ブログ記事一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon輸入
  4. Amazon輸入は飽和している?今から始めるのは遅い?【その理由と解決策】

Amazon輸入は飽和している?今から始めるのは遅い?【その理由と解決策】

Amazon輸入ビジネスは飽和している」という話は、数年前から出回っています。

 

これからAmazon輸入ビジネスを始めようかと検討している方も、

「でも、Amazon輸入って飽和してるらしいし、今から始めるのは遅いんじゃ…」と悩んでいるかもしれません。

こういう話を聞いてしまうと、やっぱり挑戦するのはやめておこうかな、と思ってしまいますよね。

 

では、果たしてAmazon輸入ビジネスは本当に飽和してしまっているんでしょうか。

今から始めても、もう稼げないビジネスなのでしょうか。

 

 

こちらでは、Amazon輸入は飽和している?今から始めるのは遅い?についての考えと、解決策を解説しますので参考にしてください。

 

 

 

Amazon輸入ビジネスは飽和している?

 

Amazon輸入ビジネスについて調べていると、「飽和しているからもう稼げない」という記事を見かけるかもしれません。

しかし、Amazon輸入ビジネスは本当に飽和していて稼げないのかというと、実際にはそうとも言えません。

 

 

そもそも「飽和している」とはどのような状態を指すでしょうか。

私が考えるAmazon輸入ビジネスの飽和は、供給が需要を大きく上回っていて、ほとんどの実践者が赤字になってしまうという状態です。

 

では、今の時点でほとんどの実践者が赤字になってしまっているのか、というとそんなことはありません。

確かに中には全く稼げていない人もいますが、正しいやり方でAmazon輸入を実践している方は、ある程度稼げているはずです。

さらには、もっと上まで上り詰めてどんどん稼げるようになっている人もいます。

 

赤字にならないためにも入念にリサーチを行い、ライバルが少ないところを狙っていけば、十分に稼ぐことが可能です。

このように、ライバルが少なく儲かる商品もまだまだたくさんあるので、「Amazon輸入は完全に飽和しきっている」とは言えないですね。

 

「飽和していてもう稼げない」といっている方は、もしかすると稼ぐ方法が間違っていたり何か失敗していて、その原因をAmazon輸入の飽和にあてはめてしまっているのではないかと思います。

 

 

Amazon輸入ビジネスが完全に飽和しない理由

 

 

また、Amazon輸入ビジネスはそのうち完全に飽和してしまうのではないか、と不安に思う方もいるかもしれませんが、まだまだ完全な飽和状態にならないと言えます。

その理由としては、以下の二つが挙げられます。

 

  • 並行輸入品の数は増えている
  • 輸入ビジネスを辞める人もいる

 

 

並行輸入品の数は増えている

Amazon輸入ビジネスが完全な飽和状態にならないと言える理由の一つは、常に並行輸入品は数が増えているからです。

今はまだ飽和状態にはなっていませんが、みんな飽和して稼げなくなるのではないかと、内心不安には思っているでしょう。

 

それを回避するために、少しでも差別化をする事、独占的に販売する事が意識され、新規出品が行われています。

Amazonの販売システムは、1つの商品ページに対して複数のセラーが出品をしていく相乗り出品が基本なので、価格競争が起こりやすいですが、新規出品も行っていく事でこれを回避できますね。

 

このようにAmazonの商品数が増えれば増えるほど、扱える商品数も増えていくので、ライバルが増えても飽和状態になりづらいのです。

 

輸入ビジネスを辞める人もいる

Amazon輸入ビジネスをこれから始めよう!という方もいれば、もう輸入ビジネスは辞めようという方も当然います。

輸入ビジネスを辞めてしまう理由はいろいろありますが、「物販ビジネス自体が合わなかった」「稼げなかった」という理由は多いですね。

また、物販ビジネスで得た資金で新しい事業をスタートさせる方もいるかもしれません。

 

Amazon輸入の実践者は増えていますが、途中で辞める人も多いので、完全に飽和状態になってしまうというわけではないのです。

 

 

Amazon輸入ビジネスは今から始めるのは遅い?解決策はある?

結論として、Amazon輸入ビジネスは飽和しきっているわけではないので、今から始めても稼げないというわけではありません。

 

とはいえ、Amazon輸入ビジネスがまだ広まったばかりの頃は、米Amazonから仕入れて日本Amazonで販売するというスタンダードな転売でも稼げていましたが、現在はライバルも多いためなかなか利益を上げられません。

現代のAmazon輸入ビジネスで稼ぐには、ライバルと差別化を図り、以下にライバルのいない状況で販売できるかが稼ぐポイントとなります。

 

実際に、Amazon輸入はライバルが多く、ネットにも多くの情報が出回っているので、ライバルの多い商品ばかり扱っていると利益が上がらず、「飽和している」と思ってしまうのは当然かもしません。

ですが、ライバルの少ないところを狙っていけば、今から始めても稼げるようになりますし、利益も上げていく事ができます。

 

また、稼ぎにくいと言われるような商品・ジャンルでも、戦略しだいでは十分稼ぐことが出来るので、これからAmazon輸入ビジネスを始める方は、より沢山の知識をつける事が重要ですね。

 

 

最後に

Amazon輸入ビジネスは飽和している?今から始めるのは遅い?について、その理由と解決策を解説しました。

 

飽和していると言われているAmazon輸入ビジネスですが、実際にはしっかり勉強して実践していれば、まだまだ稼ぐ事が出来ます。

どんなビジネスでも他の人と同じことをずっと続けていては成長できませんし、稼ぐ事も出来ません。

 

なので、新しいことにどんどん挑戦し、経験を積んでステップアップしていきましょう!

 

 

 

 

 

この記事の担当者

野口 詩織
野口 詩織
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧