ブログ記事一覧

Amazon輸出入を副業で実施する際に心がけること

会社員 副業

世の中には

など様々な物販ビジネスがあります。

 

僕は上記にあげた物販を副業で

一通り実践し、どの物販、プラットフォームでも

会社の給料以上の収入を得ることに成功しています。

 

その中で副業で実践するのに向いていると思ったのは

Amazonを利用した物販です。

(理由は後で説明します)

  • 今の会社を辞めたい
  • 将来が不安
  • お小遣いが欲しい

などの理由から

副業として物販ビジネスに取り組みたいと

思っている方はかなり多いです。
そこで今回は僕が副業で物販ビジネスを

実践し、成果を出す為に心がけていることを

お伝えしたいと思います。

 

※会社員が副業するメリットは

こちらの記事にまとめてありますので

どうぞご覧下さい!

【サラリーマン必読】会社員が今すぐ副業すべき3つの理由

 

Amazon輸出入を副業で実施する際に心がけること

 

「複業」として本気で取り組む

副業 本気

副業といっても片手間でやっては稼ぐことはできません。

 

「複業」としてもう一つの仕事を始めるつもり

必死に取り組んだ人のみ成果を得ることができるのです。
物販ビジネスで稼いでいる方に沢山お会いしてきましたが

皆さん本気で取り組んでいます。
「当たり前だろ」と思うかもしれませんが、

副業でやっている方で

本気で取り組んでいる方は少数です。

 

本気で取り組まない=稼げないので、

そもそもやらない方がいいと思います。
「本気」でやるには何かをやめて

時間を確保することが大切です。
愚痴ばかりの飲み会

スマホゲーム

パチンコ

無駄な残業

等々、やめるべきことは沢山あります
まずは時間確保に本気で取り組むことを

おススメします。

 

会社の業務に支障をきたさない

会社 

本気で副業に取り組み成果がでてくると

会社で仕事している時間が

もったいないと思うようになります。
かといって仕事中に物販ビジネスをするのは

周りの人に迷惑をかけてしまうのでNG!
仕事中は業務に専念して支障をきたさないようにするべきです。
会社に拘束されている時間はとても多いので

先ほどもお伝えしたとおり

まずは時間確保に本気で取り組んで下さい。

 

その後、AmazonFBAなどを利用して

物販効率化していきましょう。

 

FBAについては

Amazon輸出でFBA販売をオススメする理由。【初心者必見!】にて

詳しく説明してくれてます☆彡
そして、FBAの強烈なメリットについては

Amazon輸出におけるFBAの9つのメリット!【アマゾンさんに感謝を込めて】

をご覧下さい。
この記事内にでてくる9つのメリットの内、

  1. 商品発送などの手間が省ける
  2. 在庫を家や事務所にもたなくていい
  3. 返品等の対応をAmazonがやってくれる

この3点は副業で実施する場合は特にありがたいです。

アマゾンさんに感謝☆彡

 

会社を言い訳にしない

忙しい 会社

  • 時間がない
  • 忙しい
  • 休みが少ない
  • 帰宅時間が遅い
  • 朝が早い
  • 給料が少ない

・・・分かります。

僕も元会社員として

その気持ちはとても分かりますが

会社を言い訳にしては稼ぐことは

できないです。

 

会社を言い訳にするとそこで

思考がとまってしまいますが、

稼げないのは自分のせいと

思えば改善ができます。
そもそも本当に会社が原因で稼げないと

心から思っている方はすぐに

会社を辞めています。
稼げないのは会社のせいではなく

自分のせいと素直に認め

分析、改善、行動を稼げるまで

繰り返していきましょう。

 

Amazon輸出入を副業で実施する際に心がけること~まとめ~

副業サラリーマン

もちろんどの物販でも稼げますが

FBAを利用して

Amazonで販売することをおススメします。

 

FBAを活用すれば副業で取り組む会社員の方でも

給料以上稼ぐことは可能です。

 

現役の会社員として

副業で稼ぐコツは随時

お伝えしていきますが、

僕の会社員生活は残り短いと思います。※

 

やりたいことが見つかったので

そちらに専念します。

 

このような選択ができるのも

本気」で物販ビジネスに

取り組んできたからです。

「複業」として「本気」で物販ビジネスに取り組み

人生を変えたいと思っている方へ向けて

今後も記事を書いていきたいと思います。

 

※追記

現在は独立し法人化しています。

 

副業を成功させるシンプルな鉄則

別記事にまとめてありますので

そちらの記事もご覧ください。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 輸出ビジネス
  4. Amazon輸出入を副業で実施する際に心がけること
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事