ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon
  4. 新型コロナウイルスによるAmazon販売への影響は?【適切な対応法について解説します】

新型コロナウイルスによるAmazon販売への影響は?【適切な対応法について解説します】

Amazon輸入・Amazon輸出・中国輸入など、Amazon販売でビジネスをしている方の中には、新型コロナウイルの流行により大きな影響を受けた方がいるでしょう。

物流の遅延や航空便の運休などにより、病むを得ず注文をキャンセルしたり出荷が遅延している状況の方が多いと思います。

新型コロナウイルスの影響で注文キャンセルが相次いだという方もいるかもしれませんね。

このままでは、アカウントリスクに繋がり兼ねません。

 

そこで、Amazonではそんな出品者に対してアカウントを守るための「新型コロナウイルスに対する対応」を行っています。

度々新型コロナウイルスに関する情報がAmazonからも通知されていますので、今まで確認するのを怠っていた方はこの機会に確認するようにしてください。

 

 

 

新型コロナウイルスによるAmazon販売への影響は?

Amazon販売において、新型コロナウイルスに影響で売上が極端に悪くなったり、アカウントの健全性が下がったりしている方が大半かと思います。

購入者が新型コロナウイルスへの感染を恐れて、注文キャンセルを依頼してくることも多いでしょう。

 

また、国内便・国際便ともに遅延や運休が相次いでいるため、仕入が出来なかったり商品の発送が遅延するなどのトラブルが多発している事と思います。

自宅で仕事ができるという面では新型コロナウイルスの影響を考えずに作業ができるものの、こういった販売の面では大きく影響を受けやすいです。

アカウントのパフォーマンスが悪くなると、カートの獲得率が下がったり購入者からの信頼が下がるだけではなく、最悪の場合アカウントの停止や凍結の可能性が上がります。

 

しかし、今回の場合は「病むを得ない事情」になりますから、Amazon側もしっかりとサポートしてくれます

新型コロナウイルスに限らず、今後もこのような事態が起こったときの為に対策法を知っておくと安心ですね。

 

 

新型コロナウイルスへの影響で出品アカウントが危機?適切な対応法とは?

Amazonからの通知やメールを細かくチェックしている方であれば既に知っているかと思いますが、Amazonでは新型コロナウイルスが原因で出品アカウントのパフォーマンス指数に影響が出ている場合は、直近のパフォーマンスを評価で不測の事態が考慮されます。

 

新型コロナウイルスの影響に関してAmazonから届いた通知を詳しく見てみましょう。

【重要】新型コロナウイルス感染症の影響に関する通知

Amazonでは、新型コロナウイルス、およびこれに関連する行為が、世界中の多くの方々に影響を及ぼしていることを認識しています。

上記の問題が、出品者様の業務に影響を与える可能性がある場合は、Amazon 出品用アカウントの健全性を守るために、予防策を講じることをおすすめします。これらの予防策には、以前受注したが出荷できなくなった注文のキャンセル、出品用アカウントのステータスを休止中に変更する、または在庫に対し対策を行うことなどが含まれます。詳しくは、以下の関連ヘルプページをご確認ください。

新型コロナウイルス、およびこれに関連する事象によって、出品者様のパフォーマンス指標が影響を受けている場合は、セラーセントラルでパフォーマンス通知に返信する際に、出品者様のビジネスが受けた影響について、背景をご記載ください。出品者様のアカウントの直近のパフォーマンスを評価する際に、今回の不測の事態が考慮されます。

もし新型コロナウイルスが原因で大量に注文キャンセルが相次いだ場合などは、出品者のパフォーマンスに影響しないという事ですね。

今現在、新型コロナウイルスの影響を受けてAmazonの出品者パフォーマンスが悪化している方はAmazonに連絡する事で改善できそうです。

 

出品ステータスを「休止中」にするという対策法も有効ですね。

休止中は商品の出品が停止されている状態なので注文が一切入りません。

売上には影響しますが、出品アカウントを守るという面では一番有効な対策でしょう。

 

以下のような場合はAmazonの指示通りに対応すれば、出品者のパフォーマンスに反映されるのを防ぐことが出来ます。

受注したけれども、突然出荷できなくなった注文をキャンセルするにはどうすればよいですか?

注文を出荷できないことがわかった場合は、マーケットプレイスメッセージ管理を使用して購入者にこの情報を伝え、その理由を説明し、正式なキャンセルリクエストを送信するよう依頼してください。

購入者が正式なキャンセルリクエストを送信する場合は、 注文のキャンセル の 標準のキャンセル手順(出品者のパフォーマンスに影響を与えません) の手順に従ってください。

購入者が正式なキャンセルリクエストを送信しない場合は、注文をキャンセルし、購入者に通知してください。

このキャンセル手順は、出品者様のパフォーマンス指標に影響する可能性があります。ただし、マーケットプレイスメッセージ管理を使用して購入者に通知したことが確認できた場合は、出品者様のアカウントの最近のパフォーマンスを評価する際に、この不測の事態を考慮いたします

購入者がメールを見ていなかったりして対応しない場合でも、マーケットプレイスメッセージ管理を使用して購入者に通知していれば考慮してパフォーマンスの評価をつけてくれるようです。

新型コロナウイルスの影響(仕入れ不可や発送不可、購入者によるキャンセル)で注文キャンセルになったり出荷遅延になる商品は、早め早めに購入者にメッセージを送っておきましょう。

 

最後に

新型コロナウイルスによるAmazon販売への影響は?について、また、適切な対応法について解説しました。

Amazonでは新型コロナウイルスの影響を考慮した対応が行われていますので、出品アカウントの健全性については心配いらないでしょう。

 

売上に大きく影響を受けていたり、販売が出来なくなっているという方も多いと思いますが、新型コロナウイルスを乗り越えるまで一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

 

以下は当サイト推奨の輸出入ビジネスツールアマトピアの開発者メルマガ登録フォームです。

メールマガジン登録
     配信先メールアドレス
 

申し込みの際に「貿易大学」か「合同会社Linotie」の名前を紹介者欄に記載していただくと3ヶ月継続のタイミングで貿易大学で行なった12ヶ月分のセミナー資料を特典として受け取ることが可能になっています。各セミナーは過去に3万円で行われたセミナーの資料なので3万円×12=36万円分の価値があります。(特典を受け取るには3ヶ月経過時に申請が必要です)

 ぜひツールと一緒にご活用ください。

 

関連記事