ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon
  4. AmazonのFBAマルチチャンネルサービスって何?【利用方法も解説します】

AmazonのFBAマルチチャンネルサービスって何?【利用方法も解説します】

AmazonでFBA販売をしている方で、Amazon以外の販売チャンネル(自社ECショップなど)がある方は、その注文をAmazonの倉庫から発送できる「FBAマルチチャネルサービス」を使うと効率的です。

FBAマルチチャンネルサービスを活用すれば、物流にかかる費用や手間を削減できます。

 

FBAマルチチャンネルサービスに関して、使ったことがない方や知らない方も多いと思うので、メリットやデメリット、利用方法をこちらで解説していきます。

 

 

 

Amazonの「FBAマルチチャンネルサービス」って何?

FBAマルチチャンネルサービスは、Amazonが提供するFBA(フルフィルメントby Amazon)のサービスのひとつです。

簡単に説明すると、Amazon以外のネット注文の出荷にFBAを利用できる便利なサービスです。

 

例えば、あなたがAmazon以外の販売チャンネルとして、自社ECサイトや楽天市場、ヤフーショッピングで出品を行っている場合、その注文商品の出荷を、Amazonの倉庫から出荷する事が出来るのです。

自分で発送する手間を省けるので、大変便利ですね。

 

FBAマルチチャネルサービスを利用するには、対象となる商品をFBA出品しておかなければなりません。

FBA出品商品の在庫は、Amazonフルフィルメントセンターに保管されるので、 発送は各倉庫からお客さんの元へ直送されます。

 

FBAマルチチャネルサービスは、FBAに商品を預けている出品者であればすぐに利用できるので、もしAmazonで売れ残った商品を他で出品している場合も、売れた発送を代行してもらえます。

 

 

FBAマルチチャンネルサービスのメリット

FBAマルチチャンネルサービスを利用する最大のメリットは、Amazonの物流をそのまま利用できる点にあります。

もちろん、配送には手数料という形で料金がかかりますが、自社で出荷する物流コストや手間を考えると、 かなり低価格な手数料で商品を発送する事が可能です。

 

また、Amazonの物流を利用するので、追加料金を払えば「お急ぎ便」にも対応してくれます。

自社で送り状を作成したり、出荷の荷造りなどを行う手間がなくなるので、 作業も効率的になりますね。

 

 

FBAマルチチャネルサービスを利用する際に、最も気なるのが「Amazonから出荷するのだから、ダンボールの外箱にAmazonと記載された状態で届くのでは? 」という点ではないでしょうか。

確かにAmazonの段ボールで届いてしまったら、購入者は「なんでAmazonから?」と不信になってしまいますね。

 

ですがその点も、FBAマルチチャネルサービスはしっかり考えられているのでご安心ください。

FBAマルチチャネルサービスを利用した出荷の場合、基本的に無地のダンボール箱での商品出荷が行われるのでAmazonの段ボールが届いてしまう事はありません。

 

ただし、一部倉庫では、無地のダンボールで出荷する対応ができない場合があるので、ダンボール箱については、FBA商品が保管されている倉庫を確認しておく必要があります。

 

FBAマルチチャンネルサービスのデメリット

FBAマルチチャンネルサービスは大変便利なサービスですが、3つのデメリットがあると言えます。

一つ目のデメリットとしては配送会社が選べない点が挙げられます。

Amazonは契約会社として、ヤマト運輸と日本郵便のいずれかを利用しているので、他の配送会社の方法を選ぶ事はできません。

なので、配送方法はAmazonにお任せになります。

 

また、3辺の合計が160cmを超えるサイズが大きな商品の場合はお届け日時指定便が利用できないのが2つ目のデメリットです。

3つ目のデメリットは、先ほど説明したように、一部のフルフィルメントセンターは、無地のダンボール出荷に対応していない点です。

この場合、発送時のダンボールが「Amazon」のロゴ入りになってしまう可能性があるので、注意しましょう。

 

このようなデメリットがあるとはいえ、商品のサイズが大きすぎるものや、メール便対応可能な小さな商品以外は、 FBAマルチチャネルサービスを利用することで物流のコストを下げることができるので、メリットの方が大きいです。

 

 

FBAマルチチャンネルサービスの利用方法

 

まず、FBAマルチチャネルサービスを利用するには、Amazonにて大口出品者での出品が必須となるので、出品者登録の済んでいない方は、大口出品で登録しましょう。

大口出品者で出品しているうえで、FBAの利用を行っている商品であること、 フルフィルメントセンターに在庫がある商品であることが、FBAマルチチャネルサービスを利用できる商品の条件とりなります。

 

FBAマルチチャンネルサービスを利用するためには、Amazonのセラーセントラル上で申し込みができます。

 

まずは、セラーセントラルにログインして、「在庫」→「FBA在庫管理」をクリックしましょう。

続いて、FBAマルチチャンネルサービスを利用したい商品にチェックを入れ、「FBAマルチチャネルサービス依頼を新規作成」を選択します。

お届け先情報を入力する画面になります。伝票に記載したいコメントや情報があれば「コメント欄」に入力しましょう。

配送についての指示を行い、最終確認して「内容を確定」すれば、申し込み完了です。

 

FBAマルチチャネルサービスの利用時は、商品を出荷した後に配送先の変更ができないので注意しましょう。

 

 

最後に

AmazonのFBAマルチチャンネルサービスについて、メリット・デメリットや利用方法を解説しました。

AmazonでFBAを利用していて、自社ECサイトや楽天市場などにネットショップをオープンしている場合には、特におすすめのサービスです。

 

物流各社の配送料金も値上げしているので、配送にかかる手数料や労力を考えると非常にお得なサービスと言えます。

使ったことがないという方は、是非一度利用してみてください。

 

この記事の担当者

野口 詩織
野口 詩織
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

限定コンテンツ