1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon輸入
  4. Amazon輸入でおすすめのツール【アマトピアを最大限に活用する方法】

Amazon輸入でおすすめのツール【アマトピアを最大限に活用する方法】

Amazon輸入を実践している方は、ツールを活用する事で作業時間を効率化する事ができます。

 

Amazon輸入でおすすめのツールにアマトピアというツールがあります。

アマトピアには9つの機能がありますが、必要な機能だけに課金する事が出来るので、あなたのビジネススタイルに合わせて活用する事ができます。

 

今回はAmazon輸入ツールとして、アマトピアを最大限に活用する方法を解説していきます。

 

関連:Amazon輸入ビジネスで使える無料リサーチツール5選とリサーチ方法まとめ

 

Amazon輸入ツールとしてアマトピアを最大限に活用する方法

アマトピアには9つの機能が備わっていますが、Amazon輸入ではそのうち7つの機能を活用する事が出来ます。
Amazon輸入ツールとして最大限に活用する方法をそれぞれ解説していきます。

 

  1. 価格改定機能
  2. 出品管理機能
  3. 売上分析機能
  4. 顧客フォロー機能
  5. 在庫追跡機能
  6. 商品リサーチ機能
  7. SEO対策機能

 

参考:Amazon用ツールなら「アマトピア」

 

価格改定機能

Amazon輸入で稼ぐためには、カートボックスをいかに取得できるかが重要です。

カートボックスを取得するためには、価格改定が必須です。
ライバル出品者が価格を下げたりしてカート価格や最安値が変わった場合には、すぐに対応しなければなりません。

 

アマトピアの価格改定機能では、ライバル出品者の商品価格をベースとした価格改定だけでなく、楽天やYahooショッピング、ヨドバシカメラの価格をベースにした価格改定や出品の停止等の設定が出来ます。

また、最低価格や最高価格の設定ができ、利益が0になると自動で出品が停止されるので安心です。

 

仕入れ価格を設定しておけば、現在価格で売れた場合の利益計算が自動で行われます。
さらに仕入れ先を設定しておくと、在庫切れになった際に自動で出品が停止されます。

なので無在庫販売でも安心して販売が行えます。

 

最低価格やリードタイム、Amazonポイントの設定なども一括で行えるため、管理が非常に楽になります。

 

出品管理機能

Amazonセラーセントラルから出品を行う場合、一個ずつ出品作業を行うか、専用のテンプレートに記入しアップロードする必要があります。

 

アマトピアの出品管理機能を活用すれば、商品リサーチ機能から出力したCSVからファイルを一括アップロードする事ができるので、出品時の手間を大幅に減らす事ができます。

また、価格改定機能の設定を一括で更新することも出来ます。

 

アマトピアの出品管理機能の特徴は、ブラックリストを作成できる事です。
事前に登録をしておけば、一括出品の際に法律違反に引っかかる商品などを除外できるので安心です。

 

もちろん、ASINやJANコードから一品ずつ出品する事も可能です。

 

売上分析機能

アマトピアの売上分析機能をAmazon輸入で活用する場合、商品の需要予測に役立ちます。

 

アマトピアでは、期間を指定した分析ができ、集計データから商品の需要を調べるABC分析や売上詳細、商品比較が行えます。
また、商品リサーチ機能や在庫追跡機能と組み合わせる事で、さらに詳細なデータ分析が可能です。

 

そのほか、セッションやページュビュー、レビュー、なども確認ができます。

 

売上分析はAmazon輸入中級者以上になってくると、エクセルなどで行うには非常に大変な作業になるので、アマトピアを活用する事で作業時間を大幅に短縮できます。

 

顧客フォロー機能

Amazon輸入では購入者にサンクスメール(評価依頼メール)を送る事で、評価をつけてもらいやすくなります。
出品者評価はカートボックスの取得や売上に大きく影響するので、非常に大切です。

評価依頼メールはセラーセントラルから送信する事もできますが、1通1通送るのは大変です。

 

アマトピアの顧客フォロー機能を活用すれば、ステップメール形式で複数回に渡って送ることができます。
さらに、商品のコンディションやSKU別に送る文章を変えることが可能です。

 

在庫追跡機能

アマトピアの在庫管理機能を活用する事で、販売数の予測が可能になります。

在庫追跡機能では、Amazonの商品ページから在庫数や出品者数、価格などを追跡し情報を取得する事ができます。
これらの変動を把握し、分析する事で販売数の予測がたてられます。

 

販売数の予測に、モノレートを使っている方も多いですが、アマトピアの在庫追跡機能は在庫数の変動により予測をたてられるので、より正確に販売数を予測する事が可能です。

ASINや商品URL、出品者単位、ページ単位、CSVからも在庫追跡をする事が出来ます。

 

商品リサーチ機能

Amazon輸入の工程において、商品リサーチは非常に重要な工程です。
商品リサーチがしっかり出来ていないと、赤字になってしまったり、商品が売れないといった事態が起こり得ます。

 

アマトピアの商品リサーチ機能では、ASINや出品者から商品を抽出する事ができ、細かな商品情報も取得ができます。
また、Amazonの手数料や商品のサイズ、ランキングなども自動で取得されます。

その他にも粗利益や純利益、利益率等の計算項目が多数あり、重量や体積、関税、消費税、為替レート、補正値を設定すれば、正確でスピーディーな利益計算が可能です。

 

Amazon輸入で、アマトピアの商品リサーチ機能を活用すれば、商品リサーチの時間を大幅に短縮する事ができます。

 

SEO対策機能

Amazon輸入で新規出品する場合に、アマトピアのSEO対策機能が活用できます。

 

SEO対策機能では、新規出品に必要な機能が全て揃っており、キーワードランキング、ページアナライズ、キーワードサジェストの3つの機能からSEO対策を行う事ができます。

商品ページからでは分からないメタキーワード(出品キーワード)の予測も可能です。

 

新規出品時に重要なキーワードの選定が容易になり、SEO対策する事で商品の露出が増えるので売上アップが期待できます。

新規出品時には欠かせない機能です。

 

最後に

Amazon輸入ツールでおすすめのアマトピアを最大限に活用する方法を、機能毎にご紹介しました。

アマトピアでは他ツールにない独自の計算方法や機能などが備わっているので、ライバルと差をつける事ができます。

 

今回はおすすめのAmazon輸入ツールとして、アマトピアをご紹介しましたが、アマトピアに限らずご自身にあったツールを使っていく事で、Amazon輸入の作業効率がアップしより稼ぐ事ができるはずです。

 

関連:Amazon輸入ビジネスの有料ツールについての考え方

 

この記事の担当者

野口 詩織
野口 詩織
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧