ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon輸出
  4. 【2019年版】Amazon輸出の無在庫販売は稼げるの?

【2019年版】Amazon輸出の無在庫販売は稼げるの?

在庫を持たずに販売する無在庫販売

商品が売れてから仕入れるので
在庫リスクが少なく小資金から始められます。

”在庫リスクが少なく小資金でもOK!”

と聞くと学生や主婦の方、
副業サラリーマンの方にとっては
とても魅力的な販売方法だと思います。
僕が一番最初に取り組んだのも
Amazon輸出の無在庫販売で
すぐに結果はでました。

正直、
数年前は大量出品しておけば
誰でも簡単に稼げる感じでしたが
そんな状態は長く続かず、
多くのセラーのアカウントが止まり
消えていきました。。(*_*;

ではAmazon輸出無在庫では
全く稼げなくなったかと言うと
そうでもなくて、
正しいやり方で行っている方は
今でもAmazon輸出無在庫で
かなり稼いでいます!!

稼いでいる人と
稼げない人(アカウントが止まる人)は
一体何が違うのでしょうか??

今回はAmazon輸出の無在庫販売について
考えていきたいと思います。

 

無在庫販売で商品が売れる理由

 

購入者の立場になって考えたとき
無在庫の商品を買う理由はなんでしょうか?

答えは、
値段が安い
又は
FBA出品者がいないからです。

無在庫で商品を売るためには
FBA出品者がいる場合は
最安値で出品して、
FBA出品者がいない場合は
カート価格もしくは最安値で出品する。

これが大前提となります!

そもそも海外のお客さんからみたら
在庫を持っているかどうかは
分からないので、
結局はカートさえ取れていれば
問題なく売れるってことですね。

そしてカートを取る為には
上記のような価格設定が
必要となるわけです。

一昔前に流行ったAmazon輸出無在庫販売

無在庫 昔

冒頭で多くの無在庫セラーのアカウントが止まり
消えていったとお伝えしましが
どのような手法で販売していたのでしょうか?

多くのセラーが実施していた方法は
大きく分けて3パターンあるので
ご紹介しておきます。

【自己中心型】

  1. 大量の海外ASINを集める
  2. 日本ASINがある商品のみ抽出する
  3. 送料や利益を価格に上乗せして大量に出品する

【大量出品型】

  1. ツールにて海外Amazonと日本Amazonの価格差がある商品を抽出
  2. 抽出した商品を海外Amazonに最安値で出品
  3. とにかく大量に出品する(最低でも10万件以上)

【新規出品型】

  1. 日本Amazonにあって海外Amazonにない商品の新規ページを大量に作成する
  2. 相乗りを防ぐ為にASINを一致させない
  3. 価格は自分で決めれるので利益は多めにとる

 

数年前はどのパターンでも
利益は取れていましたが
現在は一部のセラーしか利益が出ない、
もしくは全く売れない方法となっていますで
新規で始めるセラーはマネしない方がいいと思います。

あと、ボタン1つですべて完結系の手法も・・笑

 

Amazon輸出無在庫販売のリスク

 

先程ご紹介した販売方法は何故おススメできないのか?

その答えは
今からご紹介する無在庫販売のトラブルが
大量に発生するからです。

1つずつみていきましょう!

 

ASIN違い

ASINとは

ASINは「Amazon Standard Identification Number」の略で、Amazonグループが取り扱う、書籍以外の商品を識別する10けたの番号です。CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、ゲームなど、書籍以外の商品の詳細ページに記載されています。

Amazonのヘルプページにはこのように記載されています。

世界中のAmazonの共通商品番号のようなものです!

ASIN

しかしこのASINは100%合っているとは限らず
ASINは一緒でもまったく違う商品や
数量が違う商品があります。

その為ASINが違う商品をツールで抽出→出品してしまうと
商品が売れても大赤字、もしくは在庫切れの可能性もあります。

 

商品重量登録違い

こちらもASINと同様にAmazonのカタログ重量や
3辺サイズは100%合っているとは限らないので
実際より送料が高くつき赤字になってしまうことも。。

 

在庫切れ

商品が売れていざ仕入れる際に
在庫がない(^^;)

なんとか商品を探して購入したけど
価格が高くて結局赤字。

無在庫販売あるあるだと思います。

防ぐ為には在庫管理を頻繁にすることが
重要になってくるのですが
大量出品しているとツールの規制上
しっかり在庫管理するのが不可能となるので
在庫切れが多発する恐れがあります。

価格・為替変動による赤字

  • 日本Amazonの価格
  • 海外Amazonの価格
  • 為替

上記の3つは常に変動するので
頻繁に価格改定ができないと
商品が売れたのに赤字になるケースがあります。

こちらも在庫管理と同様に
大量出品しているとツール規制の関係で
頻繁な価格改定ができなくなってしまいます。。

真贋・知的財産の警告

無在庫に限らず、Amazonで販売していると
真贋調査や知的財産権の警告等がきます。

これらは避けては通れないのですが
大量出品しているとその件数も増え、
適切な対応をしないと
最悪の場合アカウントが停止してしまいます。

Amazon輸出無在庫のリスク解決方法は?

紹介したのは一部のリスクでまだ他にもあります。
リスクを0にするのは絶対に無理ですが
減らしたり、最小限にとどめたりして
コントロールすることは可能です!

ざっくりとですが
先程のリスクの解決策を挙げてみました。

ASIN違い
→商品を目視で確認する
(画面上で1度確認するだけで防げます)

商品重量登録違い
→実際に発送した際にかかる送料を基準に
利益計算していく必要があり、
事前にその送料が分かる物流代行業者もあります。
(全セラーの実重量を蓄積している為)

在庫切れ
→頻繁に価格改定ができ在庫が切れたら自動で出品停止をするツールを使う

(ツールが管理できる出品数にする)

価格・為替変動による赤字
→為替変動にも対応し、
頻繁に価格改定ができ赤字になったら自動で出品停止をするツールを使う

(ツールが管理できる出品数にする)

真贋・知的財産の警告
→過去に警告があった商品を出品しない(NGリストの作成)

→警告がきた際の対応を予め決めておく

→出品数自体を減らして警告がくる確率を減らす
出品する商品を厳選する)

 

ハードルが高い内容もあるかもしれませんが
けして不可能ではないですよね(^^)
そして、、
全てツール任せで大量出品しく方法では
これらのリスクはコントロールできないことも
分かっていただけたと思います。

【2019年版】Amazon輸出の無在庫販売は稼げるの?まとめ

 

繰り返しになりますが
Amazon輸出無在庫では
ツールで取得したASINを
大量出品するだけで
稼げる時代は終わったかもしれません。

一方で、現在(2019年)も
Amazon輸出無在庫で稼いでいる人はいます。

  • 物流で特別な割引を持っている
  • 独自のツールを開発している
  • ニッチな卸を開拓している

など他セラーとの差別化をはかり
独自路線で稼いでいる方もいますし、

など無在庫に特化した環境やツールを活用して
稼いでいる方もいます。

前者の方は上級者しか厳しいですが
後者の方なら初心者でもコツコツと
頑張っていけば結果を出すことは可能です。

もしこれから無在庫を販売を始めるなら
無在庫に特化した環境やツールを準備することから
始めてみてください!

それができない場合は、
Amazon輸出無在庫の
リスクが襲い掛かってくることになり
アカウントが停止するので
ebayやBUYMAをおススメします。

それか在庫を持って
FBAに専念する方がいいですね。。

今回の記事が
これからAmazon輸出無在庫を
始めようと思っている方の
参考になれば幸いです!!

この記事の担当者

Taka
再現性の高さに着目し物販ビジネスを始め、会社の給料以上の収入を安定的に得る。現在は法人化し無在庫、FBA両方のAmazon輸出を中心に活動。自身の経験から物販だけにとどまらず、独立・起業をサポートする事業を計画中。
(ブログ)http://ama-tora.com/

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧