ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon輸入
  4. 個別コンサルティングを申し込む時に気をつけたいこと【Amazon輸入ビジネス】

個別コンサルティングを申し込む時に気をつけたいこと【Amazon輸入ビジネス】

輸入ビジネスを開始する際に1つの選択肢として
個別コンサルティングを受ける
という選択肢があります。

結論からいうと、自分で1から調べて始めるのと
すでに実績を出している方に教わりながら始めるのと
どちらがよいか時間や労力をふまえ考えた時に

少しでも必要性を感じるのであれば
コンサルティングを申し込むことは
とてもよいと思います。
(もちろん資金的に余裕が必要です)

例えばダイエットしようと思った時に
自己流でダイエットするのと専門的な知識や
技術をもったトレーナーについてもらいながら
ダイエットするのとでは後者のほうが結果が
でやすいのが予想できると思います。

それと同じで輸入ビジネスでもすでに実績を
出している人から教えてもらって始めたほうが
成功率もグンと高くなるでしょう。

ただコンサルティングを申し込む場合には
事前に気をつけておくべきことがいくつかあります。

個別コンサルティングを申し込む時に気をつけたいこと

チームワーク

  • そもそもコンサルティングとは?
  • コンサルティングの選ぶときのポイント
  • 受講するときの心構え

そもそもコンサルティングとは?

コンサルティング (consulting) とは、企業(まれに行政など公共機関)などのクライアントに解決策を示して その発展を助ける業務を行うことである。 または、職種としてその業務そのものを指す。 「コンサルティング」とは語義的には「相談に乗ること」であるため、広義にはほとんどの企業が取引先に対して コンサルティングを行っていると言うことも出来る。
wikipediaより抜粋、引用

コンサルティングとはこのような職種、あるいは
業務内容のことを指します。

大手の企業には経営顧問・経営コンサルティングといった
経営をサポートする方がついているケースが多いのですが
大金を払ってまで、そういった方を雇う=それだけ会社に
メリットがあるからということに他なりません。

規模は違えど個人でもその考え方の基礎は同じです。

上記を引用して輸入ビジネスに当てはめると
輸入ビジネスの個別コンサルティングは

受講する側の業務(輸入ビジネス)の発展を助ける業務

であると言えますね。

コンサルティングの選ぶときのポイント

個別コンサルティングを受けたほうが成功率は上がると
書きましたが、当然これは指導者によります。
ネットでは知り得ない情報も交えながら
事細かく丁寧に教えてくれる方もいますが
なかには

  • ステップメールからデータを渡して終わり
  • 結果が伴わない場合、作業量が足りないの一辺倒

といった方もいるようです。

確かに知識やノウハウも大切なのは間違いないのですが
受講される方の特徴や状況をふまえ考えサポートするから
個別」コンサルなわけですから

知識やノウハウばかりをアピールしている方には
注意が必要ですね。また、

  • 英語は必要ない
  • 資金0から始められる
  • 誰でもできる

と言ったことを謳っている方も同様です。

英語力も資金もある程度はないと厳しいですし
再現性の高い低いはあるにせよビジネスにおいて
誰でもできるなんてことはありません。

指導者の方は資金がなくても成功したかもしれませんが
指導者は受講するあなたではありません。

ですから、自分ができたのだからあなたにもできます!
なんてことはありえませんよね。

  • ①知識やノウハウばかりをアピールしていない
  • ②夢をみさせるようなことを言わない
  • ③個々にあった内容を考え提案してくれる

これらをしっかりとわきまえている方かどうかが
よい指導者を選ぶうえでのポイントかと思います。

①、②に関してはその方のブログやメルマガを
読み込むことで、③に関しては直接問い合わせ
したり質問したりして、その返信で何となくは
読み取れると思います。

受講する側の心構え

ここまでよい指導者を選ぶうえでみるべき
ポイントについて書いてきましたが
受講される方の心構えにもポイントがあります。

コンサルティングはあくまでサポートしかできない

結局コンサルティング側は受講される方の
サポートしかできません。

コンサルティングは受講する側の業務の発展を
助ける業務なので、アドバイスやサポートは
できても最後にやるのは受講された方です。

コンサルティングに申し込めば
自然と儲かるようになる

という考えで申し込んではなかなか成果に
結びつけるのは難しいのが現実です。

その点をわきまえた上でコンサルティングに
申し込むようにしましょう。

自分で考えるクセをつける

よい指導者であれば質問すれば何でも
丁寧に答えてくれると思います。

ですが、長期的な視点でみたときに
その関係では「長く稼ぎ続けるための考え方
というのは身につきにくくなってしまいます。

何でも質問して答えや解決策を提示してもらってては
すぐに問題解決できて一見いいように感じますが
自分で考えるという事をしないで済んでしまいます。

そのためコンサル契約が終わった後

  • 自分で判断ができない
  • 自分の判断に自信がもてない

という状況にならようにすることが大切ですし

コンサルティングに申し込む目的は

長く稼ぎ続けるための方法や考え方を身につける

ためであると思います。

初めは右も左もわからないと思うので
どんどん質問してましょう。

ですが、ある程度流れをつかんだら徐々にでよいので
自分で考えるクセを身につけるように意識することを
おススメします。

まとめ

チームワーク

個別コンサルティングを申し込む時に気をつけたいことを

  • コンサルティングを選ぶときのポイント
  • 受講する側の心構え

という視点から書いていきました。

世の中には色々な考えをもった人がいます。
コンサルティングを申し込む際には今回
書いてきた内容もそうなのですが、

  • 自分に合っているかどうか
  • その方の考え方に共感できるか

も大事な要素になってきます。
それらをしっかりと見極めてから判断しましょう。

皆さんがコンサルティングを選ぶ際に
この記事が役にたてば幸いです。

この記事の担当者

倉科
フリーランスのスポーツトレーナーとして活動しながら輸入ビジネスにも取り組む輸入ビジネストレーナー。月利300万円を達成し法人化。現在はさらなる飛躍のため貿易業の規模拡大と並行して、スポーツ業界でネットと実店舗を融合させた社会基盤の構築を目指している。
(ブログ)http://trade-road.biz/

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧