FBA(フルフィルメントby Amazon)とは何か?【送料や手数料、手順などをわかりやすく解説】

Amazon輸入やAmazon輸出、
Amazonせどりについて
調べていると、
必ずと言っていいほど
FBA」という言葉を
目にするかと思います。

このFBAというのは
Amazonが提供しているサービスの事で
「フルフィルメントby Amazon」の略に
なっています。

今回はFBA(フルフィルメントby Amazon)
についてわかりやすく、
説明していきます^^

 

そもそもFBA(フルフィルメントby Amazon)ってなに??

FBAがAmazonが提供している
サービスである事は
先ほど説明しました。

ここからは、
じゃあどんなサービスなの?というのを
簡単に説明したいと思います。

まず、「フルフィルメント」とは
商品の受注から決済に至るまでの
業務全般の事を指します。

これらをAmazonが代わりに
行ってくれるサービスが
FBA(フィルフメントby Amazon)なのです!

具体的には
商品の保管から注文処理、
出荷、配送、返品などの
カスタマーサービスを
Amazonが全て行ってくれます。

なので、自身でやる作業は
商品のリーサーチ、仕入れ、
FBA倉庫に発送するだけになり、
大幅に時間を短縮出来ます。
とっても有難い話ですよね♪

FBAを利用するメリット

FBAは有料のサービスですが、
それだけメリットがたくさんあります!!
以下に簡単にまとめました^^

  1. 商品発送などの手間が省ける
  2. 配送スピードが上がる
  3. 商品が売れやすくなる
  4. 少し高い値段(売値)を設定しても売れる
  5. 在庫を家や事務所にもたなくていい
  6. 訴訟等のリスクが減らせる
  7. 返品等の対応をAmazonがやってくれる
  8. ホリデーシーズンの条件を気にしなくていい
  9. マルチチャンネルサービスが使える

これらのメリットについては
詳しい解説が下の記事にありますので
ぜひ読んでみてください^^

Amazon輸出におけるFBAの9つのメリット!【アマゾンさんに感謝を込めて】

 

FBAを利用する場合にかかる料金

FBAを利用する場合にかかる料金は、
出品サービスの料金
(大口出品月額4900円+税)と
以下の2つです。

  1. 在庫保管手数料
  2. 配送代行手数料

なお、初期経費や毎月の固定費は
一切かからないので、
利用した分だけ課金されます。

在庫保管手数料

在庫保管手数料」とは
商品のサイズとその商品がしめる
保管スペース、保管日数に応じて
かかる手数料です。

これらを、
決められた計算式に当てはめ、
毎月の保管手数料を決定します。

¥8.126 × {[商品サイズ(cm3)] ⁄ (10cm×10cm×10cm)}×[保管日数 ⁄ 当月の日数]

配送代行手数料

「配送代行手数料」とは
出荷作業手数料+発送重量手数料
の事を指しています。

注文を受けた後、
Amazonが出荷の準備を
してくれますがその際に
発生するピッキングや梱包などが
出荷作業手数料」になります。

また、購入者への商品発送にかかる
送料が「発送重量手数料」になっており、
配送代行手数料は以下の項目によって
料金が決められます。

  1. 金額
  2. 種類
  3. サイズ
  4. 重量

発送代行手数料の料金単価についてはこちらから

なお、FBAの
配送代行手数料は
全国一律になっています。

そのため、自己発送の場合より
安くすむ
可能性があります!

FBAの料金について
詳しく計算したい!という方は
FBAシュミレーターを使うと
便利ですよ◎

FBA利用の手順

FBAのメリットや料金が
分かったところで、
ここからはFBAを利用するための手順を
解説していきます。

なお、FBAの利用には
Amazon出品サービスの大口出品での
登録が必須です!!
まだの方はまず、出品サービスに
登録しましょう。

また、FBAへの登録も
出品サービスから行えます。

Amazon出品サービスはこちらから

次にFBAの利用の流れを
確認していきましょう!

  1. 商品がFBAに適しているか確認する
  2. 納品の設定
  3. 商品のラベル貼り・梱包
  4. 発送の準備
  5. 発送・販売開始

商品の確認

FBAでは商品の特性によって
取り扱いが出来ない商品があります。

まずはFBAを利用したい商品が
FBAでの利用に適しているかを
調べましょう!!

また、
商品が大きすぎる場合(3辺が200cm以上)や
重すぎる場合(40kg以上)も
FBAを利用する事が出来ません。

納品の設定

FBAを利用する商品を選んだら
セラーセントラルで
納品の設定が必要です。

設定の流れは以下になります。

  1. FBAを利用する商品を選択
  2. 商品ラベルの有無を選択
  3. 配送元住所を設定
  4. 輸送梱包形態の確認
  5. 納品する各商品の数量を指定
  6. 商品ラベルの印刷・納品する配送業者を選択
  7. 納品書の印刷
  8. 配送業者の配送伝票問い合わせ番号
  9. 箱に貼付するラベルの印刷

なお、この設定は
セラーセントラルの「在庫管理画面
から行う事が出来ます。

商品のラベル貼り・梱包

セラーセントラルの設定で
商品にラベルを貼付することを
選択した場合は、各商品に印刷した
商品ラベルを貼付します。

ラベル貼付にも注意事項があるので
貼る前に確認しましょう。

また梱包についても
「1商品につき1バーコード」や
「結束・連結禁止」などの梱包ルール
あるので必ず確認してください。

発送の準備

最後に不備がないか
フルフィルメント by Amazon 実践マニュアル
最終チェックをしましょう。

納品手続きに不備があると
FBAでは商品を受け取ってくれないので
注意してください。

発送・販売開始

商品を配送業者から発送したら
セラーセントラルの
FBA納品手続き」ページから
納品完了の処理を行います。

商品がFBA倉庫に届くと
Amazonからメールが届き、
FBAへの納品作業が終了します。

あとは商品が売れたら、
Amazonが残りの全ての作業を
行ってくれるので心配無用ですね♪

最後に

「FBAとは何か」
「送料や手数料はいくらかかるのか」
「どうやってはじめたらいいのか」
について、
初心者の方にも伝わるように、
分かりやすく解説しました!

今からAmazon輸入などをはじめる方や
自己発送でいまいち利益が
上がらなくなった方、
固定費がかからない」というのも
大きなポイントだと思います。

是非、
FBA(フルフィルメントby Amazon)を
試してみてはいかがでしょうか^^

 

この記事の担当者

野口 栞
野口 栞
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

150人限定の物販コミュニティ

ページ上部へ戻る