ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon
  4. Amazon輸入の在庫管理のやり方【在庫管理をすべき理由も解説します】

Amazon輸入の在庫管理のやり方【在庫管理をすべき理由も解説します】

あなたはAmazon輸入ビジネスで在庫管理をしっかり行えていますか?

仕入れた商品はどのように管理していますか?

 

在庫管理は、利益計算やキャッシュフローを考えるととても重要なことです。

在庫管理が出来ていないと、正確な量の仕入れを行う事が出来ず、過剰在庫や過小在庫になってしまいます。

しかし、必要だとは分かっていても、在庫管理をないがしろにしてしまっている方もいるのではないでしょうか。

 

 

こちらではAmazon輸入で在庫管理を徹底すべき理由と、正しい在庫管理のやり方を解説します。

是非参考にしてください。

 

関連:Amazon輸入でおすすめのツール【アマトピアを最大限に活用する方法】

 

 

Amazon輸入で在庫管理をすべき理由

 

在庫管理を行う前に、まずはなぜ正確な在庫管理が必要なのかを知っておくだけで、在庫管理のモチベーションもアップするでしょう。

以下が、Amazon輸入で在庫管理をすべき理由です。

 

  1. 利益計算を正確にするため
  2. 在庫を正確に管理するため
  3. 商品の売れ行きを把握し経営に役立てるため
  4. 確定申告を正確に行うため

 

 

利益計算を正確にするため

Amazon輸入などの物販ビジネスを行っていくうえで、「利益がいくらなのか」を正確に把握しておく必要があります。

Amazon輸入では扱う商品も多くなっていくので、売れる商品もあれば売れない商品も出てきます。

売れる商品は仕入数を増やす必要がありますし、売れない商品は在庫を抱えないためにも仕入数を調整しなければなりません。

 

商品の在庫は回転率の高い商品や、回転率は低いけれど時間を掛ければ必ず売れる商品など、利益が見込める商品管理を行う必要があります。

 

在庫管理が出来ていないと、「いくらで仕入れて、いくらで売れて、どれくらいの利益が残ったのか」を正確に知る事が出来ません。

正確な利益を計算するためにも、在庫管理は徹底しなければならないのです。

 

在庫を正確に管理するため

Amazon輸入で利益をしっかりと上げていくためには、在庫の動きを正確に把握する必要があります。

在庫を正確に把握するためにも、売れ行きの良い商品、悪い商品を知っておかなければなりません。

 

在庫管理が出来ていないと売上計画も立てる事が出来ないので、在庫の総額や個数を把握し大体の売り上げや利益を予測することが大切です。

その為にも、仕入数と販売数を一覧で管理する「在庫管理」が必須なのです。

 

商品の売れ行きを把握し経営に役立てるため

Amazon輸入を本業で行っていくという方は特に、効率よく利益を上げていく事が重要です。

不良在庫を抱えてしまうと、キャッシュフローの面でも精神的な面でもよくありません。

なので、常に在庫を回転させる意識を持ち、仕入を行う事が大切です。

 

商品の売れ行きを把握する「在庫管理」を徹底する事は、経営の基礎でもあります。

適当に仕入を行うのではなく、データに基づき戦略を立てて経営を行うようにしましょう。

 

確定申告を正確に行うため

Amazonで商品を販売し一定の利益を得ている場合は、確定申告をする必要があります。

その際に、1年間の総収入金額(=売上金額)を正確にしなければなりません。

 

経費には商品の仕入れ代や配送料、Amazonの販売手数料などが含まれるので、1年の間に仕入れた商品、売れた商品、売れなかった商品の、正確な情報が必要となります。

在庫管理をしっかり行っていないとこれらの情報について正確に申告する事が出来ません。

確定申告の前に苦労しないためにも、在庫管理は最低でも毎月1回行う必要がありますね。

 

 

Amazon輸入の在庫管理のやり方

 

Amazon輸入で在庫管理をすべき理由が分かったところで、どのように在庫管理をしたらよいのか、在庫管理のやり方を解説します。

 

まず、在庫管理に必要な在庫管理表ですが、おすすめなのはGoogleスプレッドシートもしくはExcel(エクセル)です。

GoogleスプレッドシートはGoogleアカウントを持っている人であれば、誰でも使う事が出来ます。

どちらも在庫管理に向いているので、使いやすいほうで構いません。

 

在庫管理表の記入の仕方ですが、以下の項目が必須です。

  • ASINコード
  • 商品名
  • 仕入日
  • 仕入れ価格
  • 販売額
  • Amazon手数料
  • FBA手数料
  • 利益額
  • 利益率

 

利益額は、売値-仕入れ値-Amazon手数料-送料(自己出品の場合)で、利益率は、利益額÷売値で算出する事が出来ます。

GoogleスプレッドシートまたはExcelの関数を使って自動計算しましょう。

 

また、Amazon輸入の在庫管理は、自分で在庫管理表を作成しなくてもツールで行う事が出来ます。

毎日使っていく管理表になるので、複雑なものではなくシンプルで見やすいものを選ぶと良いでしょう。

 

 

最後に

Amazon輸入の在庫管理のやり方と、在庫管理をすべき理由を解説しました。

物販ビジネスに在庫管理が必要な理由がお分かりいただけたかと思います。

 

在庫管理は、売り上げのアップにもつながる非常に重要な作業です。

もし今在庫管理をしていないという方や、おろそかにしている方は、今日からしっかり在庫管理を行うようにしましょう。

 

 

 

 

この記事の担当者

野口 詩織
野口 詩織
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧