Amazon輸出は儲からない?Amazon輸出が抱える問題と解決策

こんにちは。takaです

 

僕のブログ

「Amazon輸出を始めてみたけど

全然儲からないです・・」

というメッセージがちょくちょくきます。

 

儲からない理由として多いのは

リサーチ云々より

予想外の問題が生じて解決できないということでした。

 

たしかにいろいろなところで

Amazon輸出の良い点は紹介されていますが、

問題点やその解決策はそこまで紹介されてないような気がします。

 

そこで今回はAmazon輸出が抱える問題と解決法を

記事にしてみました!!

儲からないと悩んでいる方は

ぜひ参考にしてみて下さい(*^^*)

 

 

Amazon輸出は儲からない?Amazon輸出が抱える問題と解決策

 

無在庫販売の問題点

 

アカウント停止のリスク

 

無在庫販売の一番の問題点は

アカウント停止のリスクが高いことです。

 

Amazonではさまざまな要素を元に

出品者を評価しており、出品者評価が

下がると最悪の場合アカウントが停止します。

 

アカウントを健全に保つには

下記の数字を目安に販売していくわけですが

  • Order defect rate: < 1%
  • Pre-fulfillment cancel rate: < 2.5%
  • Late shipment rate: < 4%
  • Valid tracking rate – all categories: > 95%

これらの数字は特定期間の不良数を注文数で割った数なんです。

そのため取引数が少ない初心者の方は特に注意して下さい

すぐに数値が悪化してしまいます( ;∀;)

 

特にアカウントに影響があるとされている

  • Order defect rate(注文不良率)
  • Pre-fulfillment cancel rate(出荷前キャンセル率)

この2つの数が増えると

一気にアカウント停止の危機に・・

無在庫販売では初心者の方ほど

  • 在庫切れ
  • 発送遅延
  • 禁止商品の出品
  • 禁止メーカー出品(知的財産権)

などのトラブルが起こりやすく、運が悪いと

開始早々アカウント停止になる可能性もあります

 

評価が低いと売れにくい

では、取引数を増やしていけば

いいのでしょうか?

残念ながら無在庫を始めたばかりの人は

取引数を思うように増やせません。

 

ほとんどのお客さんは

  1. FBA出品者
  2. カート取得者
  3. 最安値(評価高)
  4. 最安値(評価低)

の順で商品を購入していきます。

「カートが取れなくても

最安値で出品すればいい」

と思うかもしれませんが、

無在庫販売では価格改定を

基本的にツールで行うので

カート価格=最安値になっている

ことが多いです。

 

評価が高いセラーが

最安値に君臨しているので、

評価が低いうちは売れにくい状態が続きます。

 

評価が貯まりにくい

これは無在庫販売に限らず

FBA販売でも同じですが

Amazonのお客さんは

なかなか評価をつけてくれません

評価を増やすにはある程度の取引数が必要になってきます。

 

ただ、先ほどお伝えしたとおり

無在庫販売を始めたばかりの方は

なかなか売れないので取引数自体が増やせないのです。

 

売れない

取引数が少ない

評価が貯まらない

 

無在庫販売では

まず評価を貯めることが

最重要課題になってきます。

 

ライバルが多い

無在庫販売は小資金で始められて

在庫リスクも少ないので参入者がとても多いです。

 

特に初心者のライバルが多い傾向にあります。

そのため、始めたばかりの方は

「まったく最安値がとれない」

「価格崩壊が起きている」

「出品者が多すぎる」

と感じているはずです。

 

返品・返金が多い

 

商品の返品返金依頼

どんな物販でも一定確率で起こりますが

アメリカは返品・返金が

当たり前の文化なので結構頻繁に起こるんです。

 

その為ノーリスクで始めた無在庫販売でも

思わぬ形で赤字を出すことがあります。

 

無茶苦茶な理由の返品・返金でも

Amazonは”顧客至上主義”を徹底しているので

もちろんすべてを受け入れてしまいます。

 

梱包発送が手間

無在庫販売では商品が売る度

1個ずつ梱包発送する必要があり

数が少ない内はいいのですが

増えてくるとかなりの負担に。。

 

僕も昔、自宅で商品が山積みになっているのをみて

ゾっとした覚えがあります。

 

近くに24時間やっている郵便局があったので

深夜によく出しにいってました(^^;)

FBAが使えないのは大きなデメリットと

言えます。

 

FBA販売の問題点

 

手数料・倉庫保管料がかかる

FBAの手数料は安いのでそんなに

問題点ではないかもしれません。

ただし、$10以下の商品はFBAを使ってしまうと

ほとんど利益が取れないので注意して下さい。

Amazon輸出 FBA

上図の商品の場合、$10で販売して

仕入れ値「0」円で計算しても$5.97しか残りません。

このように安い商品はFBAを使うと利益が取りにくいのです。

 

在庫リスク

 

在庫を持つので売れ残るリスクがあります。

売れ残った在庫は過剰在庫となり

資金繰りを悪化させます。

 

逆に商品が予想よりも売れて

品切れ状態になることもあります。

これは販売機会を損失したことになるので

避けなければならないことです。

在庫管理の難しさは

FBA販売のデメリットといえるでしょう。

 

仕入れから販売まで時間がかかる

 

国内せどりなどで日本のFBAを使う場合は

気になりませんが、

海外のFBAを使う場合、商品を仕入れてから

販売するまで時間(リードタイム)

が結構かかってしまいます。

販売が遅れると入金も遅れ

資金繰りが悪化してしまいます。

 

ライバルがすぐ増える

FBA商品は目立つので

すぐライバルに見つかって

相乗り出品されます。

 

ライバルが増えすぎて

出品できなくなる商品も・・

 

利益が取れる商品を見つけても

ずっと同じ商品で稼ぎ続けるのは

とても難しいです

 

解決策は?

education-548105_1280

無在庫

  • アカウント停止のリスク
  • 評価が貯まりにくい
  • 売れにくい
  • ライバルが多い
  • 返品・返金が多い
  • 梱包発送が手間

無在庫販売のデメリットを解決するには

まず評価を貯める必要があります。

評価を貯めるには

  • 取引数を増やす
  • 評価してくれる確率をあげる

この2点が重要になってきますので

ひとつずつ見ていきましょう。

 

取引数を増やす

まず取引数を増やす方法ですが

ここで重要なのは評価「0」のうちは

利益をそんなに求めないことです。

 

手動又はリサーチツールで見つけた商品の中で

最安値出品しても赤字にならなければ

どんどん出品していきます。

 

ただ、それだけだとなかなか売れないので

※ツールで見つけられない商品も

合わせて最安値で出品していきましょう。

 

※ASINが繋がっていない商品

 

そして重要なのが

出品商品は必ず自分で確認することです

 

出品している商品を確認することによって

アカウント停止、赤字リスクを大幅に減らすことができます。

 

商品を確認せずにツールで大量出品して稼げたのは

過去の話です。

出品ペースが落ちても、

アカウントを守ることを第一に考えましょう(^^)

 

ちなみにもっと早く取引数を増やしたい場合

FBA販売を取り入れる方法もあります。

 

あくまでも評価を増やすのが目的なので

ライバルが少なく高回転率で良質の商品を出品していきましょう。

日本の文具やキッチン商品は安くて良質な商品が多いので

評価を貯めるには最適です☆

 

評価してくれる確率をあげる

次はお客さんが評価してくれる確率をあげる方法です。

  • 評価依頼
  • 梱包時に差別化

評価依頼は商品がお客さんの手元に届いた後に

メールで行いましょう。

評価依頼を行うことによって

評価してくれる確率は上がります。

 

商品が売れだすと手動でやるのは手間に

なってくるので顧客フォローメール機能がついてる

ツールを使うのがいいと思います。

(無料で使えるツールもあります)

 

又、梱包時に以下のような取り組みをして

お客様の期待値をいい意味で裏切れば

評価をもらいやすくなりますので

評価が少ない方はぜひ試してみてください☆彡

 

  • サプライズプレゼント
  • サンクスカード
  • 丁寧な梱包
  • 強化ダンボールの使用

 

 

取引数が増えてくると

返品・返金も増えてきます。

これは仕方がないことですが

あまり高額な商品を扱うと

返品・返金になった時の

ダメージが大きいですよね(^^;)

なので利益が出始めるまでは

※低価格の商品を中心に扱って

何かあってもすぐに返金できる

ようにしておきましょう!!

評価が貯まるまではクレームがあっても

お客さんと戦わずにすぐ返金する方がいいです。

とても悔しいですけど・・・笑( ;∀;)

 

※低価格($35未満)の商品は

FBAでもプライム会員以外は送料がかかるので

FBA出品者がいても売れる可能性があります。

(少しでも安く買いたいお客さんは無在庫を選びます)

 

 

評価が貯まってくると

沢山売れるようになりますが

今度は梱包発送が大変になってきますので

  • 外注化する
  • 発送代行業者を使う
  • 家族に手伝ってもらう

この3つのうちのどれかを選びましょう。

 

特に副業でAmazon輸出を始める方は

全部自分一人でやろうとすると

必ずパンクしますので

自分がやり方を覚えたらすぐに

他の方に任せたほうがいいです。

 

今は手数料100円~200円で

梱包・発送してくれる業者もあるので

有効活用した方がいいと思います☆

 

FBA販売

  • 手数料・倉庫保管料がかかる
  • 在庫リスク
  • 仕入れから出品まで時間がかかる
  • ライバルがすぐ増える

$10以下の商品は手数料・倉庫保管料がかかるので

FBAだと利益が出にくいですが、

卸を取ったりして安く仕入れることが

できるなら出品するのもありです。

FBAのライバルが少なく高回転率の商品が

多いので評価や取引数を急激に増やすことが

できます!!

 

在庫リスクについてですが

  • 過剰在庫を防ぐ
  • 品切れを防ぐ

この2点をしっかりと意識して

適切な在庫管理を行えばリスクを

最小限に抑えることができます。

 

ただ、すべての商品を同じように

在庫管理していては商品数が増えると

ものすごく手間がかかってしまいます。

なのでポイントとしては

すべての商品を同じように扱わないことです

(例)

売上げの上位20%は手間をかけて在庫管理。

一つひとつの商品の売れ行きを予測して

品切れを出さずに過剰在庫も防ぐ

売上げの上位20%以外は手間をかけずに在庫管理。

ある一定の数まで在庫が減ったら、追加納品する。

過剰在庫しないことに意識を注ぐ

 

このようにメリハリをつけた在庫管理が大切です

 

仕入れから販売までの時間

FBA納品代行業者によって大きく異なります

  • 仕入れた後、自宅へ送らず直接業者へ送れる
  • アメリカFBAへ直送できる

このような代行業者を使うことによって

販売までの期間を短くすることができます。

FBA納品代行業者の詳細は

Amazon輸出代行会社を選ぶ際に知っておきたい5つのこと

をご覧ください。

 

 

既存のカタログに相乗り出品である以上

ライバルがすぐ増えるのは仕方がないことです

特にツールで簡単に見つかって

小売りで利益がでる商品は

一瞬でライバルが増えます。

 

ライバルが少ない商品を出品したい場合、

小売りで利益が出ない商品の卸を取るか、

無在庫同様にツールで見つけられない商品を探しましょう。

 

安定して利益を上げるには

常に新規商品をリサーチしていくしかありません。

ただ、すべて自分でやる必要はなく、

リサーチ法が確立したら徐々に

外注さんにリサーチをお願いしていきましょう

新規商品が継続的に見つかる仕組みをつくることが

大切です。

 

Amazon輸出が抱える問題と解決策~まとめ~

 

いかがでしたでしょうか?

ノーリスクでメリットしかない

言われている無在庫販売でも意外と

問題点はありますよね(^^;)

もちろん問題が解決されたからといって

必ず儲かるわけではありませんが、

知らないと将来つまずくことになります。

 

Amazon輸出を続けていると

今回紹介した以外の問題にも

直面すると思いますが必ず解決策はありますので

諦めずに続けてみて下さい(^^)v

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事の担当者

Taka
副業時代から物販ビジネスに取り組み、会社の給料以上の収入を安定的に得る。現在は法人化し無在庫、FBA両方のAmazon輸出を中心に活動。自身の経験から物販だけにとどまらず、独立・起業をサポートする事業を計画中。
(ブログ)http://ama-tora.com/

関連記事

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る