女性起業家向けの補助金や融資があるのを知っていますか?【女性の起業を国が支援】

起業したい!という
思いがあっても、
資金が無いから出来ない…
と諦めている女性の方が
多いのではないでしょうか。

資金がないと、
起業が難しいのはもちろん、
女性の場合は就業年数が短く、
資金や経験が十分に
得られないため
起業が実現しにくい
状況にあります。

そんな女性達のために、
国や地方自治体などの
公的機関が
資金面で女性の起業を
サポートしてくれる事は
ご存知でしょうか??

実は国や自治体では
女性の起業を応援する為に
色々な補助金融資制度
設けているんです!!

今まで「資金が無いから…」と
諦めていた女性の皆さん、
必見です^^

 

関連:起業資金を簡単に調達する方法【創業融資マニュアル】

 

そもそも融資ってなに?補助金ってなに?

まずは「融資」「補助金」を
知るところから始めましょう!
どういうものなのか、
何が違うのかを
簡単にご説明します↓↓

融資とは

融資とはお金を必要とする人に
お金を貸す事です。
お金を借りるので
返済が必要になります。

補助金とは

補助金とは事業の実施を
サポートする為に、
給付されるお金
の事です。
ですので、
返済する義務はありません。

これからご紹介するのは
女性の起業を応援する為の
融資や補助金になります。
早速みて行きましょう!!

日本政策金融公庫の融資制度


日本政策金融金庫では
様々な種類の融資が
行われていますが、
その中でも女性の為の
融資をご紹介します。

  • 女性若者/シニア起業家支援金
  • 新創業融資制度

女性、若者/シニア起業家支援資金

日本政策金融公庫が行う、
低い金利で融資を受けることが
可能な制度です。

◎対象者

  • 女性又は35歳未満又は55歳以上の方
  • 新たに事業を始める方
  • 事業開始後おおむね7年以内の方

◎内容

  • 限度額…7,200万円(うち運転資金4,800万円)
  • 返済…設備資金(20年以内、うち据置期間2年以内)/運転資金(7年以内、うち据置期間2年以内)

創業のための経費の
一部が助成される為
返済の必要がない点が
大きなメリットです。

ただし、申し込めば必ず
もらえるものではなく、
審査を受けて通らなければ
利用する事は出来ません。

女性、若者/シニア起業家支援資金についてはこちらから

新創業融資制度

日本政策金融公庫が行う、
無担保・無保証人で
融資を行うという特別な対策です。

◎対象者

  • 新たに事業を始める方
  • 事業開始後税務申告を2期終えていない方
  • 雇用創出等の一定の要件を満たす方
  • 自己資金が創業資金総額の1/10以上

◎内容

  • 限度額…3,000万円(うち運転資金1,500万円)
  • 返済…各種融資制度で定める返済期間以内

「女性、若者/シニア起業家支援資金」などの
各融資制度を利用する場合に
融資をうけることが出来ます。

また女性の小口創業を支援する
新創業融資制度の拡充」が
設けられています。

融資を含む
新創業融資制度の
融資残高が300万円以内
場合に適用され、
新創業融資制度の対象要件は
撤廃されます。
限度額は300万円になります。

新創業融資制度についてはこちらから

地方の融資制度

融資を行なっているのは
国だけではなく、
都道府県や市区町村などの
地方自治体が行っている
融資制度もあります。

ここでは例として2つの
融資をご紹介しますが、
お住いのエリアで
融資制度が行われているか
ご自身で、
調べてみて下さいね♪

  • 東京都…女性・若者・シニア創業サポート事業
  • 横浜市…女性おうえん資金

東京都の女性・若者・シニア創業サポート事業

東京都が行う、
地域に根ざした創業を
サポートする為の事業で、
信用金庫・信用組合と
アドバイザーの方が連携して
創業を支援してくれます。

◎対象者

  • 東京都内に在住の方
  • 女性、若者(39歳以下)シニア(55歳以上)の方
  • 創業の計画がある又は創業後5年未満の方

◎内容

  • 限度額…1,500万円以内(運転資金のみは750万円以内)
  • 返済…10年以内<うち据置期間3年以内>

東京都の女性・若者・シニア創業サポート事業についてはこちら

横浜市の女性おうえん資金

神奈川県横浜市が行う
女性のための融資で
設備資金・運転資金を無担保で
融資してもらえます。

◎対象者

  • これから創業する場合
    1か月以内に市内で個人事業を開始する方。
    又は、2か月以内に市内で会社を設立し事業を開始する方 。
  • 既に創業している場合
    市内で個人事業又は、会社を設立し5年未満。
    市内で個人事業を開始し後、同一事業で会社を設立した方で、かつ個人事業を開始してから5年未満の方。
    市内で事業を継続しつつ、新たに市内で会社を設立する方(5年未満)

◎内容

  • 限度額…2500万円以内(条件により変動)
  • 返済…設備資金(10年以内)/設備資金(7年以内)据置12か月以内を含む。

横浜市の女性おうえん資金についてはこちら

地方・国の補助金

地域によっては
女性のための補助金
実施している
地方自治体・公益財団法人
もあります。

また女性限定ではありませんが
国の補助金もあります。

こちらではすでに募集が
終了している事業を、
参考として、ご紹介します。

応募期間や応募条件は
地域や年によって違いますので、
各地域の補助金については
ご自身で調べてみましょう^^

  • 青森県「農山漁村女性起業育成・フォローアップ事業」
  • 国の補助金「創業補助金」

青森県「農山漁村女性起業育成・フォローアップ事業」

青森県では
起業を目指す女性が
本格的な起業をするための
起業活動や施設・機器の整備などの
経営発展を目指した
新たなチャレンジを応援しています。

◎対象者

  • 55歳以下の女性
  • 県内の農山漁村において起業活動に取り組む方
  • 又は農林漁業に従事する方

◎内容

  • 補助金額…500千円まで
  • 補助率…補助対象経費の二分の一

参考↓
平成29年度青森県「農山漁村女性起業育成・フォローアップ事業」

国の補助金「創業補助金」

女性限定ではありませんが、
創業者であれば応募が可能な
国の補助金があります。

対象者や補助金額は
年によって変わりますが
基本的には
最大200〜1000万円
補助をしてくれるようです。

毎年条件が違いますので、
最新の情報を確認するように
して下さいね♪

参考↓
平成29年度創業補助金

最後に

こんなにも沢山の
女性起業家を応援してくれる
補助金や融資がある
事を知ると、
国が女性の起業を
ものすごく支援してくれている事
分かります!!

資金がないからと
今まで起業を諦めかけていた
女性も希望が持てますね^^

ご自身の地域にも、
女性の為の補助金や融資が
あるかもしれません。

資金がないから起業は難しい…
と、消極的だった方も
まずは地域に
どんなサポートがあるのか
調べてみて下さいね♪

融資については
貿易大学講師の鳥倉さんの記事が
特におすすめです。

起業資金を簡単に調達する方法【創業融資マニュアル】

 

関連記事

150人限定の物販コミュニティ

限定コンテンツ


ページ上部へ戻る