アマゾンのFBAシュミレーターとは何か?【 使い方や活用法も解説】

amazon輸入などの
amazonビジネスでは
正確な利益計算が大切です。

しかし、アマゾンには
カテゴリー別に手数料が違ったり、
FBA手数料があったりと、
手数料がとても複雑になっています。

そんな時に
計算をとても簡単にしてくれるのが
アマゾンのFBAシュミレーターです。

今回はアマゾンの
FBAシュミレーターとは何か、
そしてその使い方や活用法を
解説していきます。

関連:FBA(フルフィルメントby Amazon)とは何か?【送料や手数料、手順などをわかりやすく解説】

アマゾンのFBAシュミレーターとは何か?

アマゾンが提供している
FBAシュミレーター」とは
手数料を自動で算出し、
利益計算を行ってくれる無料ツールの事です。

FBAと書いてありますが
自社発送の場合の利益計算も可能です。

自社発送とFBAを利用した場合の
利益を比べる事も出来るので
とても便利です。

仕組みもとてもシンプルなので
使いやすくなっています。

FBAシュミレーターの使い方

まずは、
FBAシュミレーターを開きます。

検索窓に
商品名またはASINを入力して
商品を検索します。

この時にざっくりした商品名だと
沢山候補が出てきてしまったり
商品が出てこない場合があります。

ですので、検索の際は
商品名をフルで入力するか
ASINを入力すると確実です!

商品を見つけたら「選択」します。
今回は下の商品を使って計算してみます。

FBA利用時の利益計算で
入力する項目は3つになります。

  • 商品代金=販売予定の価格
  • Amazonへの納品=FBAセンターまでの配送料
  • 商品原価=仕入価格

それぞれ入力していきます。

これらを入力したら「計算」を押します。
すると、純利益純利益率
瞬時に計算されます◎

この商品でFBAを利用する場合、
純利益が1415円、
純利益率が23%という事が分かりますね^^

この時表示されている手数料は
アマゾンに登録されているデータに
基づいた手数料が自動で算出されています。

なので、まだ誰もアマゾンに
登録していない商品の場合は
自分で寸法や重さを入力する
必要があります。

また、FBAシュミレーターでは
手数料にかかる消費税は
含まれていません。

高額商品の手数料の消費税などは
別でしっかり把握しておきましょう。

キャンペーンなどで
手数料割引をやっていても
反映されないので注意してください。

FBAシュミレーターの活用法【自社発送とFBAの比較】

次に、FBAシュミレーターを
使って自己発送とFBAの
比較をしていきたいと思います。

先ほどの商品を例に見ていきます。
自己発送の利益計算で
入力する項目は4つになります。

  • 商品代金
  • 配送料=購入者に請求される配送料
  • 出品者出荷の費用=注文を出荷するのにかかる商品あたりの費用合計
  • 商品原価

それぞれ入力していきます。

すると、一瞬で
自己発送時とFBA利用時の
純利益を比べる事ができます。

今回の場合、
自己発送時とFBA利用時での
利益の差は78円差です。

たった78円しか
変わらないのであれば
圧倒的に効率の良い
FBAの利用が良いですね^^

下のようにグラフも
出てくるので、
自社発送とFBAの比較もしやすいです。

梱包や出荷にかかる時間や手間
などを考慮して、
自己発送かFBAを利用するか
考えるようにしましょう。

最後に

アマゾンの
FBAシュミレーターとは何か?
FBAシュミレータの使い方と活用法
を解説しました!!

amazon輸入などの
amazonビジネスで正確な利益計算を
する為にも、

FBAシュミレーター
欠かせません^^

自己発送かFBAか…
FBAシュミレーターで
しっかりシュミレーションを
する事で適切な判断が出来ます。

是非活用して、
amazonビジネスの利益計算を
簡単にしましょう!

関連:Amazon輸入ビジネスでかかる関税は?失敗しない利益計算の方法

この記事の担当者

野口 栞
野口 栞
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

150人限定の物販コミュニティ

限定コンテンツ


ページ上部へ戻る