1. HOME
  2. ブログ
  3. Amazon輸入
  4. Amazon輸入ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法

Amazon輸入ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法

Amazon輸入ビジネスのリサーチでは、ツールを活用する事でリサーチ時間を大幅に短縮することができ、正確な仕入判断が可能になります。

 

こちらでは、Amazon輸入ビジネスや、Amazon輸出ビジネス中国輸入ビジネスなどで使用できる、アマトピアというツールをオススメしています。

今回は、Amazon輸入ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法をご紹介しますので、是非参考にして下さい。

 

アマトピアは現在、貿易大学同窓会の会員の方または貿易大学の講師のコンサルティングを受講された方のみ利用できます。

 

 

 

Amazon輸入ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法

アマトピアは、Amazon輸入Amazon輸出中国輸入で活用できる総合型ツールです。

Amazon輸入のリサーチツールとして、アマトピアを使用する場合、以下の機能が活用できます。

  • 商品リサーチ機能
  • 在庫追跡機能

 

Amazon輸入ビジネスで商品リサーチ機能を活用する

Amazon輸入ビジネスの商品リサーチは、「売れる商品を見つける」ところから始まります。

Amazon輸入の場合、売れる商品かを判断するのに、様々な商品の詳細情報(出品者数やランキングなど)を指標とします。

 

アマトピアでは、これらの商品情報を一気に取得することができ、さらにフィルタリングをかけて商品を絞り込むことができます。

商品情報の取得は、

  • セラーIDまたは出品者URLから取得
  • CSVから取得
  • 商品ページ単位の取得

の3つの方法があります。

 

 

 

 

 

 

 

Amazon輸入ビジネスのリサーチでは、セラーが出品している商品からリサーチする、「セラーリサーチ」を行う事がほとんどですが、アマトピアではセラーの商品情報を一気に抜きだす事ができるので、非常に便利です。

 

また、ブラックリスト機能があるので、事前にNGブランドやカテゴリー、ASINを登録しておけば、それらを自動的に弾いたリサーチが出来ます。

Amazon輸入ビジネスでは出品禁止商品などを出品してしまうと、アカウント停止や削除などの危険があります。

こうした事態にならないよう、ブラックリストにしっかり登録しておきましょう。

 

 

取得される商品の情報は、最安価格やカート価格、出品者数だけでなく、商品の容積や重さ、Amazon手数料、海外タイトルなど、様々な情報が取得できます。

さらに絞り込みを行いたい場合は、フィルタリングを行う事で、求めている商品だけを表示させる事が可能です。

 

フィルタリングはかなり細かく行う事が出来るので、しっかり絞り込むことができ、リサーチ時間を大幅に短縮してくれます。

 

 

また、アマトピアの商品リサーチ機能では、Amazon輸入ビジネスの利益計算が自動で行われますが、「送料表」や「関税」を設定しておく事で、より正確な利益計算を行う事が可能になります。

 

利益計算の計算式も自分でカスタマイズする事が出来るので、ご自身のAmazon輸入ビジネスに合わせた計算が行えます。

 

アマトピアの商品リサーチ機能を活用すれば、セラーや商品からしっかり情報を抽出し、絞り込んだリサーチが行えます。

さらに、正確な利益計算を瞬時に行う事ができ、Amazon輸入ビジネスの商品リサーチにかかる時間を、大幅に短縮できます。

 

Amazon輸入ビジネスで在庫追跡機能を活用する

アマトピアの在庫追跡機能とは、商品や出品者ごとの在庫数の変動を追跡する機能です。

 

Amazon輸入ビジネスの商品リサーチで参考にする値として「Amazon売れ筋ランキング」が筆頭にあがります。

 

多くのAmazon輸入ビジネス実践者の方は、モノレートなどを使用して、ランキングの変動をもとに大まかな月間販売数を予測します。

具体的にはランキングのグラフが上下した時点で、「売れた」と判断する方法がとられています。

しかし、モノレートのような無料ツールの多くは、ランキングの上昇回数を図っているものなので、正確な月間販売数を予測する事はできません。

 

アマトピアの在庫追跡機能は、在庫数の変動を取得できるので、商品がいつ売れたかの判断が正確に出来ます。

つまり、月間販売数を正確に知ることが出来るので、仕入れ数の判断にも役立ちます。

しかし、商品リサーチ機能自体にも予想販売数を表示する機能が付いています。

 

卸仕入れやメーカー仕入れを行う場合は、リサーチ自体よりも、販売したい商品の需要予測や集客に関する戦略立てが重要になります。

なので、小売り仕入れのみの場合には、商品リサーチ機能だけを活用するのでも、しかっりリサーチする事が出来ます。

 

最後に

 

Amazon輸入ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法をご紹介しました。

 

アマトピアはリサーチツールとしてだけでなく、他にも沢山の機能があります。

様々な機能をAmazon輸入ビジネスで活用する事が出来るので、これからAmazon輸入を始めようと思っている方にも、実践者の方にも是非利用して頂きたいツールです。

 

アマトピアのAmazon輸入ビジネスでの活用法は、Amazon輸入でおすすめのツール【アマトピアを最大限に活用する方法】書いてあるので、読んでみてください。

 

 

アマトピアは現在、貿易大学同窓会の会員の方または貿易大学の講師のコンサルティングを受講された方のみ利用できます。

 

この記事の担当者

野口 詩織
野口 詩織
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧