞれを駆使してリサーチしているかと思います。

以下に無料で使えるリサーチツール5選をご紹介します。

 

モノレート

Amazonでのランキング変動がみれるサイト。
10日、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月のタームで変動をみることができ
どの商品がどのくらいランキングが上昇したかで、おおよそ1ヶ月間の売上予測ができる。

 

ただ、1個売れても数個売れても
ランキングは上昇するので
正確に何個売れたかの予測は難しい。

 

また、バリエーション商品やアパレル系は
反映されていることが少なく予測が困難。

 

takewari

商品名やASINをいれることで各国のAmazonの値段を
一括で比較してみることができるサイト。
そのまま商品のカタログページに飛ぶことも可能。

 

SmaSurf

言わずと知れたGoogleChromeの拡張機能。
これを使うとカタログページから各国のAmazonや
モノレート、FBAカリキュレーターなど
様々なページに飛ぶ事ができる。

 

世界価格比較ツール – Amadiff.com

これもGoogleChromeの拡張機能。
Amazonのカタログページにいけば
そのまま各国Amazonの値段を
一括で比較してみることができる。

ただし、これはASINで繋がっていないと表示されない。

 

AMZ Seller Browser

これもGoogleChromeの拡張機能。
カタログの一覧ページにランキング、FBAセラー数、ASINがでるので
カタログを行ったり来たりする必要がなくリサーチ時間の短縮につながる。
個人的には結構好き。

次にAmazon輸入のリサーチの種類についてご紹介します。

 

Amazon輸入リサーチ方法の種類
選択

Amazon輸入リサーチの方法としては大きく
以下の3つに分けることができます。

  • セラーIDリサーチ
  • メーカーリサーチ
  • 関連商品リサーチ

それでは1つずつみていきましょう。

 

セラーIDリサーチ

いわゆる「セラーリサーチ」です。
Amazonの検索で「並行輸入」などと
キーワードから調べるのも良いのですが、

同じように輸入品を扱っているセラーを見つけ
取り扱いしている商品を見つけるほうが最初は効率的でしょう。

 

自分の取り扱い商品と相性のいいセラーを
見つけることがポイントになってきます。

 

ただし、価格設定をしっかりしていなかったり
あえて高値で商品を置いている方もいるので
利益計算をする際にはしっかりとカートの価格を
確認しておく必要があります。

 

メーカーリサーチ

欧米輸入であればメーカー商品がメインになってくるかと思います。
ひとつメーカー用品を見つけたら
Amazonの検索からメーカー名で検索すれば
違うシリーズや型を見つけることができます。

 

例えば「iPhone6」を見つけたとして
「Apple」と検索すれば「iPhone5」や
「MacBook」や「iPad」が見つかる。

 

こんな感じのイメージです。

また、メーカー名ではなくても
「キャラクター名」や「シリーズ名」などで
検索しても良いでしょう。

1つ見つかれば派生して様々な商品を見つけられます。

 

関連商品リサーチ

メーカーリサーチと似ていますが
Amazonのカタログのページをみていくと

  • 「よく一緒に購入されている商品」
  • 「この商品を買った人はこんな商品も買っています」
  • 「この商品を見た後に買っているのは?」

などとあります。

ここを調べていくことで関連商品を派生して調べていくことができます。

 

たまに自己発送の方しか出品していないのに
すごく売れている商品があったり
お宝的な商品が眠っていることもあります。

 

Amazon輸入の有料リサーチツールについて

有料

今までは無料のリサーチについて述べてきました。
ここからは有料ツールについての考え方を書いていきたいと思います。

 

有料リサーチツールにどんなものがあるかザッと調べた結果、

  • ターボAサーチ
  • せどりユニバース
  • あまグラフ(プレミアム)
  • ASINゲッター

本当にザッとですがこれだけありました。
ちなみに僕はどれも使ったことがありません。笑

では、有料リサーチツールを行う上でのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

有料リサーチツールを行う上でのメリット

  • リサーチ時間の短縮
  • ASINがつながっているものを掘り起こせる
  • 費用がかからない

有料リサーチツールを行う上でのデメリット

  • リサーチに時間がかかる
  • ASINがつながっていないものは掘り起こせない
  • 費用がかかる

他にもあるかもしれませんが、おおよそこんなところでしょうか。
書いてみて気づきましたが、
メリットの裏返しがデメリットになるのは当たり前ですよね。笑

 

ASINがつながっていないものは掘り起こせない

さて、この2つの特に大きな違いは

「ASINがつながっていないものは掘り起こせない」

というところです。

ASINがつながっていれば見つけやすいです。
ですが、当然ライバルにとっても見つけやすいわけです。
また、ASINがつながってい商品のほうが利益率が高い可能性があるため、

  • ASINがつながっている→ツール
  • ASINがつながっていない→自力

こういったバランスでリサーチを行っていくのが良いのではないかと思います。

 

Amazon輸入ビジネスで一番大事なこと

特に副業の方は時間がなく効率的に行うためには
ツールという手段はとても良いと思います。

ただ、1つ気をつけないといけないことがあります。
Amazon輸入ビジネスで一番大事なのは

「経験」

「継続」

この2つです。
これが皆さんにとっても最も強力な武器になります。
(もちろんAmazon輸入ビジネス以外でも言えることなのですが)

 

実績をあげている方々は、ほぼ例外なく
リサーチしても商品が見つからない
という泥臭い時期をくぐり抜けてきているかと思います。

 

それを経験してきたからこそ、その経験に裏打ちされた
「目利き」「判断」ができるようになります。

 

ツールを使うことで商品はたくさん見つかるでしょう。
しかし、最終的にそれを仕入れるかどうかの判断をするのはみなさんです。
その判断は「経験」がないとできません。

 

根性論はあまり好きではないのですが、リサーチツールに頼り過ぎると
あなたの「リサーチ力」の成長を遅くしてしまうかもしれません。

 

まとめ

考え

いかがでしたでしょうか?
Amazon輸入ビジネスで使える無料リサーチツール5選と
リサーチ方法をまとめていきました。

そして、最後に僕のリサーチに対する考え方を述べていきました。

 

リサーチツールをうまく活用しながら、
自力でのリサーチでも商品を見つけ、
ドンドン失敗をして経験を積んでいく

 

この繰り返しが皆さんの実績を積み重ねる一番の近道だと思います。
実践するたびに小さな壁や過程がでてくると思いますが1つ1つ乗り越えていきましょう。

 

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

この記事の担当者

倉科
フリーランスのスポーツトレーナーとして活動しながら輸入ビジネスにも取り組む輸入ビジネストレーナー。開始早々月利40万円を達成し現在も利益拡大中。本業を活かしてネットと実店舗を融合させた社会基盤の構築を目指している。
(ブログ)http://trade-road.biz/

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る