1. HOME
  2. ブログ
  3. 中国輸入
  4. 中国輸入ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法

中国輸入ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法

中国輸入ビジネスだけでなく、Amazon輸入Amazon輸出などの物販ビジネスで稼ぐ為には、商品リサーチが非常に重要です。

 

中国輸入ビジネスの商品リサーチは、手動で行う事も出来ますが、とても時間がかかります。
しかしツールを使えば、リサーチ時間も大幅に短縮ができ、作業効率もアップします。

中国輸入ビジネスで稼ぐためにも、ツールは必要不可欠です。

 

 

そこで、こちらでは貿易促進ツールであるアマトピアを使った、中国輸入ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピアの活用法をご紹介します。

 

これから中国輸入ビジネスで使うツールを検討している方も、中国輸入ビジネスを始めようと思っている方も、是非参考にしてください。

 

アマトピアは現在、貿易大学同窓会の会員の方または貿易大学の講師のコンサルティングを受講された方のみ利用できます。

 

 

 

中国輸入ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法

アマトピアは、中国輸入Amazon輸入Amazon輸出で活用できる総合型ツールです。

中国輸入ビジネスのリサーチツールとして、アマトピアを使用する場合、以下の機能が活用できます。
それぞれの機能の活用法をご紹介します。

 

  • 商品リサーチ機能
  • 在庫追跡機能
  • SEO対策機能

 

中国輸入ビジネスで商品リサーチ機能を活用する

中国輸入ビジネスのリサーチで利益の出る商品を見つけるためには、Amazonでの販売価格と仕入れ価格を把握する必要があります。

 

アマトピアの商品リサーチ機能では、Amazonで実際に販売されいる価格や、リサーチ時の指標となるAmazonランキングなどの詳細情報を一気に抜きだす事ができます。

 

また商品情報の取得は、

  • セラーIDまたは出品者URLから取得
  • CSVから取得
  • 商品ページ単位の取得

の3つの方法があります。

 

 

中国輸入ビジネスの場合は、Amazonから仕入れるわけではなく、タオバオやアリババなどの中国ECサイトからの仕入れになります。

中国にはJANコードのような商品識別番号がないので、AmazonのASINやJANコードなどのコードを使った検索ではなく、画像検索が基本になってきます。

 

 

アマトピアの商品リサーチ機能には、事前に設定したURLを対象とした、画像検索を行ってくれる機能が備わっているので、画像検索を行うのが簡単になり、商品が見つけやすくなっています。

 

 

また、事前に送料や関税の計算も設定することが出来ます。
仕入れ価格を手動で入力すれば、それらを含めた利益計算のシュミレーションが容易に行えます。

 

なので、中国輸入ビジネスで単純転売を行う方には、商品リサーチ機能の使用がおすすめです。

 

 

しかし、単純転売だけで稼いでいくのは、ライバルがどんどん相乗りしてくるので、難しくなっていきます。

中国輸入ビジネスでは次のステップとして、OEM生産してライバルと差別化をし、ブランドを作っていく必要があります。

 

中国輸入ビジネスで在庫追跡機能を活用する

中国輸入ビジネスで仕入れる数を決める際には、「その商品が月に何個売れているのか」を知る必要があります。

アマトピアの在庫追跡機能では、商品の在庫数の変動を見ることができるので、仕入れ数の判断に役立ちます。

 

特定の商品ページから、特定のセラーの販売数を追跡したり、特定の商品を出品している全てのセラーの販売数を調べる事も可能です。

 

 

また、中国輸入ビジネスのOEMでは、ライバルの商品ページを分析する必要があります。

OEMで参考にするのは、独占販売を行っているページになりますが、最低10件は分析しライバル商品の価格帯や品質から、作るべき商品を考えていきます。

 

ライバル商品に足りていないポイントを埋めて、OEM生産しましょう。

 

中国輸入ビジネスでSEO対策機能を活用する

中国輸入ビジネスでOEM販売をメインにしていく場合には、アマトピアのSEO対策機能がおすすめです。

OEM販売を促進させるには、どのような商品を作れば売れるかを調べるためのツールや売上自体を増進させるためのツールが必須です。

 

 

アマトピアのSEO対策機能を活用する事で、特定のAmazonの商品ページの流入経路(キーワードやレビューの変化を調べる事が出来ます。

 

OEM販売では、ライバル商品ページの販売数を調べる事が大切ですが、それだけでは成功確率の高い商品を作ることはできません。

お客さんがどのような経路で商品を購入しているか」も非常に重要なポイントとなります。

 

なので、在庫追跡機能とSEO対策機能は、中国輸入ビジネスでOEM生産をする際や、Amazonで販売する際には欠かせない機能です。

 

 

狙ったキーワードで集客するためにも、マーケティングの制度を上げるためにも、アマトピアのSEO機能の活用がおすすめです。

 

最後に

 

中国輸入ビジネスのリサーチツールとしてのアマトピア活用法をご紹介しました。

 

アマトピアは中国輸入ビジネスの単純転売だけでなく、OEM販売でも活用できるので、これから中国輸入ビジネスを始める方にも、中国輸入ビジネス実践者の方にも、是非活用して頂きたいツールです。

 

中国輸入ビジネスのリサーチにツールを使用して、作業時間を短縮し、効率をアップさせましょう!

 

アマトピアは現在、貿易大学同窓会の会員の方または貿易大学の講師のコンサルティングを受講された方のみ利用できます。

 

この記事の担当者

野口 詩織
野口 詩織
10代の頃から輸入ビジネスに取り組み開始2ヶ月で月収20万円を達成。近年注目される女性起業・学生起業を象徴する女性起業家。「貿易大学同窓会」の運営係を務める。

関連記事

限定コンテンツ


当カテゴリの人気記事一覧