ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon
  4. Amazonグローバルセリングとは?【サービスの内容や利用方法を解説します】

Amazonグローバルセリングとは?【サービスの内容や利用方法を解説します】

Amazonでは近年、本格的な越境ECのサポートが始まっています。

 

具体的にはAmazonが保有する世界11ヵ国の国で出品が出来る「グローバルセリング」というサービスが始まり、日本にいる人でも簡単に海外Amazonへ出品が出来るようになりました。

世界のAmazonマーケットプレイスに販売が出来るとなると、非常にビジネスの幅も広がりますね。

 

副業として日本で販売をしている方も、グローバルセリングを利用すればさらに収益を上げられるでしょう。

今後Amazonで販売を行っていく上で、グローバルセリングというサービスを活用しない手はありません。

 

 

こちらでは、Amazonグローバルセリングとは?について、具体的なサービスの内容や利用方法を解説します。

 

 

 

Amazonグローバルセリングとは?

 

現在米AmazonでAmazon輸出ビジネスを行っている方は多いでしょう。

このように日本からアメリカに輸出しているEC事業者に向けて、Amazonでは「グローバルセリング」のサポートを行っています。

 

グローバルセリングとは、北米、ヨーロッパ、アジアのAmazonマーケットプレイスに簡単に商品を出品・販売できるサービスの事です。

Amazonではこの他の地域でも、今後新しいマーケットプレイスが追加されていくものと思われます。

 

グローバルセリングを利用して登録すると、商品の出品や管理、アカウントを複数のマーケットプレイスに関連付けたり、海外への発送や、大口・小口出品の変更が可能となります。

これにより、海外へのビジネス展開が期待できるでしょう。

 

 

米Amazonへの輸出に徹底していた方も、イギリスやフランス、イタリアなどのヨーロッパ諸国への輸出が円滑にすすめられます。

副業でAmazon輸出を行っている方も、米Amazon以外の国で販売をし稼いでいる人というのはどんどん増えています。

中には早くからグローバルセリングを知っていて、新しく展開されたマーケットプレイスでビジネスを展開している方もいるでしょう。

 

 

日本よりも大規模な市場で販売できる

例えば、Amazon.comの市場規模は日本のAmazonに比べて9倍もあると言われています。

なので日本とアメリカで同じ商品を販売したとしても、アメリカで販売をした方が9倍は人の目に触れやすいと言えるでしょう。

 

このように販売する市場を変えるだけで商品の流通量が増えるので、Amazon側としても積極的にサポートするわけです。

手数料による収入はもちろん、顧客のさまざまな情報を手にできるのでAmazon側としても、購入者だけではなく出品者を増やすメリットがあるのでしょう。

 

日本で販売を行っていて在庫が余ってしまったとしても、海外Amazonで販売すればもしかしたら売れるかもしれませんね。

海外Amazonでも気軽に出品・販売が出来れば、このようなリスクも軽減するはずです。

 

日本で販売するのと同様のサービス内容

海外Amazonで販売できるとはいえ、英語は分からないし、、と不安になる方もいるかもしれません。

しかし、Amazonのグローバルセリングでは日本に商品を出品するときと同様のサービスを受ける事が出来るので、全く問題はありません。

 

商品の販売手数料もほぼ同じですし、商品を出品する方法もFBAへの納品も、仕組みは全部同じです。

なので、副業としてAmazon販売を行っているという方にも一切負担になりません。

 

インポーターを利用すれば、より簡単に海外Amazonでの販売が行えるでしょう。

 

 

出品者としての登録も簡単

海外Amazonで販売を開始するためには、各国の出品者登録が必須となります。

これは日本Amazonで例え販売をしていたとしても、必ず別でアカウントが必要です。

 

出品者登録も日本Amazon同様に簡単に行えますので、心配はいりません。

 

具体的に、海外Amazonで出品者登録をする際に必要なものは以下になります。

 

  • 氏名
  • 住所、電話番号等の基本情報
  • クレジットカード情報
  • メールアドレス
  • 売上金受取り用の口座情報

 

これだけ用意しておけばすぐに開設できるので、簡単ですね。

 

ただし、売上金受取り用の口座に関しては、売上金はその国の通貨でしか払われないので、日本の銀行では登録不可となっています。

Payoneerなどの海外通貨を受け取る事が出来る口座を作成しておきましょう。

 

このような海外通貨を受け取れる口座を1つでも開設しておけば、アメリカAmazonだけではなく、ヨーロッパAmazonの受け取り用口座としても利用できるので便利ですね。

 

 

最後に

Amazonグローバルセリングとは?について、サービスの内容や利用方法を解説しました。

 

現在は特に日本Amazonで販売していたり、米Amazonで輸出を行っている方が多いと思いますが、グローバルセリングを活用すれば容易に海外Amazonへ展開していけます。

これからAmazon市場もどんどん拡大していく事が期待されますので、是非早いうちから参入しておきたいところです。

 

Amazon販売でもっと利益を上げるためにも、是非グローバルセリングを視野にいれてみて下さい。

 

 

 

この記事の担当者

野口 詩織
野口 詩織
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧