ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ebay
  4. eBay代行業者の比較をする3つの方法

eBay代行業者の比較をする3つの方法

eBay代行の比較方法

みなさんはeBay代行どこも同じだと思っていませんか?

eBay代行と呼び方は同じでもサービス内容は同じではありません

料金が安くてもやって当たり前のことを省いていればダメですし
商品代金の手数料率は安くても他の所で手数料を取っているかもしれません。

比較の難しいeBay代行をうまく見比べるために
こちらの3つの方法を使っていきましょう。

  • 実際に見積もりをしてもらう
  • 転送代行か購入代行を選ぶ
  • サービス内容で選ぶ方法

実際に見積もりをしてもらう

見積もりをしてもらえる代行業者であれば
より正確なコストが計算できますし
正確な金額がわかれば比較しやすくなります。

依頼をして見積もりを貰ってから代金を出すところもありますし
自分で商品重量から手数料その他を計算するための
計算ツールが設置されている業者も増えています。

転送代行か購入代行を選ぶ

どこまで業者に任せるかによってより代行費用を安くできるかもしれません。

転送業者とは外国にある倉庫で商品の受け取りをして
商品を日本に配送し直す代行業者です。

配送だけをするのでeBayでの商品購入までの手続きなどは
自分でしなければなりません。

購入代行であれば商品の購入手続きも含めて全て代行してもらうことができます。

eBayでは英語でのやり取りや、オークションでの落札など面倒なことも多いので
国内通販感覚でできる購入代行の利用者も多くなっています。

みなさんご自身でできることを踏まえて
転送代行か購入代行のどちらを選ぶか決めておくと業者を選びやすくなります。

サービス内容で選ぶ方法

購入代行や輸入代行と呼ばれる業者では荷物の中身をチェックして
不良品や破損品を配送前に調べるサービスもあります。

また、eBay以外のショップからの購入もできるところが多くあります。

ただし、eBayやAmazonなどの有名なサイト以外は
対応している業者も少ないのでどこからでも購入できるわけではありません。

一方転送代行であれば、荷物を転送するだけなので
どんなショップでも購入できるようになっています。

ただし、返品手続きが有料になるといったデメリットもあるようです。

目的に合わせたeBay代行業者の比較をしよう

どの業者が良いのか、その最後の決め手は購入する商品や
みなさんのお買い物の目的によって異なります。

輸入ビジネスの場合には商品の箱にキズが付くと価値が落ちるため
よく梱包を確認してくれる輸入代行業者がいい
でしょう。

使っていくうちに、こうして欲しいという点も出てくるものなので
実際に使いながら有効活用できそうな業者を見つけてみましょう。

 

以下は当サイト推奨の輸出入ビジネスツールアマトピアの開発者メルマガ登録フォームです。

メールマガジン登録
     配信先メールアドレス
 

申し込みの際に「貿易大学」か「合同会社Linotie」の名前を紹介者欄に記載していただくと3ヶ月継続のタイミングで貿易大学で行なった12ヶ月分のセミナー資料を特典として受け取ることが可能になっています。各セミナーは過去に3万円で行われたセミナーの資料なので3万円×12=36万円分の価値があります。(特典を受け取るには3ヶ月経過時に申請が必要です)

 ぜひツールと一緒にご活用ください。

 

関連記事