1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon輸出
  4. Amazon輸出ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法

Amazon輸出ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法

アマトピアは、Amazon輸入Amazon輸出中国輸入で活用できる総合型ツールです。

 

今回は、Amazon輸出ビジネスのリサーチツールとして、どのようにアマトピアが活用できるか、アマトピアの活用法をご紹介したいと思います。

 

アマトピアは現在、貿易大学同窓会の会員の方または貿易大学の講師のコンサルティングを受講された方のみ利用できます。

 

 

 

 

Amazon輸出ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法

Amazon輸出ビジネスリサーチツールとして、アマトピアを活用する場合、使う機能は以下になります。

  • 商品リサーチ機能
  • 在庫追跡機能

それぞれの機能毎に活用法をご紹介していきます。

 

アマトピアの商品リサーチ機能をAmazon輸出ビジネスで活用する

 

アマトピアの商品リサーチ機能では、商品の情報を自動で取得して、正確な利益計算を行う事ができます。

商品情報を取得する方法としては、

  • セラーIDまたは出品者URLから取得
  • CSVから取得(ASIN,JAN,EAN,UPC)
  • 商品ページ単位の取得(ASIN,商品URL)

の3つの方法があります。
これにより、効率的なリサーチが可能となります。

Amazon輸出ビジネスで利益のでる商品を見つける為には、商品のASINコードから見つけるか、セラーから見つけるかの2つになります。

アマトピアでは、この2つの方法に特化したリサーチが可能です。

 

参考:商品リサーチ機能の詳細について

アマトピアの商品リサーチ機能で作業時間を短縮する

 

アマトピアでは抽出した商品の情報を以下のように細かく取得できるので、Amazon輸出のリサーチ時に非常に役立ちます。

海外と日本の価格差も、商品ごとに把握することができます。
利益計算も自動で行われるので瞬時に利益の出る商品か判断する事ができます。

 

また、アマトピアの商品リサーチ機能では、フィルタリングを行う事が出来るので、条件に満たない商品は省いてリサーチが可能です。

アマトピアの商品リサーチ機能を活用すれば、まとめてたくさんの商品をリサーチする事ができるので、作業時間を大幅に短縮する事ができるのです。

 

Amazon輸出で正確な利益計算を行う為の活用法

 

Amazon輸出では、商品のリサーチ時に正確な利益計算を行う事で、赤字になるリスクを減らす事ができます。

アマトピアでは、Amazon輸出ビジネスで正確な利益計算が行えるように、

  • 送料表設定
  • 計算式設定
  • 卸掛け率と関税設定
  • 消費税設定

の4つの設定が行えるようになっています。

 

送料表設定

送料表を設定すれば、自動で取得された商品の体積や重量から送料を計算し、利益計算に反映させる事ができます。

いくつもグループを作る事が出来るので、例えば「輸出用」「輸入用」といったように分けて設定する事が可能です。

 

Amazon輸出ビジネスでかかる送料も、送料表で設定してしまえば楽々利益計算が行えますね。

計算式設定

Amazon輸出の利益計算用に計算式をカスタマイズする事ができます。

計算式のバリエーションは非常に豊富なので、個人個人のAmazon輸出ビジネスのやり方に合わせた利益計算が行えます。

if式などの複雑な計算式を設定することも可能です。

 

卸掛け率と関税設定

カテゴリー毎に関税と卸掛け率を設定する事ができます。

Amazon輸出ビジネスでは、卸掛け率を設定しておけば、より一層正確な利益計算が行えます。

消費税設定

アマトピアでは、消費税も自動計算して利益計算を行う事ができます。

Amazon輸出ビジネスで正確な利益計算を行う為に、商品リサーチを行う前に必ず消費税の設定をしておくのが良いでしょう。

 

ここまでしっかり設定すれば、Amazon輸出ビジネスでアマトピアを最大限に活用する事ができます。

 

アマトピアの在庫追跡機能をAmazon輸出ビジネスで活用する

アマトピアの在庫追跡機能では、特定の商品ページやセラーを指定することで、その商品の在庫数変化を追跡する事ができます。

ここからは、Amazon輸出のリサーチツールとして、在庫追跡機能を使う場合の活用法をご紹介します。

 

参考:在庫追跡機能の詳細について

 

卸仕入れやメーカー仕入れ、オリジナル商品の作成を行う場合は、商品リサーチ機能よりも在庫追跡機能を活用した方が良いでしょう。

 

商品を指定し、情報が取得されると在庫追跡機能に以下のように反映されます。

このグラフの上昇数や期間を参考に、Amazon輸出ビジネスでの売れ筋商品や、仕入数の判断に役立てる事ができます。

Amazon輸出の無料ツールとして、モノレートなどもありますがモノレートよりも、より正確な情報を得る事ができます。

 

最後に

 

Amazon輸出ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法をご紹介しました。

リサーチツールとして以外にも、Amazon輸出ビジネスではアマトピアを活用する事ができます。

 

これからAmazon輸出を始めようと考えている方も、Amazonビジネスを既にやられている方も、最大限に活用していただければ幸いです^^

 

アマトピアは現在、貿易大学同窓会の会員の方または貿易大学の講師のコンサルティングを受講された方のみ利用できます。

 

 

この記事の担当者

野口 詩織
野口 詩織
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧