ブログ

Amazon輸入で初心者の方が儲かるようになるための抑えるべきポイント

何を始めるにも初めは不安はつきものです。
それは輸入ビジネスも同じで

  • ちゃんと売れるだろうか?
  • 失敗しないだろうか?

と考えてしまう経験は誰もが
一度はあると思います。

時には

  • 輸入ビジネス 失敗
  • 輸入ビジネス 儲からない

なんて調べていませんか?笑
Amazon輸入で初心者の方が儲かるようになるためには
当然抑えるべきポイントがあります。

それはまず初心者の方がついつい行ってしまいがちな
儲からない方法を知っておくことです。

Amazon輸入で初心者が行いがちな儲からない方法

狙い ミス

  • てきとうな利益計算
  • 勘に頼る仕入れ
  • 適正な販売価格に設定しない
  • 最安値を更新
  • 実践量不足

てきとうな利益計算

輸入ビジネスでは数値管理がカギを握ります。
そのため、仕入利益計算や売上管理などの
数字管理がテキトーだと当然儲かりません。

おもに利益率、回収率、キャッシュフロー、
この3つの数値管理はとても大切です。

数値が苦手な人もここは避けては通れませんので
少しずつでも慣れていく必要があります。

勘に頼る仕入れ

これも結構ありがちなパターンです。

よっぽどセンスがある方や経験者なら話は
変わってきますが、初心者の方が自分の勘だけで
仕入れをしていては、まずうまくいかないでしょう。

人間の感覚って結構曖昧です。
そこには自然と自分の好き嫌いや嗜好が入ってしまうものです。

仕入れの際は数値分析に基づいた自分のルールを作って
それに従って仕入れるようにしましょう。

適正な販売価格に設定しない

Amazonで販売する場合、販売価格は
目まぐるしく変わります。

こまめに設定していないとカートボックスの
獲得率が減り、なかなか商品は売れてくれません。

そのためツールを早めに使うか、もしくはこまめに
価格設定する等する必要があります。

管理をおろそかにしないようにしましょう。

最安値を更新

適正な販売価格に設定しないと上記で
記載しましたが、

適正な販売価格=最安値を更新

ではないので気を付けましょう。

初心者の方はなかなか商品が売れないと不安になり
単独カートを獲得する価格まで値段を下げてしまう
というのは結構多いです。

不良在庫を抱えてしまったり、損切りする場合は
そのような方法も時には大事ですが、

普通の単純転売の相乗り出品で単独カートを常に
獲得できる状態でいると必ず価格競争が起こります。

価格まで下げてもいいことはありませんので
価格設定は十分気をつけましょう。

実践量不足

石の上にも三年

なんて言ったりしますが
ある程度実践を積まないと
やはり結果はついてきません。

どのくらいやればいいのか?

というと人それぞれなので
一概には言えませんが

自分が納得する結果が得られるまでは
努力は必要になってくると思います。

初心者の方が儲かる狙うべき商品

狙い 成功

さて、ここまで初心者が行いがちな
儲からない方法を紹介してきました。

逆にいうと、この5点に気をつければ
成果に繋がりやすいということですね。

この5つを把握したら初心者の方は
初心者の戦い方を身につけるようにしましょう。

Amazonはお小遣い稼ぎのセラーから
大企業までが同じように販売できる
オンラインモールです。

ただ資金力がある大企業がメーカーから
直で仕入れしている商品を個人が
小売から仕入れて販売しても
歯が立たないのは想像できますね。

では、卸を狙えばいいのかというと
卸だとロット数が多くないと
仕入れできない場合が多いです。

販売経験やビジネスの流れ、商品リサーチに
慣れていない状態というのを考えると

まずは小売仕入の単純転売が
一番低コスト、低リスクで始められる
方法であると思います。

では、単純転売でもしっかりと利益を上げていける
ねらっていくべき商品とはどんなものでしょうか?

ランキング10000位以降の商品

これはジャンルにもよりますが
ランキング10000位以降の商品
中心に狙っていきましょう。

10000位というのは直前のランキングではなく
3ヶ月平均で10000位以上のものという意味です。

平均ランキングはモノレートですぐ確認できます。

10000位以下はよく売れる商品群なので
扱いたいのはヤマヤマだと思います。

ですが、この辺はみんな扱いたがる商品ですし
卸など独自の仕入ルートを持ってないと
価格競争に勝てない商品のエリアでもあります。

大きく利益をあげるためにはゆくゆくは
このエリアの商品も扱っていく必要がありますが

小売仕入ではまず10000位以降の商品のほうが
利益がしっかり残る商品が多いので、ここで
経験を積み上げましょう。

個人的には30000位くらいまでの商品
扱いやすい狙い目だと思います。

仕入れ原価の低いもの

欧米輸入を進めていく上で大事なことは
資金を減らさないということです。

商品単価が高いほうが利益率が低くても
利幅があるから儲けられる

と考える方もいると思います。
確かにそれも一理あるのですが

全てが初めての場合、あるいはまだ輸入ビジネスに
慣れていない状態ですと様々なトラブルや失敗を経験してない分
思わぬところでつまづいてしまうケースが想定できます。

最悪を想定すると仕入れた商品が輸入できない
あるいは販売できない状態になってしまった場合
まるまる仕入れに使った資金がパアになります。

そうなったとき仕入れ原価の低いものであれば
被害が最小限で抑えられますが、仕入れ原価が
高いと資金ダメージが大きくなってしまいます。

大げさ過ぎと思われるかもしれませんが、あらゆる
リスクは把握・想定しておくことが必要です。

高額の商品を扱うのは少しずつ輸入販売に
慣れてからでも遅くないです。

まとめ

狙い 笑顔

Amazon輸入で初心者の方が儲かるようになるためには

初心者の方が行いがちな儲からない方法を知り、初心者なりの戦い方で
しっかり経験と利益を積んでいきましょう。

ということでご紹介してきました。

誰もが結果を早く求めてしまうのは心情だと思いますが
初めからいきなり一発当ててやろうと思わず、
実践も失敗も積み重ね堅実に実績を積んでいくよう
心がけていきましょう。

これから輸入ビジネスを始める、あるいは始めたばかりの
皆さんの参考になれば幸いです。

この記事の担当者

倉科
フリーランスのスポーツトレーナーとして活動しながら輸入ビジネスにも取り組む輸入ビジネストレーナー。開始早々月利40万円を達成し現在も利益拡大中。本業を活かしてネットと実店舗を融合させた社会基盤の構築を目指している。
(ブログ)http://trade-road.biz/

関連記事

Facebookページの購読はこちら

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る