1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazonせどり
  4. Amazon出品大学とは何か?【活用法もご紹介します】

Amazon出品大学とは何か?【活用法もご紹介します】

あなたは、Amazon出品大学を使った事がありますか?

 

もしかすると、「そもそも、Amazon出品大学ってなに?」という方もいるかもしれませんね。

 

 

Amazon出品大学というのは、AmazonがAmazonでの出品について解説している公式マニュアルの事です。

ここでAmazonでの出品についてのノウハウを学ぶことができます。

 

 

ノウハウ以外にも、Amazon出品大学には様々なデータや情報が公開されているので、Amazon輸入ビジネスにも活用する事ができるんです!

 

 

Amazon出品大学は、Amazonで出品するのが初めての方はもちろん、すでにAmazon輸入ビジネスを実践されている中級者の方にも、非常に頼りになります。

 

今回は、そんな「Amazon出品大学」について、活用法も含めご紹介していきます!

 

 

そもそも「Amazon出品大学」とは何か?

先ほど説明したとおり、Amazon出品大学Amazonが公開している公式のマニュアルです。

Amazonで出品したい人に向けて、膨大な情報やノウハウをAmazonが無料で提供しています。

 

 

Amazonについて解説しているサイトやブログはたくさん存在しますが、情報の正確さで言えばAmazon公式が一番正確なのは、言うまでもありません。

 

このような非公式のサイトやブログでは、実体験に基づく内容が紹介されており、有力な情報もありますが、中には情報が古かったり正しい情報でないものもあります。

 

 

ですので、正しい情報を取り入れるためにもAmazon出品大学を活用するのがおすすめです。

特に初心者の方は、Amazon出品大学からAmazonについて学ぶようにしましょう!

 

 

出品の方法から売れるためのノウハウ、トラブルシューティングにAmazon内の売れ筋データなどなど…セラーのための情報が満載ですよ。

 

 

初心者の向けのAmazon出品大学活用法

 

まずは、初心者の方がAmazon出品大学を活用する方法をご紹介します。

 

Amazon出品大学にアクセスするには、セラーセントラルにログインし、一番下にある「Amazon出品大学」をクリックします。

 

Amazon出品大学のページを開くと、沢山の項目と膨大な量の情報が出てくるので、一気に見ても理解するのは難しいかもしれません。

 

なので、初心者の方はまず「出品をはじめてみよう」から読むのがおすすめです。

 

 

とりあえず出品をしてみて、もしわからないことが出てきたらAmazon出品大学で確認する、という流れのほうが効率的で良いでしょう。

 

 

最初から一気に読んでしまっても良いですが、知識のない状態で全部の講座を読んでも頭に入らず、疲れてしまいます。

なので焦らず、ゆっくり徐々に覚えていくようにしましょう。

 

 

中級者向けのAmazon出品大学活用法

 

続いて、中級者の方がAmazon出品大学を活用する方法をご紹介します。

 

出品作業にも慣れて、FBAなどのAmazonのシステムも理解して使いこなせるようになったら、Amazon出品大学の講座は不要になります。

このレベルに達している人は、ある程度仕入れや販売も順調に行えているでしょう。

 

 

では、Amazon出品大学はもう使わないのか、というとそうではありません。

中級者の方は、Amazonでの販売を促進するために、Amazon出品大学をより活用してもらう事ができるんです。

 

 

得意のジャンルが見つかり、販売し、しっかり利益も出せている。

けど、「もう少し商品の幅を広げたい!もっと利益を伸ばしたい!

 

そんな方に、これからご紹介するAmazon出品大学の活用法を実践していただきたいです。

 

  • 出品おすすめデータを活用する
  • 過去の売れ筋商品データを活用する

 

出品おすすめデータを活用する

 

Amazon出品大学の下のほうにある講座に「レポートとデータを活用しよう」という項目があります。

 

この中には「出品おすすめデータ(週間)」「過去の売れ筋商品データ(月間)」などの、Amazonの膨大な販売データを集計したデータがあります。

 

 

まずは、出品おすすめデータの活用法をご紹介します!

「出品おすすめデータ」は、Amazonでの売れ筋商品や品薄商品などを確認できるデータです。

なので、仕入れて出品すれば売れる可能性の高い商品が載っています。

 

 

出品おすすめデータをクリックすると、カテゴリーを選択することができます。

この中から、情報を得たいカテゴリーや、仕入れたいカテゴリーを選びましょう!

選択すると、Excel方式でデータがダウンロードされます。

 

ダウンロードしたファイルには、先週Amazonで売れた商品が順位で表示されています。

 

このままでも十分情報として使えますが、データを並び替えることによって、さらに仕入れに使いやすくする事が可能です。

 

 

Amazonランキングも、仕入れの判断に重要となりますが、その他にも、

  • FBA推奨
  • 急上昇
  • 出品数
  • FBA出品数
  • 品薄予測
  • 最低価格

などに着目しましょう!

 

「FBA推奨」は、FBA出品者が少ない商品なので、仕入れてFBA販売すれば売れやすいです。

「急上昇」は、急にランキングが上がった商品なので、類似商品などに着目すると良いでしょう。

 

過去の売れ筋商品データを活用する

 

続いて、過去の売れ筋データを活用する方法をご紹介します。

 

出品おすすめデータ同様、「レポートとデータを活用しよう」の項目からデータをダウンロードできます。

 

こちらの場合は、1か月間の売れ筋データなのでややリアルタイム性には欠けます。

しかし、全データをチェックしていくと、出品おすすめデータとは違った商品を見つけることができます!

 

 

対象年月やカテゴリーを選択して情報を取得したら、全てにJANコードが付いているのでコピーしてGoogle検索をかけましょう。

すると、その商品を売っているショップが出てくるので、そのショップの中からさらに、利益の出そうな商品を仕見つけるといった活用の仕方ができます。

 

 

この2つのデータは情報として、またリサーチ用のリストとして非常に有益なります。

なので、是非こまめにAmazon出品大学からチェックしてみてください。

 

 

最後に

Amazon出品大学とは何か?と、初心者向け、中級者向けのAmazon出品大学の活用法をご紹介しました。

 

Amazon出品大学は、単なるノウハウだけでなく初心者にはAmazonのマニュアルとして、中級者には商品リサーチ用のデータとして活用できる、有益な情報がたくさん載っています。

 

 

無料で公開されているものですので、是非活用してAmazonでの販売促進に生かしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事の担当者

野口 詩織
野口 詩織
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧