1. HOME
  2. ブログ
  3. Buyma(バイマ)
  4. BUYMA【アメリカ転送】リサーチでライバルと差をつける方法
アメリカ 転送

BUYMA【アメリカ転送】リサーチでライバルと差をつける方法

基本的なリサーチ方法を押さえて
必要なことを確実に実勢していれば、

誰でも3ヶ月もあれば
10万円位の利益を出すことが可能です

BUYMAのリサーチでライバルと差をつける方法では

直送だけでも利益アップを図るために
必要なリサーチ方法をお伝えしましたが

 

ライバルが少なくなり
利益が取りやすいアメリカブランドを扱うことが

利益アップには手っ取り早いと
思っている方も多いはずです

 

しかし
バイマの仕組み【転送でアメリカブランドを扱う利点と欠点】
でもお伝えしておりますように

アメリカ転送には利点だけではなく
欠点ももちろんあります

ただ単に
“ライバルが減るから”
“利益が上がるから”
という気持ちだけで望んでしまっては

必ずと言って良いほど
思うようにリサーチが出来ず・受注が伸びず

失敗をして
結局は直送ブランドに戻ることになってしまうのです

 

実際に私もアメリカ転送に切り替えて直ぐは

4ヶ月目:利益25万円
5ヶ月目:利益27万円

と思うように利益が伸びて行きませんでした(**)

そこから約1ヶ月で
利益50万円へのハイジャンプ

そのために一体何をしたのかを
お伝えしていきます♪

 

BUYMA【アメリカ転送】リサーチでライバルと差をつける方法

  1. アメリカ在住のバイヤーをモデリングする
  2. 日本からは買い付けできないブランドに目をつける
  3. 気になったブランド、ショップがあればどんどん卸の交渉をしてみる

 

アメリカ在住のバイヤーをモデリングする

直送の時は基本的に
“国内バイヤー”をモデリングしていたと思います

転送に切り替えたら
アメリカ在住のバイヤーのモデリングをして行きましょう

アメリカ 転送

アメリカ在住のバイヤーをモデリングする良い点は

  • アメリカブランドの新規開拓が出来る
  • 利益が取れるブランドを知っている
  • バイマで売れているブランドを知っている

特にプレミアムバイヤーの場合は
この傾向が強いので
リサーチの時にとても参考になります♪

 

「新しいブランドが開拓できない」
こう悩んでいる方
多いのではないでしょうか?

私も実際に悩んでいたことですが
アメリカのバイヤーをモデリングをするようになって
新しいブランドとの出会いが格段に増えました☆彡

 

日本からは買い付けできないブランドに目をつける

アメリカ在住のバイヤーを
モデリングしていると、

“あること”に気がつくと思います

それは
「日本から買い付けが出来ないショップがある」
ということ

ショップの中には
日本のクレジットカードでは
買い付けが出来ないショップが沢山あります

そのショップこそ
“穴場”なんです

アメリカ 転送

では、どうやって買い付けたら良いのか?

アメリカには様々な転送会社が存在します

転送とはショップから日本に直送できない商品を
一度転送会社に送り

集まった商品を
まとめて日本に発送することをいいます

 

転送会社では日本への発送の他に
自分たちに代わって

ショップで買付けをしてくれるサービスを
行っているところもあります

買い付け代行と言います

 

アメリカにある転送会社なので、
もちろんアメリカのクレジットカードで買い付けを行ってくれます

 

買い付け依頼さえすれば
数日後には自分の住所(自分専用の転送会社の住所宛て)に届いているので

とても楽ちんです(^^)

 

買い付け代行が必要なブランドは
まだまだライバルが少ないので利益アップには欠かせないです☆彡

是非、自分に合った転送会社を見つけて
登録して使ってみてください♪

 

気になったブランド、ショップがあればどんどん卸の交渉をしてみる

これは少しリサーチとはズレてしまうかもしれません

“卸(おろし)”って聞いたことはありますよね?

よく聞くのは
「卸価格」という言葉だと思います

大本のブランドやメーカーに交渉することは
素人の私たちには難しくても、

中間となる“その商品を販売するショップ”であれば
交渉が成立することもあります

 

簡単には行かないことですが
「気になったショップにはとにかくメールを送る!!」

これが肝心です

アメリカ 転送

恐らく返信が来るのが約10通に1件
交渉が成立するのは何十〜100通に1件くらいでしょうか?

私もどれだけのショップにメールを送ったか
正直記憶がありませんが、

その中で1つのショップと
卸価格で商品を買い付けられる交渉が成立したんです!!

 

そのショップで扱う商品は
同じ商品でも
通常の価格と卸価格では何十ドルと違いました(**)

私が転送を始めて中々利益が上がらなかった時期から
利益がグンと伸び始めた時は

この卸価格で購入をした商品が
売れ始めたからということです

 

卸価格での買い付けはほとんどの場合

  • 現金前払い
  • 何十個かまとめ買い

となるので、

  • 資金がいる
  • 在庫を持つ

というリスクを伴います

まずは交渉をする前に、

  • 利益が上がり、手元に残るお金が増えたら
  • 在庫を持っても売れる商品の見極めが付いたら
  • 交渉するショップ空実際に商品を買い付けてみてから

以上のことを確認してから
進めていきましょう♪

 

BUYMA【アメリカ転送】リサーチでライバルと差をつける方法

 

  • アメリカブランドの派生のためにもアメリカ在住のバイヤーをモデリングする
  • 日本からは買い付けできないブランドはライバルが少ない穴場!!
  • 卸価格で買い付けが可能になれば利益アップの可能性大!どんどん卸の交渉をしてみる

 

目標が変われば
それ相応の努力や工夫が必要です♪

“自分がやれること・やるべきこと”
それをとにかく実践して下さい(^^)

この記事の担当者

ミドリ
名古屋在住の主婦。看護師と両立しながBUYMAに取り組み、約半年で月利70万円を達成しその後退職。「仕事」と「ライフスタイル」の間で悩む多くの女性に自宅でも海外でもどこにいても出来るBUYMAの魅力を伝えるべく、講師を務める。将来の夢は、大好きなマレーシアに家族で移住すること。
(ブログ)http://mido-rin.com/

関連記事